まだ使えるかも!使い捨てカイロを再利用する3つの方法

寒い時期に大活躍してくれる使い捨てカイロ。

私は冷え症なので、家族の中でも特に頻繁に使います。毎年冬になると沢山ストックして毎日使うのですが、使用済みの使い捨てカイロをそのまま捨ててしまって良いのか気になります。

家族も使用するので毎日沢山のカイロがゴミ箱行きになります。なんだか勿体ない気がして、使用済みのカイロを再利用する方法はないのか調べてみました。

今回は、使用済みのカイロを再利用する3つの方法をご紹介します。意外な使い方もあるので、ぜひ参考にしてみてください☆

スポンサーリンク

 

カイロを再利用する3つの方法

1)消臭アイテムとして・・・

使い捨てカイロには、「活性炭」が含まれています。

この活性炭、どこかで聞いた覚えはないですか?

消臭効果があり、ご家庭の消臭剤などで売られています。その消臭剤として活用できるのが、活性炭が含まれている使い捨てカイロなのです!

使用済みの冷えたカイロを、靴の中に入れておけば靴の臭いを消してくれます。靴箱全体など広い範囲を消臭したいなら、お皿などに中身を出して置いておきましょう。

消臭効果が薄れてきたら、処分する目安です。

2)除湿アイテムとして・・・

使い捨てカイロは、空気中の酸素と反応して温まります。

そのため空気中に含まれる水分を吸収する働きがあり、除湿効果が期待できます。

使い捨てカイロを乾燥剤代わりに靴箱やクローゼットなどに入れておくと、湿気対策になります。

消臭効果もあるので、一石二鳥ですね!

3)ガーデニングのアイテムとして・・・

カイロに含まれるバーミキュライトは、農業や園芸用の土壌改良の土として使用されています。

そのためガーデニングなどに使用している土に混ぜると、保水性、保肥性、保温性が良くなって植物が元気に育ちます。

ただし、カイロには塩分が含まれていてそのまま使うと塩害で植物をダメにしてしまいます。

コーヒーフィルターでろ過すると、塩分を取り除くことができます。

スポンサーリンク

使い捨てカイロの処分方法

みなさんは、使い捨てカイロをどのように捨てていますか?

あまり深く考えずにそのままゴミ箱へ捨ててしまっている人が多いと思います。

市区町村によっては不燃物や金属ゴミとして処分しなければいけないところもあり、使い捨てカイロのパッケージにも「使用後は、各市区町村の処分方法に従ってください」と明記されています。

処分する前にきちんと確認してから捨てるようにしましょう。

ただ、処分するにしても「カイロは水に濡れると発火する!」という噂を聞いたことはありませんか?

温かくなるし、何かしらが原因で火が出てもおかしくない気がします。

しかし、よく考えてみてください。

水に濡れて発火するのなら、人間の汗を吸収したら火が出てしまうことになります。貼るカイロなんてもっと汗を吸収してしまうし、最悪な事態になってしまいますよね。

よく考えてみればおかしな噂です。

使い捨てカイロが濡れてしまっても発火することはないので、安心してくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今まで使い捨てカイロを使った後はそのまま捨ててしまっていましたが、とても便利な再利用方法がありました。

  1. 消臭剤
  2. 乾燥剤
  3. 土壌改良

使った後のカイロを靴箱やクローゼットに入れておくことで、消臭も除湿もしてくれる優れ物。

消臭剤や乾燥剤を買わなくて済むので、節約にも繋がりますね。

また、お家で花や野菜を育てている人は、カイロの中身を塩分除去して使えば元気な花や野菜を育てることができます。

意外に知らなかったカイロの再利用方法。是非、試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です