iPhone8の防水機能はどこまで耐える?お風呂に落としても壊れない?

iPhone防水

以前、スマホを水没させてしまい故障させてしまったことがあります。

お風呂に落としてしまった人も多いでしょう。

精密機器なので壊れやすかったスマホですが、最近は壊れにくいように工夫されています。

人気のiPhone8も防水性能になりました。

ただ、防水といってもどこまでの防水なのでしょうか?

少し濡れる程度なのか、お風呂に落としてしまっても防水機能で守られるのか。

今回はiPhone8の防水機能についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

iPhone8の防水機能はどこまで耐える?

Apple公式サイトによると、iPhone8の防水機能は「IEC規格60529に基づくIP67等級」と書かれています。

まずIEC規格60529とは、IECという電気機器などの国際的な標準規格を策定する団体による評価値のことを言います。

その中でもIP67とは、防塵性能が6段階中6、防水性能が8段階中7ということになります。

この7という評価は、「継続的に水中の中に入れても影響を及ぼさない」「水深1mに30分間沈んでも水が浸入しない」ということを実験で評価されています。

8が最高評価なので、7ということは完全防水に近い防水機能ということになります。

スポンサーリンク

iPhone8はお風呂に落としても水没しない?

先にご紹介したように、IEC規格60529に基づくIP67等級なのでお風呂に落としてしまっても水没の心配はいらないのではないでしょうか?

ただ、この評価は真水での実験であって、お風呂のお湯で実験したものではありません。

iPhone8は精密機器なので、高温にも弱いです。

そのためいくら防水機能が備わっているからといっても、お風呂のお湯の中に落としてしまっても保証対象外となってしまいます。

お湯が高温でなければ、ぬるま湯なら大丈夫なのか?という考えにもなりそうですが、それはあくまで自己判断です。

更に、通常使用であっても防水機能は低下します。

防水機能は思わぬアクシデントのために備わっているものだと考えて、スマホを持ってお風呂に入ることは止めておいた方が安心です。

もしスマホを持ってお風呂に入りたいのなら、防水カバーを付けてお湯に濡れないように対策することをオススメします。

iPhone8は水中で使っても大丈夫?

iPhone8の防水機能は、IEC規格60529に基づくIP67等級です。

この等級は完全防水ではありません。

実験では「継続的に水中の中に入れても影響を及ぼさない」「水深1mに30分間沈んでも水が浸入しない」とされていますが、水中での使用を想定したものではありません。

プールや海に入りながらiPhome8を使用したいと思うかもしれませんが、プールは塩素、海は塩が混ざっています。

先にもご紹介したように、通常使用であっても防水機能は低下します。

インターネット上では水中で使用した写真や動画が紹介されていますが、それはあくまで自己判断で使用されたものです。

どうしても水中で使用したい場合は、水没しても大丈夫なようにデータをバックアップしておくことをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

iPhone8の防水機能は、国際基準で認められています。

水深1mに30分程落としても水没しないと評価されていますが、これはあくまでも真水での実験です。

お風呂のお湯、海水やプールの水では保証されません。

国際基準で防水機能が評価されていても、通常使用でも防水機能は低下します。

必ずしも毎回防水されるわけではないので、安心せず常日頃バックアップは欠かさずしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください