インフルエンザで登校許可証はいつ必要?料金はいくらかかる?

インフルエンザで登校許可証って絶対必要なの?

ちえこ

インフルエンザが流行する季節になると、感染しないように予防をしながら過ごしますよね!

ですが、一生懸命予防をしていてもインフルエンザに感染してしまうこともあります。

インフルエンザになると学校に行くことが出来ずに出席停止になり、決められた期間の間は登校することが出来ません。

学校によってはインフルエンザが完治したことを証明する「登校許可証」を医療機関からもらうようにお願いしているところもあります。

でも、登校許可証が一体どんなもので、どうやってもらったら良いかわからない人もいますよね。

そもそも登校許可証は絶対に学校に提出しなくてはならないのでしょうか?

そこで今回は、インフルエンザが治ったときに医療機関で発行してもらうことができる登校許可証についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

インフルエンザで登校許可証は必要?

必要かどうかは学校によって変わります☆

ちえこ

インフルエンザと診断されてしまったら、出席停止期間の間は学校に登校することは出来ません。

インフルエンザは学校保健安全法などで「学校で予防すべき感染症」に定められていますので、身体から菌やウイルスが排出されていると思われる期間の間は出席停止になってしまいます。

インフルエンザになってしまった場合、通っている学校から登校許可書をもらってくるように言われることがあります。

登校許可証は法律で決められたものではありませんが、学校からもらってくるように指示が出た場合は登校許可証をもらって学校に提出しましょう。

登校許可証はインフルエンザの感染拡大を予防するために必要だと考えている学校もあり、感染予防の観点からインフルエンザに感染した生徒に対してもらってくるようにとお願いしている学校があります。

料金はいくらかかる?

料金は医療機関によって変わってきます☆

ちえこ

登校許可証を医療機関でもらうときは、もらう医療機関によって料金が異なります。

登校許可証の発行には料金がかからないという病院もあれば、自費で料金を負担しなくてはならない所もあります。

医師の診断書をもらうよりは料金が安いようですが、実際には300円~1000円程度のことが多いようで、平均すると500円くらいの料金がかかるようです。

お住いの地方自治体で料金が決まっているところもありますが、実際の料金はインフルエンザの診断をした医療機関に尋ねてみると正確な料金を知ることが出来ます。

スポンサーリンク

別な病院でもらってもOK?

基本は診断を受けた病院でもらいましょう☆

ちえこ

インフルエンザが治った後に登校許可証をもらう場合は、最初にインフルエンザと診断された病院に行って登園許可書をもらいましょう。

インフルエンザと診断された病院でないと、どのような経緯でインフルエンザが治って行ったのかが確認できません。

いつ頃発熱をして、検査でインフルエンザだとわかったのがいつなのか、どのような薬を内服して治療をしたのかの経緯がわからないと、登校許可証を書いてもらうことが出来ないのです。

救急外来でインフルエンザと診断された場合は別ですが、原則的にはインフルエンザと診断された医療機関に行って登校許可書を出してもらうようになります。

救急外来で最初に診断をされた場合は、紹介状やお薬手帳などを持ってかかりつけ医に行って診察をしてもらい、かかりつけ医から登校許可証を出してもらうようになります。

登校許可証は、熱が出てから5日以上が経過していて、なおかつ2~3日間熱が出ていないのを確認出来てからもらいに行くようにしましょう。

インフルエンザの出席停止期間はいつまで?

熱が下がってから最低2日、発症から5日間はしっかり休みましょう☆

ちえこ

インフルエンザに感染してしまうと出席停止となり、学校を休んでも欠席にはなりません。

熱が下がってから最低2日間(幼児の場合は3日)、かつインフルエンザが発症してから5日間は自宅でしっかりと療養しましょう。

熱が下がったからといって外出や登校してしまうと、周囲にインフルエンザをうつしてします可能性があります。

これは、熱が下がってからも少しの間はインフルエンザウイルスが排出されているためになり、感染力があるからになります。

ルールを守って感染拡大を予防しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • 登校許可証は学校によっては提出をしなくてはならない所もある
  • 登校許可証を発行する時の料金は医療機関によって異なる
  • 登校許可証はインフルエンザと診断された医療機関でもらう
  • 出席停止期間は登校・外出をしてはいけない

登校許可証をわざわざ貰うなんてメンドイなぁと感じることもあると思いますが、学校側も感染症を拡散させないために考え抜いて判断を下しているはずです。

なので、学校の決まりで「登校許可証」が必要なのであれば、なるべく協力してあげてください。

逆の立場だったら感染症を持った可能性のある子どもを登校させてほしくないと思うハズですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です