神社参拝の正しいやり方!作法やマナーを知っておこう

こんにちは。

突然ですが、みなさんは正しい参拝マナーをご存知でしょうか?

自信を持って「知っています!」と言えない方も少なくないのでは…。(もちろん筆者はその一人です。汗)

そこで今回は、一つ覚えておくと安心、参拝マナーの基本ついてご紹介いたします

具体的に何を何回行うのか?何がタブーなのか?といった基本的な部分を分かりやすくお伝えします。

ではどうぞ~。

スポンサーリンク

 

参拝の基本的な流れ

神社の参拝には、厳格にこうでなければならない、という決まりはないと言われています。

地域や個人で差があるのは構わない、各々の敬意の示し方で敬う気持ちを持っていれば良い、とされているようです。

さすが八百万の神様の国ですね。

なので今回は一般的に行われる礼拝のマナーを、ご紹介させていただきます。

1)鳥居をくぐる

鳥居は一般社会と神域を区切る役目とも言われている境目。

会釈をし、気持ちを引き締めてから境内に入りましょう。

このとき、後ほども出てきますが、参道の真ん中は歩かないようにします。

2)手水をとる

御手洗にて、手と口を清めます。(これで心身を清めるという意味があるそう)


1)右手で柄杓を持ち、左手を清める。

2)左手に持ち替えて、右手を清める。

3)右手に持ち替えて、左手のひらに水を受けて、口をすすぐ。

4)口をすすいだら、左手をもう一度清める。

5)最後に水の入った柄杓を縦に持ち、水を伝わらせて、取っ手を清めて元に戻す。


3)参道を通る

参道を通り、神前へと進みます。

このとき、参道の真ん中は神様の通り道(正中)とされているため、左右どちらかの端を歩くようにします。

4)お賽銭

賽銭箱の前で軽く会釈をし、賽銭箱にお賽銭を投げ入れます。

お賽銭は日頃の感謝をお伝えするものとされています。

鈴があれば、お賽銭を入れる前に力強く鈴を鳴らします。(神様に、来ましたよ、とお伝えするためなのだそうですよ。)

5)拝礼

二礼二拍手一礼の作法で拝礼し、会釈をしてから立ち退きます。

6)鳥居をくぐる

帰りも参道では正中を避けて端を歩き、鳥居を出たところで神様の方へ向き直り、軽く一礼をしてから帰ります。

以上が基本の流れとなります。

次は肝心の拝礼について、もう少し詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

拝礼のマナー

1)二礼

まずは神前に立ち、深いお辞儀(礼)を二回、繰り返し行います。

2)二拍手

両手を胸の高さで合わせて、右手を少し手前に引き、肩幅程度に両手を開いて、パン、パンと拍手を二回、打ちます。

3)お祈り

両手をきちんと合わせて、心を込めて、祈ります。

4)一礼

両手をおろし、深いお辞儀を一度、行います。

以上になります。

いかがでしたか?正しく参拝できていたでしょうか?

スポンサーリンク

お祈りの中身うんちく

以上に拝礼のマナーをまとめてきましたが、皆さんはいつもお祈りでは何を祈っていますか?

受験に合格しますように、健康で過ごせますように、仕事がうまくいきますように、恋愛がうまくいきますように、などなど…色々な願いがあると思います。

ここでちょっとしたうんちくを一つ。

お祈りの初めには、住んでいる場所と、名前をお伝えすると良いのだそうですよ!

そうすることで、神様にもどこの誰が何を願っているか、きちんとわかっていただけるのですって。

筆者の地元にて聞いた話なので、この作法が効果的でない神社もあるのかもしれませんが…確かに、名乗るのも大切なマナーですよね。

これを聞いてから筆者はいつも、「○○に住んでいます、○○と申します。いつも見守って下さりありがとうございます。どうか今年も皆が健康に過ごせるように見守っていてください。」などのように、お祈りをしております。

住所と名前を名乗るだけでも、なんとなく、見守ってもらえているような、近しく思えて心強いですよ。

スポンサーリンク

参拝マナーまとめ

さて、今回は参拝のマナーについてご紹介しました。

皆さんは正しく参拝できていましたか?

筆者はなんとなく行っていた手水、拝礼をしっかり覚えて、次の参拝時にはきちんとお作法を守ってお参りしたいなと思いました。

作法を守って、失礼のないようにお参りをし、ご利益を受けられるようにしたいものですね。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください