熱田祭り2018日程と花火の時間!厳選した穴場スポット3選も紹介!

名古屋の初夏を告げるイベント「熱田祭り(あつたまつり)」

梅雨時期に行われるお祭りですが、その梅雨空を吹き飛ばすほどの花火大会が大人気です。

熱田神宮の例祭で、尚武祭とも呼ばれ、献花・献茶・武道などの神事が執り行われます。

今回は、熱田祭りの日程と花火について、さらに穴場のスポットについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

熱田祭り2018!日程と花火の時間

  • 日程: 2018年6月5日(火)
  • 時間: 10:00~
  • 場所: 熱田神宮 本宮 (奉納行事:境内 花火:神宮公園)

花火大会 

  • 日程: 2018年6月5日(火)
  • 時間: 19:40~20:30頃
  • 打上会場: 熱田神宮公園
  • 打上数: 1000発

小雨程度は実施、雨天時は6日に延期

スポンサーリンク

穴場で花火を見よう!

花火は、熱田神宮公園で打ち上げられますが、花火大会の間は立ち入り禁止になります。

また、熱田神宮境内からは、木々が茂り、遮るので花火鑑賞には向きません。

そこで花火を見るおすすめスポットをご紹介します。

白鳥庭園

熱田神宮公園の西側を流れる堀川沿いにある庭園です。

美しい日本庭園が楽しめるので、花火の時間よりも早めにきて散策しながら打ち上げを待つのもいいですね。

詳しくはこちら

名古屋国際会議場南広場 白鳥公園

こちらも堀川を挟んだ位置にあります。

敷地が広くゆったりと鑑賞できます。

詳しくはこちら

コジマ×ビックカメラ 熱田店

駐車場が520台ありますので、車で行くこともできます。

小さなお子様連れなどで、困るのがトイレです!

ここで鑑賞すれば、トイレの心配もないし、飽きてしまったなどという時にもすんなりと岐路につけるのでおすすめです。

詳しくはこちら

スポンサーリンク

熱田祭りとは

愛知県名古屋市熱田区にある熱田神宮は、伊勢神宮に次いで権威のある神社ともいわれています。

「草薙神剣」を御神体とする神社で、御祭神は熱田大神で、草薙神剣を御霊代としてよせられる天照大神のことを指します。

天照大神は、後続の御祖神とも至高至貴の神とも仰がれています。

天皇陛下の勅使が参向される熱田神宮の祭典の中でも最も重要で荘厳なお祭りです。

宮司が祝詞を奏上し、皇室の弥栄・国の平和が祈念されます。

地元の方々は、このお祭りから浴衣を着るという習わしがあるそうです。

熱田祭りの見所!

神楽の奉納や、演武、献茶など様々な奉納行事が執り行われます。

1年の日数と月数に当たる377個の提灯を半球状につるした「献灯まきわら」は特に魅力的で、夕方灯が灯って、境内を幻想的な雰囲気に包みます。

スポンサーリンク

熱田神宮へのアクセス

  • JR名古屋駅 より JR東海道本線 「熱田駅」下車 徒歩10分
  • 名鉄名古屋駅 より 名鉄名古屋本線 「神宮前駅」 下車 徒歩3分
  • 中部国際空港 より 名鉄常滑線 「神宮前駅」 下車 徒歩3分 

駐車場は、約400台停めることができますが、熱田祭り中は使用することができません。

公共交通機関を利用しましょう。

初夏を告げる熱田祭り

全国的にも一足早い夏の訪れを感じることのできる熱田祭り。

天皇勅使の参向を見ることができたり、奉納の花火を鑑賞することもでき、朝から夜まで一日中楽しむことのできるお祭りです。

浴衣を着て、神事と活気と花火を味わいに訪れてみてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください