ダンボールの正しい捨て方は?分別方法とゴミの出し方について

 

引っ越しのときにまとめた荷物が、実はまだダンボールに入ったまま…なんて方はいらっしゃいませんか?

また、「いつか使えるかも」と取っておいたダンボールがそろそろ山積みに…なんて方も。

そんなダンボールの処分方法を、皆さんはご存知ですか?

そこで今日は、ダンボールの正しい捨て方についてご説明していきます。

スポンサーリンク

 

ダンボールは何ゴミ?燃える?燃えない?

ダンボールの素材は、ご存知の通り「紙」ですよね。

となると、燃えるゴミ?

と思われる方が、多いかと思います。

でも実は、ダンボールはほとんどの自治体で「資源ごみ」にあたります。

資源ごみというのは、再生可能なリサイクル製品のことを指します。

空き缶やペットボトル、瓶などと同じ扱いですね。

再生可能なものは、地球環境のためにもリサイクルにまわすのが鉄則!

ということで、ダンボール=資源ごみということを覚えておきましょう。

ただし、とても汚れているものや濡れているものは、資源ごみにはなりません。

その場合は、燃えるゴミとして処分する必要があります。

小さく切って袋に入れるようにしましょう。

スポンサーリンク

ダンボールを捨てる際のマナーは?

資源ごみとして出すことはわかりましたが、ごみ捨ての際のマナーはご存知ですか?

指定の日付、場所を守ることは勿論ですが、その他に覚えておきたいことが3つ。

1)一度に出すダンボールの量

近所の人との共有スペースだからこそ、いっきに大量に出すのはNG。

少しずつ、何回かの回収日に分けて出すのがマナーです。

2)ダンボールの出し方

バラバラで出すのではなく、紐でまとめて崩れないようにしましょう。

その際は、サイズを揃えることをお忘れなく。

ダンボールには大中小さまざまなものがありますが、似たサイズでまとめるようにしてください。

風で飛ばされるのを防ぎ、回収時にスムーズな作業ができるようになります。

3)ダンボールの状態の確認

ひどい汚れや濡れていないことを、まずは確認しましょう。

さらに、伝票やガムテープなどがついている場合には、それを剥がす必要があります。

少し手間がかかりますが、環境に優しいリサイクルをするために大切な作業です。

スポンサーリンク

ダンボールの出し方は?知っておくと便利な結び方

ダンボールを回収に出す際には、崩れないようにしっかりと結ぶことが大切です。

こんな結び方を覚えておくと、便利ですよ。

大量のダンボール!資源ごみに出すには多すぎるときはどうする?

小分けにして出すには多すぎるほどのダンボールがある場合には、どうしたらいいでしょう。

そんなときは、古紙回収業者や不用品回収業者の利用がおすすめです。

有料のことが多いですが、中には無料で回収をしてくれる業者もあるようです。

「ダンボール 回収業者」で調べるとたくさん情報が出てきますので、お困りの際にはぜひチェックしてみてくださいね。

自治体による資源ごみ回収との大きな違いは、必要なときにすぐに来てもらえるということ。

お金をかけてでも、すぐに処分したい場合には便利な方法ですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。

今回はダンボールの正しい捨て方、分別とゴミの出し方についてご紹介してみました。

今回のポイントは3つ。

  1. ダンボールはほとんどの自治体で「資源ごみ」扱いとなる
  2. ダンボールの回収の際は、量、サイズ、状態の確認、さらに紐でまとめることが大切
  3. 大量の処分には回収業者の利用が便利

押し入れの中にダンボールがたまっているという方、ぜひこれを機に整理してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

【永久保存版】分かりづらいゴミの分別方法・ルールまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください