2018年の花粉症はいつまで?ヒノキとスギの飛散時期について!

ヒノキやスギの花粉がたくさん飛散する時期がやってきました花粉症の人は、毎年この時期が来ることをとっても憂鬱に感じているのではないでしょうか。

花粉症の人は、外出するときには症状の予防を心がけなくてはなりませんし、しっかり予防をしていても花粉症の症状が出てしまうことに悩んでいる人も多いと思います。

花粉の飛散量や飛び始めの時期は毎年違いますが、今年の飛散状況は一体どのようになっているのでしょうか。

気になる花粉の飛散状況について調査してみました!

スポンサーリンク

 

2018年のヒノキ花粉の時期はいつまで?

花粉の飛散時期は地域によって異なり、地域別のヒノキ花粉の飛散時期は以下のようになります。

地域

飛散時期

飛散のピーク

関西地方

3月中旬~4月下旬

4月上旬~4月中旬

関東地方

3月~5月中旬

3月中旬~4月末

東北地方

3月下旬~5月上旬

4月いっぱい

2018年のヒノキ花粉

2018年のヒノキ花粉の飛散のピークは4月中だと予想されています。

ヒノキの花粉症の人は花粉症の症状が起きないように注意して予防しましょう。

2018年のヒノキ花粉の飛散状況は、2017年と比べると多くなると予想されています。

多いところでは昨年と比べて3~4倍の量になると予想されています。

スポンサーリンク

2018年のスギ花粉の時期はいつまで?

では、2018年のスギ花粉の飛散時期はいつになるのでしょうか。

2018年のスギ花粉の飛散時期は以下のようになります。

地域

飛散時期

飛散のピーク

関西地方

2月~4月中旬

2月下旬~3月末

関東地方

2月上旬~5月末

3月中旬~4月末

東北地方

2月下旬~4月末

2月下旬~4月中旬

2018年のスギ花粉

2018年のスギ花粉飛散のピークは地域によって異なりますが、3月末~4月末までピークが続くと予想されています

花粉の飛散量も地域によって異なりますが、東北や東海地方ではいつもの年よりも多くなると予想され、それ以外の地域は平年並みかそれ以下となっています。

スポンサーリンク

自分で出来る花粉症の予防

花粉が飛散している時期は、花粉症の症状が出ないように予防をすることが大切です。

花粉症の予防は以下のポイントをしっかりとチェックして行いましょう。

1.窓やドアは開けっ放しにしない

天気が良いと窓を開けて換気がしたくありますよね。

家の中の空気と外の空気を入れ替えると気持ちがいいものですが、花粉が飛散しているときに空気の入れ替えを行ってしまうと、家の中にも花粉が入ってきて花粉症の辛い症状を引き起こしてしまいます。

花粉が飛散している時期は、窓やドアを開けっぱなしにせずになるべく花粉を家の中に入れないようにしましょう。

2.洗濯ものを外に干さない

天気が良い時のお洗濯は気持ちが良いものです。

洗濯物を外に干して乾かしたいと思うかもしれませんが、花粉が飛散している時に洗濯物を外に干してしまうと、洗濯物に花粉が付着して洗濯物と一緒に家の中に取り込んでしまうことになります。

洗濯物を干すときは外に干さず、なるべく部屋干しにして乾かすことをおすすめします。

3.毎日家の掃除をしっかりと行う

窓やドアを開けっぱなしにしない、洗濯物を外に干さないようにして家の中に花粉を入れないようにしていても、外から帰った人の体に花粉がついて帰宅した時に家の中に取り込んでしまうことがあります。

いくら気を付けていても、誰も家の外に出ないわけにはいきませんから、家の掃除は毎日こまめに行いましょう。

掃除をするときは舞い上がった花粉を吸いこまないように、マスクを着用して花粉予防のメガネをしてから掃除をすると良いですよ!

4.外から帰ったらうがい・手洗いをする

外出して帰ってきた後は、うがいや手洗いをしっかりと行いましょう。手洗いをすると手に付着した花粉を洗い流すことができますし、うがいをすることで口の中に入った花粉を体の外に出すことができます。
外出から帰ってきたら、うがいや手洗いをして体の中に花粉が侵入してくることを防ぎましょう。

5.花粉の飛散量が特に多いときは極力外出を控える

花粉がたくさん飛んでいる時は、外に出ないようにして外出を控えることが大切です。

花粉は家の外にたくさん飛んでいますので、外に出ると身体や持ち物、髪の毛などに花粉が付着して帰宅した時に家の中に持ち込んでしまいます。

どうしても外出しなくてはならない時は仕方のないことですが、そうでない場合は極力外出をしないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • 2018年のヒノキ花粉の飛散のピークは4月中
  • 2018年のスギ花粉飛散のピークは地域によって異なり3月末~4月末までピークが続く
  • 窓やドアを開けて換気をしないようにして家の中に花粉が侵入することを予防する
  • 洗濯物は外に干さないようにする
  • 家の掃除をこまめに行う
  • 外から帰ったらしっかりとうがい手洗いを行う
  • 花粉の飛散量が多いときは外出を控える

2018年のヒノキ花粉飛散のピークは4月中で、スギ花粉飛散のピークは3月末~4月末頃になります。

花粉が飛散している時は、花粉症の症状が出ないように自分でしっかりと予防を行いましょう。

自分で出来る予防を行うことで、花粉症の症状を和らげて上手に花粉症のシーズンを乗り越えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください