お歳暮のお返しは必ず必要?お礼状の時期や書き方のマナーについて

突然ですが、皆さんはお歳暮を頂いたり、贈ったことがありますか?

お歳暮は一年の感謝の気持ちを込めて贈るもの。

時期が近づいてくると、デパートやスーパーまで、いろいろなところでお歳暮フェアを見かけますよね。

今回はお歳暮マナーの中でも迷いがちな、

  • お歳暮のお返しの
  • お礼状を出す時期
  • お礼状の書き方

についてお伝えしていきます。

しっかり学んでマナーを身につけてしまいましょう!

スポンサーリンク

 

お歳暮のお返しは必須なの?

お歳暮を頂いたけれども、お返しは必要なのかと聞かれると、答えに迷ってしまう方も多いはず。

そもそもお歳暮はお世話になった方々や、仕事上の取引先などに感謝の気持ちとして贈るものなので、お返しは必須ではありません

しかし、贈っていただいたことへの感謝と、受け取ったことの報告を兼ねてお礼状を送ることが礼儀です。

また、お礼状はお歳暮を受け取ってから速やかに送るべきですが、ひとまず電話にて受け取ったことの報告と感謝の気持ちを伝えるのも良いでしょう。

その場合でも、本来は電話にて連絡したあとにお礼状を書いて贈るのが正しいマナーといえますので、特に目上の方から受け取った場合や仕事上の関係のある方には、正しく礼儀を守り、電話での報告後にお礼状を出すと良いでしょう

このほかにも、同僚、友人などの場合は、返戻として、頂いたものと同額程度の「御礼」もしくは「お歳暮」を送ってもかまいません。

お礼状を出す時期は?

では、お歳暮を頂いたらどういったタイミングでお礼状を出すのが良いのでしょうか?

お歳暮を頂く時期というのは、おおよそ12月中旬から12月末の間になるかと思いますが、基本的にはお歳暮を頂いてから2,3日以内に送るのが一般的です。

ただし、お歳暮を頂くのが12月の終わりギリギリになってしまうと、12月中にお礼状が届かないということもあるかと思います。

そんな場合は、先に電話やメールなどで先のお礼を伝えておき、お礼状は年が明けてから送るようにしましょう。

となると、「年賀状のついでにお礼を一言添えて送ればOKかな?」と思う方も多いと思いますが、それはマナー的にアリなのでしょうか?

お礼状を年賀状と兼ねるのはアリなのか?

結論から言うとマナーとしてはNGです。

なぜなら、年賀状というのは、あくまで新年の挨拶をするためのお手紙なので、

「明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。」

の後に、

「昨年末はお歳暮もありがとうございました。」

と書くのはちょっと違和感があると思いませんか?

なんとなく「ついで感」が漂いますよね。笑

これは相手にも雰囲気として伝わるので、基本的には年賀状とお礼状を兼ねて出すのは控えるようにしましょう。

お礼状を寒中見舞いと兼ねるのはあり?

では、寒中見舞いであれば、お礼状を兼ねて出しても大丈夫なのでしょうか?

こちらは結論から言えばOKです。

寒中見舞いの役割というのは大きく分けて

  • 季節のあいさつ
  • 相手に対して諸々の事情を伝えること

の2つになります。

例えば、喪中で年賀状の返事が出せなかった場合などに伝えたりすることも多いですね。

それと同様に、お歳暮のお礼が遅れてしまったこともここで伝えつつ、改めてお礼をすることができます。

なので、12月中にお礼状が出せなかった場合は、寒中見舞いとしてお礼を伝えるようにしましょう^^

スポンサーリンク

お礼状の書き方のポイントは?

さて、続いてはお礼状の書き方についてご紹介します。

基本的には、頂いたことへの感謝の気持ち、お礼の気持ちを、心をこめて文章にしたためたお手紙やはがきをお礼状として送ることになります。

相手に対してこちら側の気持ちを伝えることが目的ですので、親しい間柄の方へのお礼状は形式ばったものでなくとも構いません。

しかし、相手が目上の方であったり、取引先の方である場合には、お礼状にも正式なマナーを守ったものが良いでしょう

以下にお礼状の書き方の基本をまとめてみます。(括弧内は一例です)

  • 文頭は季節の挨拶(師走の候、など)
  • 書き出しは行を変えて一文字下げる
  • 相手の安否を気遣う(皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます)
  • 日頃お世話になっていることへのお礼(日頃は大変お世話になっておりまして)
  • お歳暮を贈っていただいたことへのお礼(いつもご丁寧にお心遣いをいただき)
  • 相手の家族に対する心遣い(どうか皆々様にもよろしくお伝えください)
  • 相手の健康を祈る言葉(寒さ厳しい折から、どうかお体を大事にされて良いお年をお迎えください)
  • 最後に結びの言葉(先ずはお礼まで)

基本的にこの流れで書いていくと、綺麗なお礼状に仕上がります。

また、せっかくお礼を伝えるものですので、パソコンなどを使って印刷されたものではなく、ペンを持ち自らの字で丁寧にしたためたものを送りましょうね。

スポンサーリンク

お歳暮へのお返しマナーまとめ

さて、今回はお歳暮のお返し及びお礼状について、お伝えしました。

ポイントとなる点をまとめてみると…

・お返しは必ずしも必要ではない
・お歳暮を受け取ったらすぐに電話にて報告とお礼
・親しい人や同僚には同額程度の御礼やお歳暮を送っても良い
・目上の方や取引先には速やかな電話での御礼と、お礼状を送るのがマナー
・お礼状は直筆で心を込めたものがよい

以上のようになっていましたね。

知っているようで知らなかったお歳暮のお返しマナー、基本的には相手のことを思い、喜ばれるよう、素直に感謝の気持ちをお伝えすることが重要なのだと感じました。

みなさんも一年間お世話になった方へ、感謝の気持ちをお伝えしてみてはいかがでしょうか。

日本の心遣いの生きた風習、これからも継いでいきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください