清澄庭園の桜開花状況2018!見頃・ライトアップ・屋台情報

都内にある美しい日本庭園 「清澄庭園(きよすみていえん)」

四季折々の花を楽しむことができ、また近辺にはおしゃれなカフェやレストランなども増え、人気のエリアになっています。

清澄庭園も、春になると桜が咲き、回遊式庭園に桜が映えます。

今回は、清澄庭園の桜の開花状況、見頃、ライトアップ、屋台情報について、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

清澄庭園の桜開花状況&見頃

清澄庭園の桜は11本と、本数としては少ないのですが、品種が4種あり、時期をずらして咲くので、長い期間桜を楽しむことができます。

桜の開花は、3月上旬~4月中旬となり、この間が見頃と言えます。

東京都の桜の開花予想は3月22日となっています。

清澄庭園のソメイヨシノも、このころに咲き始め、約1週間後に満開を迎える予想です。

しかし、清澄庭園にはほかに3品種あるので、ご紹介します。

寒緋桜

ひと際色が濃く、花が下に向かって咲くのが特徴です。

まだ、肌寒い3月中旬から咲き始め、この濃いピンク色が春の訪れを感じさせてくれます。

開花は3月中旬ごろ、見頃は開花後1週間~2週間です。

大島桜

白色の大輪の花を咲かせ、強い香りを放ちます。

葉っぱが出ると同時に花が咲くことが特徴です。

伊豆七島や房総半島などに自生し、潮風に強い桜です。

葉は、桜餅の葉に、木材が茶筒や工芸品に使われています。

開花時期は、3月下旬~4月上旬で、見頃はソメイヨシノと同じくらいの時期になります。

里桜

里桜は、観賞用に改良された桜のため、花は多重咲きで見応えがあります。

遅咲きの桜のため、ソメイヨシノで賑わった後の、静かな園内をお花見することのできる品種です。

開花時期は4月上旬~中旬で、見頃は4月中旬ごろとなります。

スポンサーリンク

清澄庭園はライトアップされる?

ライトアップは残念ながら行われていません。

ちえこ

後述しますが、清澄庭園の入園は16時30分まで、開園は17時までとなっていて、ライトアップは行われていません。

昼間に、庭園を楽しみながら、桜を鑑賞するスポットになります。

屋台情報

屋台の出店もありません。

ちえこ

清澄庭園はあくまでも回遊式庭園であって、シートを敷いてお花見という場所ではないようです。

大人やカップル向きの、お花見散策ができるスポットです。

スポンサーリンク

清澄庭園基本情報

住所: 東京都江東区清澄2・3丁目

開園時間: 9時~17時

休園日: 年末年始

入園料:

一般 150円

65歳以上 70円

小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

アクセス

東京メトロ半蔵門線・都営大江戸線 「清澄白河」駅下車 徒歩3分

駐車場はありません。

清澄庭園は、泉水・築山・枯山水を主体とした「回遊式林泉庭園」です。

この造園手法は、江戸時代の大名屋敷に造られていて、この清澄庭園も、紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。

明治に入り、岩崎弥太郎が荒廃していたこの土地を買い、庭園造成を計画し、竣工されました。

弥太郎亡き後も、造園工事は勧められ、明治を代表する「回遊式林泉庭園」が完成しました。

桜は、芝生広場やあずまやのあたりで見ることができます。

スポンサーリンク

回遊式庭園で観桜

今回は、清澄庭園の桜について、ご紹介してきました。

園内には、寒緋桜・ソメイヨシノ・大島桜・里桜と4品種があり、開花時期がずれているので、約1か月桜を楽しむことができます。

ライトアップや屋台などはなく、静かなお花見を楽しみたい方におすすめの場所です。

150円で、美しい庭園と桜をのんびりと楽しめるのはお得です!ぜひ訪れてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください