発泡スチロールの正しい捨て方!分別方法とゴミの出し方について

クッション性があり軽い発泡スチロールは、梱包材としてよく使われます。

皆さんはそんな発泡スチロールを、どのように処分していますか?

意外と知らない分別とゴミ出しについて、今回はまとめてみました。

スポンサーリンク

 

発泡スチロールはどうやって捨てる?

発泡スチロールの捨て方は、大きく分けて3通り。

それぞれの方法をご紹介していきます。

手元にある発泡スチロールの種類や量、また自分のライフスタイルなど様々な条件にあわせて、適切な処分方法を選びましょう。

1、ルールを確認!市区町村・自治体による回収に出す

発泡スチロールは、多くの市区町村で家庭ごみとして回収に出すことが可能です。

ただし、出し方には要注意。

発泡スチロールが、”可燃ごみ”であるか”不燃ごみ”であるか、はたまた”資源ごみ”として分別されるかは、お住まいの市区町村・自治体によって異なります。

間違えて出してしまうことがないよう、確認をしてからゴミ出しをするようにしてくださいね。

サイズが大きな発泡スチロールの場合は、”粗大ごみ”に分類されることもあります。

または、あらかじめ小さめのサイズに切り分けるなど、回収ルールに従って処分するようにしてください。

2、大量の発泡スチロールは?不用品回収業者を利用しよう

大量の発泡スチロールが手元にある場合、一つずつ小さく分解していくのは大変ですよね。

そんなときは、不用品回収業者の利用が便利です。

有料にはなりますが、分別や解体の必要はなく、自宅まで回収に来てくれるので忙しい方におすすめです。

3、地球にやさしく!リサイクルボックスの活用

お近くのスーパーなどで、発泡スチロールの回収ボックスを見かけたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このボックスはリサイクルを目的に設置されており、家庭で出たゴミ(ただし指定のものに限る)を無料で回収してくれます。

食品トレーなど、小さめかつよくたまるようなものは、このボックスへ持っていくのがおすすめです。

ただし、汚れたトレーをそのまま持っていってはいけません。

きれいなものだけを持っていくか、必ず洗ってから回収に出してください。

スポンサーリンク

知っておくと便利!発泡スチロールを細かくする方法

大きめの発泡スチロールをゴミに出すとき、意外と面倒なのが細かくする作業。

特に発泡スチロールは、細かなカスがたくさん出るので、後始末が大変です。

そんなときは、こんな便利グッズを活用しましょう。

発泡スチロールカッター」(100円ショップでも購入可)

カッターといっても、ニクロム線に電流を通して熱の力で発泡スチロールを溶かしながら切るという仕組み。

直線、曲線と思いのままにカットできます。

床も汚すことなくサイズダウンできるので、発泡スチロールをよく扱うご家庭では一つあると便利です。

↓↓シルキー(Silky) 発泡スチロールカッター ↓↓

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、発泡スチロールの正しい捨て方についてまとめてみました。

捨てる場合には、以下の3つの方法があります。

  1. 市区町村・自治体による回収
  2. 不用品回収業者の利用
  3. リサイクルボックスの活用

発泡スチロールのタイプや量などに合わせて、適切な処分の方法を取りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【永久保存版】分かりづらいゴミの分別方法・ルールまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です