千鳥ヶ淵の桜開花情報2018!ライトアップ・ボート・おすすめルートまとめ

千鳥ヶ淵の桜はとても有名ですよね。

ニュースにも毎年出るので、知らない人はいないのではないかと思うくらいの桜の名所です

千鳥ヶ淵の桜はソメイヨシノやオオシマザクラなどが約1700本も咲き誇ります。

今回は、千鳥ヶ淵の桜の情報、ライトアップやボート、おすすめのルートなどについてご紹介してまいります。

スポンサーリンク

 

千鳥ヶ淵の桜 基本情報

見頃

例年の見頃は、3月下旬から4月上旬となります。

千鳥ヶ淵の桜というと千鳥ヶ淵緑道が有名ですが、千鳥ヶ淵公園なども桜の名所となっています。

千鳥ヶ淵緑道では、約260本もの桜がトンネルのように頭上に咲き誇ります。

都内の桜の名所だけあって、人出はとても多く、例年約100万人もの人が桜を楽しみに訪れます。

毎年多くの人が訪れるので、混雑時には千鳥ヶ淵緑道への入場制限がかかる場合があります。

千鳥ヶ淵へのアクセス

東京メトロ 「九段下」駅または「半蔵門」駅下車 徒歩5分

駐車場はありませんので、ご注意ください。

ライトアップ情報

(息を呑むような絶景ですね…)

桜の開花時期に、千代田区が主催する「千代田さくら祭り」が行われます。

このさくら祭り開催期間中に、夜間のライトアップが行われます。
ライトアップは千鳥ヶ淵緑道のみで、日没から22:00までとなります。

さくら祭りは、2017年は3月28日から4月6日で開催されましたが、桜の開花状況でさくら祭りが延長され4月9日までになりました。

それに合わせて、ライトアップも延長されました。

つまり、桜の開花状況で期間が変動するので、出かける前は千代田区観光協会のホームページを確認するといいですね。

千代田区観光協会:http://www.kanko-chiyoda.jp/

スポンサーリンク

千鳥ヶ淵といえばボート!

桜の時期の、千鳥ヶ淵ボートは大人気です。

そのため、3時間以上待ちになる場合もあります

ボートに揺られながら、水面にせり出す桜を見上げると、まるで桜の滝の中を散策しているような景観を楽しむことができます。

桜が散り始めると、水面が桜の絨毯のようになり、揺蕩う桜をかき分け進むボートも一味違ったお花見を体験させてくれます。

桜がライトアップされる千代田さくら祭りの期間中は、なんとボートの営業時間も延長されます。

夜間のボートは、昼間とは違った幻想的な桜を堪能できるとあって、とても人気です。

かなりの混雑が予想されますので、早めに行って順番待ちをされることをおすすめします。

場所:千鳥ヶ淵ボート場

営業時間:9:30~20:00 (乗船券の販売は19:30まで)

乗船料:800円/30分

お問い合わせ:千鳥ヶ淵ボート場 03-3234-1948

スポンサーリンク

千鳥ヶ淵 おすすめルート

千鳥ヶ淵緑道から千鳥ヶ淵公園へ抜けていくルートが、メインルートとなります。

九段下駅は大変混み合い、特にライトアップの時間帯は入場制限がかかることもあります。

半蔵門駅からも徒歩5分程度で、千鳥ヶ淵緑道の入り口まで行けますので、半蔵門側からまわると待ち時間が少なく、お花見を楽しむことができます。

千鳥ヶ淵緑道では、宴会・喫煙・三脚を使用した撮影が禁止されています。

千鳥ヶ淵公園では、火器類(自家発電機を含む)・カラオケ等の使用、シートを固定するピンの使用が禁止されています。

但し、シートを敷くことは禁止されていないので、千鳥ヶ淵緑道を抜け、千鳥ヶ淵公園でシートを敷いてお花見するのがおすすめのルートになります。

スポンサーリンク

混雑必至でも一度は見たい千鳥ヶ淵の桜

今回は、千鳥ヶ淵の桜についてご紹介してまいりました。

桜開花時期:3月下旬~4月上旬

ライトアップ:千代田さくら祭り開催期間中、千鳥ヶ淵緑道のライトアップあり
       日没~22:00

ボート:さくら祭り期間中は、営業時間延長あり。夜間の営業もあり。

おすすめルート:半蔵門駅から、千鳥ヶ淵緑道を抜け千鳥ヶ淵公園へ向かうルート。

ボートから見る、桜は美しく、幻想的な世界へいざなってくれます。

大変混雑しますが、一見の価値はあります。

是非、風の穏やかな日に、ゆっくり散策しながら、ボートに乗りながら、千鳥ヶ淵の桜を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です