子供の便秘を即効で解消したい!効果が期待できる6つの方法

お子さんが便秘しやすい体質だと、何日も便が出なくて心配になりますよね。

我が家の長女は赤ちゃんの頃から便が硬くて、幼稚園の頃には便秘でなかなか上手に排泄が出来ませんでした。

何とかして便秘を解消してあげたくて、色々な方法を試した記憶があります。

子供の便秘は、排便の時に痛い思いをしたり、通園や通学などで生活環境が変わってしまうことでも起こります。

脂っこいものばかりを食べていることも便秘の原因になりますし、水分をしっかりと摂っていないことも便秘の原因になってしまいます。

子供の辛そうな姿を見ているとかわいそうになりますから、何とかして早く便秘を解消してあげたいですよね。

そこで今回は、子供の便秘をすぐに解消できる方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

1)綿棒の浣腸で便秘解消!

大人用の綿棒を使って行う綿棒浣腸は、子供の便秘をすぐに何とかしたいとき効果が期待できる便秘解消法になります。

綿棒浣腸のやり方

  • 綿棒にたっぷりとワセリンやベビーオイルを付ける
  • 肛門に綿棒を当てて円を描くように綿棒の頭くらいまで優しく挿入する
  • 少しの間綿棒で円を描くように回しながらお腹を軽く揉む
  • 20秒前後刺激したら綿棒を抜いて指で肛門を押さえて再び刺激する

この方法で肛門を刺激してみましょう。

食後30分くらい経過したときに行うと良いです。

すぐに出る子もいますが、少し時間が経ってから便が出る子もいます。

2)便秘薬で即効便秘解消

子供が使える便秘薬もあります。

子供が服用できるものは限られていますが、便に水分を含ませて柔らかくすることで便秘を解消してくれるお薬を使用すると安心です。

お腹が痛くならない程度で便を出すことが出来るので、子供でも安心して使用することが出来ますよ!

ドラッグストアで購入することが出来るものもありますが、使用できる年齢がパッケージに書いてありますので、しっかりと確認して購入するようにしてください。

不安な場合は店員さん尋ねるか、病院を受診してお医者さんに処方してもらえるか聞いてみると良いですよ!

スポンサーリンク

3)子供の便秘には水分補給が大切

便秘で悩んでいるお子さんは、朝起きたときにコップ一杯の白湯を飲むことでも便秘解消の効果が期待出来ます

朝一番に飲むことで、胃腸の動きを促してあげる効果があるため、コップ一杯の白湯を飲ませてあげましょう。

ここで注意が必要なのが、「飲み物の温度」です。

冷たすぎる飲み物ですと、内臓を冷やして働きを鈍くしてしまうこともありますので、常温に近い温度の飲み物を飲ませてあげましょう。

白湯が苦手なお子さんには牛乳などでも大丈夫ですよ!

4)お腹を「の」の字マッサージ

便秘解消には腸の動きを活発にすることが大切です。

ですから、腸の働きを良くするマッサージをすることも効果があります。

おへそを中心に、大きく「の」の字を書くようにマッサージをしてあげましょう。

そうすると、腸の中を動かすことを手伝ってあげることが出来ます。

腸の中に溜まってしまった便を体の外へ出しやすくするように、優しくマッサージをしてあげてください。

おへその下あたりをマッサージするときは、少し強にのマッサージを行うと効果的です。


スポンサーリンク

5)どうにもならない時は病院へ! 

何を試しても便秘が解消されない場合は、小児科を受診して適切な対処をしてもらいましょう。

便秘が酷くなってしまうと、食事を摂ることが出来なくなったり、吐き気がしてしまうこともあります。

どうにかして便を出そうと思っても、肛門の近くに溜まってしまった便が硬くなって、なかなか出ないこともあり、そうすると子供もとても辛い思いをしてしまいます。

病院へ行って早めに対処をしてもらうのが良いですよ!

6)普段から便秘にならない生活を心がける

便秘になりやすい子供は、便秘にならないような食生活を心がけることが大切です。

食物繊維をたくさん摂取することを心がけ、水分もしっかりと摂るようにしてください

体内の水分量が足りなくなってしまうと、血液の流れが悪くなって、老廃物を体の外に出すことを妨げてしまいます。

そうなると便がさらに硬くなってしまいますから、水分の補給はしっかりと行ってくださいね!

毎日の食事を見直すことでも便秘解消効果が期待出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

  • 綿棒を使った綿棒浣腸で排便を促して便秘解消!
  • 子供でも服用することが出来る便秘薬を使用して子供の便秘を改善
  • 常温の白湯を朝一番に飲むことで腸の動きを活発にする
  • 「の」の字マッサージをして排便を促して便秘を改善
  • 何をしても解消しない頑固な便秘は小児科を受診して適切な対処をしてもらう
  • 普段の食事にも気を付けて便秘にならないような生活を心がける

子供の便秘は見ているだけでも辛そうでかわいそうなものです。

便秘になってしまったときは、なるべく早めに改善してあげるのが良いですね!

便が長い間出ないと、水分が吸収されてどんどん便が辛くなり、より一層出にくくなりますので、そうなる前に適切な対処をしてあげましょう。

自分でどうにもできない時は、小児科を受診して便秘を解消してあげましょう

普段からに食物繊維が豊富な食事を心がけ、水分もたくさん摂って便秘にならないような生活をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です