冬のエアコン暖房の最適な設定温度は?電気代はつけっぱなしの方がお得?

「冬の暖房は何度に設定にするのが一番お得なんだろう?」

寒い冬に暖房を使っていると、ふとそんな風に思うこともあるのではないでしょうか?

そこで今回は、暖房器具の中でもエコで有名なエアコンについて、もっと快適に、お安くできるポイントをご紹介します!

何度に設定したら良いのか悩んでいる方、効率よく暖房を使いたい方必見です!

スポンサーリンク

 

冬のエアコン暖房、最適な設定温度は?

さて、みなさんは普段エアコンを何度に設定していますか?

結論から言うと20度設定が最適な気温です。

会社等で見かけるエコのポスターにも、冬の最適な暖房設定温度は20度と書いてあります。

でも実際どうなんだろう?という方も多いと思います。

実は暖房の場合、設定温度を1度下げると5%電気代が下がるそうです。

この5%も、ちょっと大事な数字。

元の電気代が高いほど、5%の下がり幅も大きくなりますよね。

ですが、逆に電気代が下がってくると、5%下がったところで大した差がない、ということになってしまうのです。

つまり、設定温度を下げて大きな効果が期待できるのは、22度以上などの高温設定の場合が多いと心得ておきましょう。

18度が最適と言われたりもしますが、18度と20度ではそこまで大きく電気代は変わらないと言われています。

であれば、暖かく過ごせる20度設定の方が最適ということになります。

続いてはもう少し詳しくエアコンの使い方を追求してみましょう。

スポンサーリンク

つけっぱなしの方が電気代がお得って本当?

さて、皆さんはこれ、聞いたことがありますか?

筆者は実践しておりましたが、高気密・高断熱の家ではこれはとても効果的です。

設定した温度付近をずっと維持できるので、室内の温度が下がらない=エアコンが頑張らなくて済みます。

エアコンで暖房を使った際に一番電気代がかかるのは冷えてる部屋を暖めるときです。

つまり、気温5度の部屋を20度まで暖めようと思うとかなりの電気代がかかるわけです。

ある程度新しいエアコンの場合、

冷えた部屋を暖める時に必要なワット数は約1700W。

温度が安定してからは150Wほどで稼働できるそうです。

つまり、電気代で言えば約11倍の開きがあるということです。

もっと分かりやすく言えば、

  • 冷えてる部屋を暖房で1時間暖める
  • すでに暖まっている部屋を暖房で11時間温度を保つ

この2つは同じ電気代ということになります。

そう考えるとつけっぱなしの方がお得な感じがしますよね。(ただし、ある程度新しいエアコンの場合に限ります)

そしてもうひとつ大事なコツは、エアコンの風量を自動設定にしておくことです。

自動設定にしておくことで、下がった室温はすぐに上げてくれて、必要ない時には消えてくれます。弱風でずっと温度を上げようとがんばるよりも、こちらの方が電気代は節約できますよ。

スポンサーリンク

20度で1カ月エアコン暖房をつけっぱなしにすると電気代はどうなる?

それではここでちょっと実験です。

20度の温度設定で1カ月エアコンをつけっぱなしにした場合、電気代はどうなるのでしょうか?

はじめに述べたように、外気温との差が大きいほどエアコンの電気代は高くなります。

外気温は地域によっても異なりますし、家自体の気密性によっても室内の温度はかわってきます。

ここでは仮に150Wで計算してみましょう。

150W×24時間=3600W

3600W×31日=111.6kw

電気代 :1kw=約26円

111.6kw×26円=2901円

エアコンの性能・外気温などの条件によって大きく金額は変わると思いますが、単純なシミュレーションでは約3000円ほどで使えるという計算になりました。

もちろん一概には言えないのですが、結論を述べると「高い温度設定でつけたり消したりしているよりは、安い(可能性が高い)」ということは確かだと思われます。

結論

ここまで述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。

  • 暖房のおすすめ設定温度は20度
  • 設定温度を1度下げると電気代は5%下がる
  • つけっぱなしの方が電気代は節約できる
  • 風量設定は自動がお得

ざっくりまとめると以上のような感じでしたね。

節約を徹底する方は18度設定が良いのかもしれませんが、20度でも大差はないというのが筆者の感じた結論でした。

寒さにどのくらい強いか、という個人差も含め、ご自身が最も快適に過ごせる温度を見つけるのが第一歩かと思われます。

窓からの冷気をガードするなどして室内の気密性を高め、低めの設定温度、風量自動でつけっぱなし!というのが賢いエアコン利用法ですね。

上手にエアコンを利用して、寒い冬も快適に乗り越えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です