【2018】隠れインフルエンザとは?症状の見分け方や検査方法について

寒くなってきましたね。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今回は恐怖のインフルエンザ、それも「隠れ」インフルエンザについて、ご紹介します。

まるで隠れ家レストランのような響きですが、隠れインフルエンザとは一体何なのか…?

どんな症状の時に隠れインフルエンザを疑うべきなのか、また検査方法について、気になるポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

 

隠れインフルエンザとは?

毎年やってきてはブームを起こして去っていく、インフルエンザ。

その中でも近年要注意とされているのが、隠れインフルエンザです。

何故「隠れ」と言われるのかというと…代表的な症状である高熱が出ず、微熱程度で収まってしまうのです。

高熱はウイルスと体の免疫が闘っているときに発生するものなので、治す力が強い人ほど症状も激しく、逆に高熱を出せるだけの体力がない高齢者などが、この隠れインフルエンザになりやすいと言われています。

ほかにも、ウイルス自体が高熱を出さないタイプのものだったり、予防接種を受けていて症状が軽くなっていた、というパターンもあります。

このような場合に、ほかの症状も全体的に軽くて微熱と鼻水程度だったけれど、検査をしたらインフルエンザだった!という驚きの結果になるのですね。

なんだ、症状が軽いんだ!と嬉しくなってしまいそうですが、要注意なのが、感染力は変わらないということ。

つまり、本人は気づかないうちに、周囲にインフルエンザウイルスを撒き散らしている可能性があるというのです。

しかも、自分でも気づかないうちにインフルエンザ肺炎を起こしてしまうリスクも。

リスキーな隠れインフルエンザ、次項ではその症状をチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

症状の見分け方は?

高熱が出ない隠れインフルエンザ、一体どのような症状を目安にしたら良いのでしょうか。

主に以下のようなポイントが挙げられます。

・鼻水や咳よりも、体の痛みや悪寒、嘔気が先に現れる
・喉の痛みが強い
・関節や筋肉がジーンと痛む
・疲労感、だるさが強い
・周囲でインフルエンザが流行っている

これらの症状が当てはまっていたら(いつもの風邪とちょっと違うな、と感じたら)隠れインフルエンザかもしれません。

すぐに病院へ行き、診断後は自宅で安静にして過ごしましょう。

インフルエンザの検査方法は?

病院で検査をしてもらったことのある方はすぐに、あー、あれね!と思い出すでしょう、インフルエンザの検査キット。

インフルエンザは喉や鼻の粘膜から感染していくので、鼻の奥に綿棒をさしこんで、粘膜にウイルスがいるかどうかという検査を行います。

検査自体はすぐに終わりますが、結果が出るまで15分ほど待っていなければいけませんので、結果を待っている際も、マスクをして咳エチケットには気をつけましょう。(インフルエンザでなくても、病院や人ごみにいくときにはマスクが有効です!)

また、ウイルス感染後数日経たないとウイルスの量が十分に増えておらず結果がうまく出ないことも。

インフルエンザかな…?と思ったら少し待ってみてから病院に行くと、すんなり結果が出て診断が付くので周囲への周知にもつながりますね。

スポンサーリンク

隠れインフルエンザまとめ

インフルエンザといえば高熱!とも言えなくなってきました今回の記事、いかがでしたでしょうか。

筆者はなんとなく知っていた程度でしたので、とても興味深かったです。(特に、体力がないために熱が出ないというパターン、なるほどでした!)

高熱が出ないタイプのインフルエンザがあるんだ、と知っているだけでも、自身や周囲の体調不良に的確な対応ができると思います。

きちんと正しい知識を身につけて、自身からひとにウイルスを移さないために、また自身がウイルスをもらわないためにも、一人ひとりがマスクをして咳エチケットを守ることができれば、隠れインフルエンザも怖くない!のではないでしょうか。

そしてどんな時期でも大事なことですが、外から帰ったとき、食事の前などは、手洗いうがいを徹底して感染予防に努めたいですね。

これからやってくる風邪の季節、元気に楽しく過ごせるよう頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です