iPhone7の防水性能はどこまで耐えられる?お風呂に落としても壊れない?

iPhone7防水

最近のスマホは防水性のものが多い。

iPhone7も同様に防水機能が備わっているらしい。

でも、どこまで防水してくれるのでしょうか?

「防水」がどこまでのものなのか疑問に感じている人は多いと思います。

入浴中にスマホを使用する人も多く、もしお風呂の中に落としても故障することはないのでしょうか?

そこで、今回はそんな疑問を解決していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

iPhone7の防水機能はどこまで耐える?

Appleの公式サイトによると、iPhone7は「IEC規格60529に基づくIP67等級の耐水性能」と紹介されています。

このIP67等級は、国際基準です。

粉塵が内部に侵入しない構造、水中へ落としても保護されることを意味します。

もっと詳しく言うと、「水深1mに30分間落としても水が浸透しない構造」ということが、この国際基準であるIP67で認められています。

スポンサーリンク

iPhone7はお風呂に落としても水没しない?

先に紹介したように、iPhone7は水中に落としても耐えられる性能です。

では、入浴中にお風呂に落としても大丈夫なのでしょうか?

水中には耐えられるようですが、お湯に関しては試験されていないようです。

また、通常使用であっても防水機能は低下する恐れがあります。

そのため、入浴中にお風呂に落としてしまっても保証してもらえない可能性があるので、お風呂での使用は止めておいた方が良さそうです。

でも、半身浴をしていると手持ちぶたさでスマホを使いたくなりますよね。

そんな場合は、スマホ用の防水ケースなどが売られているので、そういったものに入れて使用することをオススメします。

 

iPhone7は水中で使っても大丈夫?

iPhone7は水深1mへ30分落としても大丈夫だと紹介しましたが、水中で使用することはできるのでしょうか?

海水浴シーズンなど、海に持って行って泳いでいる様子など写真や動画で撮影出来たら楽しいですよね。

綺麗な海だったら水中の撮影なんかもしたくなります。

IP67によると一定時間、一定圧力でなら水中へ浸けても問題が無いとされています。

しかし、試験がされているのは水道水などの真水です。

海水は定義での保証外になります。

インターネットで検索するとiPhone7を海の中に入れて撮影したものが紹介されていますが、それはあくまで自己責任です。

では海ではなくプールなら?と思う人もいると思いますが、使用状況によって防水性能が低下していることも想定されます。

そのため、自ら進んで水中で使用することはオススメできません。

スポンサーリンク

まとめ

iPhone7は、IP67という国際基準によると水中へ落としても大丈夫だとわかりました。

しかし、通常使用であっても防水機能が低下することもあり、必ずしも「絶対に大丈夫」というものではありません。

また、国際基準での試験は水道水などの真水です。

お湯や海水などは想定外です。

そのため、お風呂や海で使用することはオススメできません。

防水機能は、あくまで「誤って落としてしまった」など予期せぬアクシデントの場合だと思っておく方が良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です