カメムシを予防する5つの方法!おすすめのスプレーも紹介

カメムシの匂いってホントにイヤ…

ちえこ

臭いと評判のカメムシ。あまり家の中で出会いたくないですよね。

そこで今回はカメムシを予防する5つの方法をご紹介いたします!

お悩みの方も、まだ出会っていない方も、予防策をやってみたくなること間違いなしです。

スポンサーリンク

 

カメムシの匂い、なぜくさい?

さて、みんなに嫌われているあの匂い、一体どういう時に出るものなのか。

答えは、「危険を感じたとき!!」なのですね。

危害を加えなければなにもしてこない彼らではありますが、苦手な方にとっては本当に辛い強敵。

少しでも刺激してしまうとプ~ンとあの匂いを放ち、また飛行もできるという恐るべき身体能力。

できればお会いしたくないですよね。

ということで次は具体的な予防方法をリサーチです!

カメムシ予防策5選

さて、ここからは具体的な商品も交えてご紹介していきます!

カメムシ忌避剤

まずは安全な自然の成分でカメムシを寄せ付けない、ハーブを使用している自然系忌避剤。

このタイプの魅力と言えばまず、安全・安心でしょう。

小さなお子さんやペットのいるご家庭では薬剤の使用はできるだけ控えたいもの。

彼らの侵入口となる網戸のそばや窓周辺に吊るしておくだけのお手軽さもポイント高いですね。

このタイプのデメリットは、安心・安全な分、効果も緩やかということ。

また、忌避剤なので、数を減らすことはできても退治はできません。

まさに予防に特化しているものですね。

カメムシ殺虫剤

続いては発生してしまったときの強い味方、殺虫剤です。

こちらはカメムシさんをコロリと退治することができる代わりに、お子さんやペットにかかると心配ですので、使う場所を選ばないといけませんね。

遭遇してもいいから退治は迅速に行いたい!という方にお勧めです。

カメムシ忌避剤(貼るタイプ)

続いては再び予防策。

こちらは窓や網戸、外壁に張るタイプです。

吊るすよりも、場所を選ばず設置できるのが強みです。

また、置き型としても使用できるので、玄関には置き型、窓辺には貼る、と使い分けても良さそうですね。

予防スプレー

そしてこちらも予防効果が期待できます、スプレータイプの忌避剤。

噴射式のスプレーになっているので、網戸などに直接スプレーしておくことで、カメムシが寄ってこないというすぐれもの。

置き型、貼り型に比べると効果がどのくらい続くのか分かりにくい欠点はありますが、網戸全体を丸ごと予防壁にできるのはスプレータイプならではの強みですね。

ただ、殺虫成分も入っていますので、使用するときはお子さんやペット、食器などにかからないよう気をつけてご使用くださいね。

ハッカ油

こちらはなんと自分で作れるカメムシ忌避剤。

ドラッグストアなどで手に入るハッカ油を使って、200mlの水に対して20滴程のハッカ油を溶かしたものを、スプレーボトルに入れるだけ。

予防スプレーとして吹き付けるもよし、見つけたカメムシさんに噴射するもよし。

ただし、予防効果はあまり長持ちしないので、網戸などにはこまめに吹き付けてあげましょう。

手作りで作ってしまえばたくさん使えますので、ハーブを生活に取り入れる感覚でおしゃれにカメムシさん予防ができますね。

なによりハッカのさわやかな香りに癒されます。

カメムシさんに出会った不穏な気持ちもすっ飛ぶこと間違いなし(?)です。

スポンサーリンク

カメムシ予防策まとめ

さて、今回は5つの予防策をご紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか。

おすすめはなんといってもハッカ油。

天然成分ですし、自分で作れるというのもポイント高いですね。

ハッカの香りが好きな方にはぜひ試していただきたいスプレーです。

こちら、なんとあのGさんにも効果があるとの情報もありましたので、一家に一本作っておくと便利かもしれませんよ。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です