蛍光灯や電球の正しい捨て方は?分別方法とゴミの出し方について

皆さん、こんにちは!

最近よく”LEDライト”という言葉を耳にしませんか?

消費電力が少なく、長寿命というメリットから、近年急速に普及していますよね。

それに伴い、従来の「蛍光灯」や「電球」を使わなくなった家庭も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、蛍光灯や電球の正しい捨て方、分別とゴミの出し方についてご説明していきます。

スポンサーリンク

 

蛍光灯や電球は何ゴミ?

蛍光灯や電球を捨てるときにまず気になるのが、何ゴミとして分類されるかという点。

これは、自治体やお住まいの市区町村によって異なります。

例えば東京都杉並区では、蛍光灯や電球は「不燃ごみ」にあたります。

一方で京都府京都市では、蛍光灯や電球を「廃棄物の一つとして特定回収物」と定めています。

区役所や商業施設などに回収ボックスを置いており、そこへ持参する必要があります。(ただし、白熱電球やLEDなどは回収対象外)

このように、地域によって処分方法が大きく異なりますので注意しましょう。

「地域名 蛍光灯 捨て方」などで一度検索してみてください。

ゴミに出すときの正しい出し方は?

これも、自治体や市区町村により指定があるため、随時確認が必要です。

一般的には、「購入した際のケースに入れて出す」よう指定をしているエリアが多いです。

これから購入を考えている人は、捨てるときのことも考えてケースを取っておくようにしましょう。

スポンサーリンク

使い終わった蛍光灯や電球が大量に…そんなときは?

大量の蛍光灯や電球を一度に処理する方法は2つ。

1)廃棄物処理専門業者の利用

たくさんの使用済み蛍光灯や電球がある場合は「産業廃棄物」扱いとなり、専門の業者に依頼する必要があります。

また会社や工場からでるものも、すべて「産業廃棄物」として処理することが義務付けられています。

誤って、自治体の回収に出したりすることがないよう注意してくださいね。

2)不用品回収業者の利用

不用品回収業者は、そのほかのゴミも一緒に引き取ってくれるので、引っ越しなど大掛かりな片付けをする際に便利です。

また自宅まで回収に来てくれるので、忙しい方にもぴったりですね。

使わなくなった蛍光灯や不用品がたまっているという方や会社の廃棄物に困っている方は、不用品回収業者を利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

今回は、蛍光灯や電球の正しい捨て方、分別とゴミ出しについてご説明しました。

ポイントは3つ。

  1. 自治体による回収に出す(分別はお住まいの地域ごとに要確認)
  2. 廃棄物処理業者を利用する(会社や工場などは必ずこの方法で)
  3. 不用品回収業者を利用する

以上です。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

【永久保存版】分かりづらいゴミの分別方法・ルールまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です