フライパンの正しい捨て方は?分別方法とゴミの出し方について

皆さん、こんにちは!

テフロンが落ちると、焦げ付きやすくなるフライパン。

皆さんのご家庭のにも、キッチン棚の奥に古いものが潜んでいたりしませんか?

でも、滅多に捨てるものではないし処分方法に困ってしまいますよね。

そこで今日は、フライパンの正しい捨て方、分別とゴミ出しについてご説明していきます。

スポンサーリンク

 

フライパンは何ゴミ?どうやって捨てる?

捨てるときにまず気になるのが、分別方法。

フライパンは、何ゴミにあたるのでしょうか。

一般的に、フライパンは金属や陶器、ガラスでできているので「不燃ゴミ」とされることが多いです。

ただし、サイズによっては「粗大ごみ」という分別になることもあります。

例えば東京都中野区では、”柄の部分を含まない本体サイズが30㎝以内”のものを「不燃ゴミ」、それ以上は「粗大ゴミ」と定めています。

まずはお住まいの地域で、何ゴミとして回収してもらえるのかと、そのサイズを確認しましょう。

不要になったフライパン…捨てる前にすることは?

最後の役目を果たし終わったフライパン。

「どうせ捨てるものだから」

と言って、洗わずにゴミ袋に入れようなんてことは厳禁です。

必ず、きれいに洗い流してください。

汚れたままでは悪臭や虫の発生、野良猫やカラスによるいたずらの心配があるからです。

これまでの感謝の思いも込めて、最後まで綺麗にして捨てるようにしましょう。

スポンサーリンク

他にも捨てたい調理器具がある!そんなときは?

引っ越しや大掃除など、一度にいくつもの調理器具を捨てるなんてタイミングもありますよね。

そんなとき、一つ一つ分別方法を確認したりするのは大変ですし、自治体による回収も一度に大量に出すことは出来ません。

では、どういった方法が良いのでしょうか。

処分したいものがある程度の量ある場合は、不用品回収業者の利用がおすすめです。

業者の中には買取も行っているところがあるので、状態が良いものなどは現金になることがあります。

処分しようと思っていたものがお金に変わったら、思わぬ臨時収入ですよね!

買い取れないものは通常通り引き取ってくれるので、複数あるときにはおすすめですよ。

また不用品回収をお願いする場合は複数の業者で見積もりを取ってから決めた方が失敗しなくて済みます。

以下のサイトではネットで一括見積もりを取ることができるので非常に便利ですよ♪

不用品回収の見積もりを一括で出してみる↓↓

エコノバ

新しいのになんだか焦げ付く!そんなフライパンの復活方法は?

「まだ買ったばかりのフライパンなのに、なんだか焦げやすい…」

「テフロン加工はあるはずなのに、どうにかならないの?」

そんなお悩みの方に、朗報です。

実は、自分でフライパンを復活させる方法があるんです!

買ったばかりで表面に傷もないのに焦げやすいということは、油汚れが沈着していることが原因。

下記のURLでは、フライパンの油汚れを自分で落とす方法をご紹介しています。

テフロン加工が剥げてしまったものは復活できませんが、汚れによる焦げという可能性もあります。

まだ買ったばかりなのにお悩みの方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、フライパンの正しい捨て方、分別とゴミの出し方についてご説明しました。

ポイントは4つ。

  1. フライパンの捨て方は、自治体や市区町村ごとに確認が必要
  2. 捨てる前は、きれいに洗ってから
  3. 処分したいものが複数ある場合には、不用品回収業者の利用が便利
  4. フライパンの油汚れの沈着は、自分で解決できる

以上です。

フライパンが焦げ付かないと、ストレスなく料理を楽しめますよね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です