ハンガーの正しい捨て方は?分別方法とゴミの出し方について

クリーニング屋さんに洋服を持っていくたびに増える、ハンガー。

気付いたら家にたくさんあった…なんて方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、ハンガーの正しい捨て方、分別とゴミの出し方についてご説明していきます。

正しい方法で、家の中をスッキリさせましょう!

スポンサーリンク

 

ハンガーの正しい捨て方とは?

ハンガーを捨てるには、何ゴミに分別したらよいのでしょうか。

そこでポイントになるのが、ハンガーの素材です。

素材ごとに捨て方が異なりますので、それぞれ見ていきましょう。

◆針金ハンガー

細い針金製のハンガーは、一般的に「燃えないゴミ」扱いとなります。

◆木製ハンガー

木製ハンガーは「燃えるゴミ」として分別されます。

◆プラスチック製ハンガー

注意したいのが、プラスチック製ハンガー。

これは、自治体や市区町村によって扱い方が異なります。

「燃えるゴミ」となるか「プラスチックゴミ」となるかを確認するようにしましょう。

「地域名+プラスチック+捨て方」で検索してみましょう。

◆異なる素材が混じったハンガー

例えば外側は木製でも、中央に金属製のズボン掛け部分がついているハンガーなどがありますよね。

そうした場合は、地域によって分解をして出さなくてはいけないことがあります。

まずは自治体に確認をし、必要があれば十分注意しながら分解をするようにしてください。

不要なハンガー、捨てる以外の方法は?

自分の家では使わないけれど、ハンガー自体には特に問題がない。

そんなとき、捨てるのはちょっともったいないな…と思うことがありますよね。

捨てる以外には、どんな方法で処分できるのでしょうか。

◆クリーニング店に持っていく

まずは、自分が利用しているクリーニング店で、ハンガーを引き取ってくれるかどうかを聞いてみましょう。

特に、針金で出来ているものなどは、引き取ってもらえることがありますよ。

◆国際社会支援推進会ワールドギフトを利用する

国際社会支援推進会ワールドギフト(http://world–gift.com/sutekata/hangers-1.html)では、ハンガーの回収を行っています。

これらの物資は、再利用して途上国への支援に役立てられます。

不要なハンガー、別の使い道はある?

その他、ハンガーを別の何かとして活用するという手段もあります。

例えば下記の動画では、針金ハンガーやプラスチックハンガーを使った24のライフハックをご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ハンガーの処分についてのポイントは3つ。

  1. ハンガーの素材によって処分方法が異なる
  2. クリーニング店や、途上国支援のための回収にまわす方法もあり
  3. ハンガーを、ハンガー以外の物として活用する方法もたくさん

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

【永久保存版】分かりづらいゴミの分別方法・ルールまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です