朝マックはいらない!朝マック以外のメニューを食べたいならショッピングモールへ行こう

「朝マックは好きじゃないしいらないんだけど、そもそもどうして朝マックがあるの?」
「朝マックの時間帯でもレギュラーメニューのハンバーガーが食べたい!」

そんなお悩みに、今回は答えていきたいと思います!

【目次】
・朝マックがあるのはハンバーガーが売れないから
・朝マックの時間帯でもレギュラーメニューを注文することができる
・朝マックを最大限に楽しむ方法

「何故朝マックなんて存在しているんだろう?」

そんな疑問を抱かれている方は日本中にごまんといると思います。

朝マックが嫌い、いらないと言っている人もたくさんいます。

朝マックが嫌いではない人でも、朝の時間帯にレギュラーメニューを食べたくなることだってあるはずです。

基本的には朝マック提供時間内にレギュラーメニューを注文することは不可能なのですが、実はショッピングモールなどにテナントとして入っているマックであれば朝の時間帯でもレギュラーメニューを注文することができるんですよ!

ということで今回は、マック大好きな主婦の私が朝マック提供時間内にレギュラーメニューを注文する方法についてご紹介したいと思います。

朝マックがあるのは朝にハンバーガーが売れないから

朝からレギュラーメニューを食べる人は少ない

朝マックがいらない、と思われている方は全国に結構いらっしゃるようなのですが、朝マックがあるのはその時間帯にレギュラーメニューが売れにくいからなのです。

朝っぱらからビッグマックやポテトなどの高カロリー、油っこいものを食べる人って、あんまりいませんよね?

売れにくいものを売っていても在庫的にも時間的にもロスになってもったいないです。

そういったことから開店時間(24時間営業の店舗であれば5時)~10時半までは朝マックのメニューで提供されているというわけなのです。

設備の洗浄、メンテナンスする必要もある

朝マックがあるのにはもうひとつ理由があって、レギュラーメニューで提供しているシェイクやアイスクリーム、マックフルーリーなどの商品を製造する設備を洗浄したりメンテナンスする必要があるからなのです。

もし24時間営業の店舗で四六時中レギュラーメニューを提供していたら、いつ製造設備を洗浄したりするメンテナンスのタイミングがあるのでしょう?

洗浄やメンテナンスをしている最中にそれらの機械を使って製造する商品の注文が入ったとして、「今は機械の洗浄中ですのでご注文いただけません」となると場合によってはクレームに繋がってしまう可能性だってありますよね。

それならば、ということで朝の時間帯は朝マックというメニューのみを提供することに徹することにしたというわけなのです。

私個人的には朝の時間帯でも夏場なんかはマックフルーリーが無性に食べたくなることもあったりするわけなのですが、しかしながらそういった事情があるのであれば仕方がないことですよね。

スポンサーリンク

朝マックの時間帯でもレギュラーメニューを注文することができる

実は、開店時間(24時間営業であれば5時)~10時半でも朝マックではなくレギュラーメニューを注文することができるんです!

ただし、これができるのはショッピングモール内などに入っているテナント型の店舗のみになります。

こういったところはショッピングモールのオープン時間に合わせてマックも大体9時~10時オープンですよね。

そういった店舗で朝マックを提供するとなると、たった1時間ほどの短時間のために朝マック仕様の設備設定にしたりしないといけなくなるわけです。

それはあまりにも効率的では無いですし、食材のロスにも繋がりますよね。

そういった理由からショッピングモール内に入っているテナント型のマックでは朝マックは提供されていない、つまり朝の時間帯であってもレギュラーメニューを注文することができるというわけなのです。

朝マックを最大限に楽しむ方法

マックではメニューに無いものを注文することができるので、それをうまく活用することで朝マックがいらない派のあなたでも朝マックを最大限に楽しむことができるのです。

朝マックのメニューにはパンケーキがありますが、それに付属しているバターやシロップはパンケーキを注文していなくてももらうことができるのです。

マックのアルバイト経験のある私の友人がおすすめしていたのは、そのバターとシロップをホットコーヒーに溶かすというものです。

甘みとコクが出て、普段飲んでいるマックのホットコーヒーとはまた違った味わいを楽しむことができるんですよ!

是非一度お試しくださいね。

スポンサーリンク

【まとめ】朝マック提供時間内でもレギュラーメニューを注文することができる店舗もある!

これまでは10時半まではレギュラーメニューが注文できないものだと諦めていた方もたくさんいらっしゃったかもしれませんが、実は店舗によってはレギュラーメニューの注文も可能です。

しかし、ご自宅近くにそういった店舗があるとは限りません。

ですから、今回ご紹介した裏技を使って朝マックいらない派のみなさんには少しでも朝マックを楽しんでもらいたいと思います。

マックの公式アプリには朝マックやレギュラーメニューのお得なクーポンも配信されていますから、是非ダウンロードしてみられてはいかがでしょうか!