川崎大師の初詣2018!参拝時間・混雑状況・駐車場・屋台の出店期間

今回ご紹介するのは、厄除けのお大師さまとして有名な神奈川県の川崎大師平間寺。

初詣の参拝者数が全国でもトップクラスといわれる人気のスポットです。(冒頭の人ごみも納得です…!)

古くから親しまれている川崎大師について、混雑具合や参拝時間、屋台についてもご紹介します!

厄除け…ぜひご利益を頂きたい!!

スポンサーリンク

 

川崎大師、参拝時間は?

お正月の大本堂の開扉時間は以下のようになっています。

・12月31日6:00~ 1月1日20:30
・1月2日、3日 6:00~19:30
・1月4日~7日 6:00~18:30
・1月中の日曜、祝日 6:00~18:30
・1月20日 6:00~21:00
・1月21日 5:30~18:30
※通常の開門時間は6:00~18:00

特に初詣の時期は日によって開門時間が不規則に変わっているので、時間は要チェックです。

また、1月1日の0時から、大本堂にて元朝大護摩供が行われます。

これは新年の一番はじめに勤める大護摩供とのこと、参列する方は昨年の自らの行いを反省し、心を新たにして所願成就を祈るようです。

厳粛な気持ちで新年を迎えられそうですね。

気になる混雑状況は…

人気で参拝者数も多いと有名な川崎大師、実際の混雑具合はどうなのでしょうか。

例年の状況からみると、初詣には毎年300万人近い参拝者が訪れるそうで、ピークは元日の0時から午前3時ころ、および午前中から午後3時ころまでのようです。

三が日の間は交通規制が敷かれるうえ、混雑回避のために入場制限も行われるほどの混雑っぷり。

これを避けるにはいっそ早くに出発して大晦日のうちに到着、二年参りのコース、もしくは、初詣の参拝者が少し落ち着く午前4時から6時ころも一案です。

関連記事⇒二年参りの意味とは?正しいやり方・方言なのかについて

夜中、明け方は厳しい…という方は午後4時以降でも、ピーク時ほどの混雑は避けられそうですよ。

どのような時間帯にせよ、ある程度の混雑は覚悟しておかなければいけませんね。

スポンサーリンク

駐車場情報

川崎大師には700台ほど停められる無料駐車場があります。(ご信徒専用駐車場に停めてからは徒歩)

年中無休で、大晦日は終日利用できるようですが、三が日の間は駐車状況によって利用時間が異なることもあるそうですので、こちらも要注意ですね。(電話で状況を問い合せてから向かうのが良いかもしれません)

とても多くの方が参拝に訪れる川崎大師、やはり公共交通機関で向かうのがおすすめです。

アクセス方法はこちら↓

住所:神奈川県川崎市川崎区大師町4-48
電話:044-266-3420
公式HP:http://www.kawasakidaishi.com/

●電車の場合
・京急川崎駅より大師線にのりかえ、「川崎大師駅」下車
※埼玉・千葉・東京方面からお越しの方はJR品川駅にて京浜急行に乗り換え
 鎌倉・横浜方面からお越しの方はJR横浜駅にて京浜急行に乗り換え

●バスの場合
・JR川崎駅東口バス乗り場7番 川崎鶴見臨時バス「川23系統」大師行き
 「大師」バス停下車後、徒歩約8分

スポンサーリンク

屋台の出店情報

人気の高いスポットだけあって、屋台も毎年たくさん出店しています。

お正月の期間中は川崎大使の表参道や、仲見世通りにとくにお店が多く、お祭りの雰囲気が楽しめるそうですよ。

さて、もちろんメジャーな屋台、お土産もありますが、せっかく川崎大師に来たらぜひお土産にしたいのが…「とんとん飴」。

まだ柔らかな飴を、まな板の上でトントンとリズムよく叩いていく様子は大人も子どもも見ていて楽しい!

川崎大師名物ともなっているので、ぜひとも見ていきたいですね。

初詣のときに買ってきた飴ちゃんには何かご利益がありそう…。(な気がするのは私だけでしょうか)

(こちらは金太郎飴)

スポンサーリンク

川崎大師初詣のまとめ

さて、今回は非常に人気の川崎大師について、初詣の参拝時間や混雑しやすい時間帯、アクセス情報からお土産までご紹介しました!

特に厄除けで有名な川崎大師、ぜひとも一度は行ってみたいお寺です。

また、真言宗のお寺ということで、神社とは違う雰囲気も感じられるのではないかと思います。

新年のはじめに、パワースポットでしっかり何か良いもの(?)を頂いて、良い一年にしたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.