牛乳が危険なのは嘘?本当?根拠となるデータは存在するのか?

我が家では牛乳をよく飲みます。

子供たちに手っ取り早くカルシウムを取らせられるし、漠然と牛乳は体に良いものだと感じて毎日飲むようにしています。

毎日飲むものだし、より美味しい牛乳を飲みたいな!と思い、インターネットで調べてみることにしました。

すると・・・牛乳は危険だという内容の記事がたくさん出てきました。

「牛乳が原因で病気になる」といった内容ばかり。

毎日飲んでいるだけにとても怖くなりました。

子供たちにも飲ませているし、もし本当だったらどうしよう。

では実際、この噂は本当なのでしょうか?

きちんとしたデーターや研究結果が存在するのでしょか?

噂が本当なのか嘘なのか、噂の真相を確かめてみました。

スポンサーリンク

 

牛乳は本当に危険なの?その噂とは

牛乳にはたくさんの栄養素が含まれていて、特にカルシウムを多く含みます。

そのため、子供の頃から「牛乳を飲むと背が伸びる」「牛乳を飲むと骨が強くなる」といわれて飲んでいました。

しかし、牛乳は危険だという噂があります。

「飲むと消化不良を起こす」「アレルギーを起こす」「ホルモン異常を起こす」「骨粗しょう症」などがありました。

「牛乳を飲みなさい」といわれて育った私には、なんとも信じがたい内容でした。

この噂が本当なら、学校給食にも出されているし毎日飲んでいる子供たちが危険に晒されているのでは!?

スポンサーリンク

牛乳は危険?その噂の真相は・・・

牛乳は危険だといわれている噂のうち、特に多かったものを挙げていきたいと思います。

牛乳を飲むと消化不良を起こす

牛乳を飲むと下痢をしてしまう人がいます。

これは「乳糖不耐症」が原因で引き起こされてしまいます。

乳糖不耐症とは、乳糖を分解する酵素が体内で作れないため、牛乳を飲むと下痢などの消化不良になってしまうことをいいます。

特に日本人にはこの乳糖不耐症の人が多く、それが原因でこのような噂になったようです。

牛乳を飲むとアレルギーを起こす

牛乳のたんぱく質は体内では異物と判断されやすく、それが原因でアレルギー症状を引き起こす人がいます。

それが原因で、近年増加した食物アレルギーや花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の原因が全て牛乳にあるという噂に繋がったようです。

しかし、それらの原因が牛乳にあるということは証明されていません。

ただ、牛乳アレルギーに関しては「乳糖不耐症と関係があるのでは?」といわれています。

スポンサーリンク

牛乳を飲むとホルモン異常を起こす

牛乳には、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンが多く含まれています。

その女性ホルモンを多く含んだ牛乳を摂取することで、体内でホルモン異常を引き起こす可能性があるという噂です。

月経障害や卵巣腫瘍の原因、ひどいもので「卵巣がん」などのキーワードが出てきました。

この噂が本当だとしたらとても怖いですよね。

ただ、この噂について確かな証拠はありません。

確かに女性ホルモンを過剰に摂取してしまうと体内に何らかの影響があるかもしれません。

でもそれは、「過剰摂取」の場合です。

牛乳に含まれる女性ホルモンは、その他の食材と比べても多いわけではありません。

そのため、毎日1~2杯飲む程度では体内への影響はないといえます。

牛乳を飲むと骨粗しょう症になる

「牛乳は骨を強くする」とはよく聞きますが、この噂は真逆なことを言っています。

その理由は、牛乳を飲んで血液中のカルシウムが過剰になると骨の代謝のバランスが崩れるため、骨粗しょう症のリスクが高くなるといわれています。

しかしこの噂に根拠はなく、牛乳を飲んだ程度では血液中のカルシウム濃度に何ら影響はないそうです。

骨粗しょう症になるどころか、牛乳を飲んでいる方が骨や歯が丈夫だといわれています。

スポンサーリンク

まとめ

牛乳が危険だという噂についてご紹介しましたが、どの内容も本当だと証明するデータのないものばかりでした。

日本人に多い「乳糖不耐症」という体質が原因で引き起こされることもあり、「牛乳=危険」ではないようです。

ただ、牛乳に栄養があるからといって過剰に飲んでしまうのは良くありません。

牛乳に限らず、過剰摂取することで体に悪い影響を与えてしまう可能性があります。

今回挙げた噂に関しては「根拠のない噂」でした。

牛乳が危険だという噂を知ったときはとても怖くなりましたが、根拠のない噂に惑わされるのも良くないなと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください