子供の発疹!熱が出る場合に考えられる病気と対処法

子供が熱を出し、さらに発疹まで出てきてしまうととても心配ですよね。
子供の体の中で、何が起こっているのだろうと不安になります。

そこで今回は、発疹と発熱がある場合に考えられる病気と対処法についてご紹介していきたいと思います。

熱なしの発疹の場合はこちら↓↓

子供の発疹!熱なしの時に考えられる病気と対処法は?

スポンサーリンク

 

発疹と発熱が発症することで考えられる病気は?

突発性発疹

生後6か月から2歳の乳幼児に発症が多いため、初めて熱を出したときに疑うお母さんは多いのではないでしょうか。

【原因】

  • ヒトヘルペスウイルス6・7型による感染症

【主な症状】

  • 突然の高熱(38~40度)が3~4日続く
  • 嘔吐や下痢を伴うこともある
  • 高熱の割には元気がある
  • 解熱と同時におなかや背中に赤い発疹が出始め、数時間で身体中に広がる

突発性発疹は季節に関係なく発症します。
症状の出方は様々で、感染してもまったく症状が出ない子もいます。

直前まで元気に遊んでいた子が、突然高熱を出すことから始まります。
咳や鼻水といった風邪のような症状はでないケースが多いです。

【対処法】

突発性発疹は、基本的に命にかかわるようなことはありません。
発疹も解熱後に出てくるので、発熱中は突発性発疹と診断するのは難しいです。
突発性発疹に特効薬はありません。急ぐことはありませんが、日中小児科を受診しましょう。

まれに、合併症を起こすことがあるので以下のような症状が出た場合は早急に医療機関を受診してください。

  • 高熱が4日以上続く
  • 激しい下痢や嘔吐(脱水症状の心配があります)
  • 3分以上続くけいれんや24時間以内にけいれんを繰り返す場合
  • 発熱中に身体に内出血がたくさんでた場合

自宅では安静に過ごし、しっかり睡眠をとるようにしましょう。
高熱が続くと、脱水も心配ですので水分補給はまめに行ってください。

スポンサーリンク

溶連菌感染症

【原因】

溶血性連鎖球菌による感染症
90%以上の人がA群溶血性連鎖球菌に感染し、発症します。

【主な症状】

  • 38~39度の発熱
  • のどの痛み
  • 手足や体に小さな赤い発疹
  • イチゴ舌

【対処法】

溶連菌感染症には抗菌薬が処方されます。抗菌薬は症状がなくなった後も飲み続ける必要があるので、医師からの処方を守ることがとても大切です。

溶連菌感染症は、飛沫感染や経口感染が主な感染経路です。
手洗い、うがい、マスクなどで予防することが大切です。

家庭内で移る可能性はとても高く、子供だけではなく大人も感染します。
できれば、熱が下がるまでは部屋を分けて過ごすと良いです。

スポンサーリンク

手足口病

【原因】

主にコクサッキーウイルスA16やエンテロウイルス71による感染症で、夏風邪の一種です。

【主な症状】

  • 掌や足の裏、口の中に水疱ができる
  • 発症者の1/3に38度程度の発熱が見られる

口の中にできた水疱が、口内炎のようになり痛みから食事や水分をとることを嫌がる子供もいます。

5歳未満での発症が多く、保育園や幼稚園など集団生活をしていると、一気に感染が拡大することがあります。

【対処法】

手足口病は、稀に重大な合併症を引き起こす可能性があります
原因菌のエンテロウイルスは髄膜炎の原因にもなります。
手足口病で通院する際は、気になる症状はメモしておきましょう

手足口病には特効薬はありません。
症状の緩和を目的とした処方をしてもらい、自然回復を待ちます。その際気を付けたいのが脱水症状です。

のどの水疱が破けてしまうと、強い痛みを感じて食事や水分補給が難しくなります。子供が取れるものを少量ずつでもいいので与えましょう。ただし、刺激物の食べ物や柑橘系の飲み物、熱いものはとてもしみるので避けましょう。

溶連菌感染症同様、家庭内での感染拡大が心配されます。大人が罹ると重症化しやすいので、細心の注意が必要です。お風呂やタオルの共有などでもうつってしまうので、体を洗ってあげる時も拭いてあげる時も水疱には触れないように注意しましょう。

スポンサーリンク

発疹と発熱から考えられる病気のまとめ

今回ご紹介した病気は、発疹と発熱から考えられる病気の一部です。
他にも、風疹・麻疹・水疱瘡などもあります。予防接種をきちんと受けて予防をしましょう。

免疫力が低下することで、今回ご紹介した病気は発症しやすくなります。
免疫力が下がらないようにするため、規則正しい生活を送ることも大切です。

十分な睡眠、栄養バランスの取れた食事を普段から心がけましょう。
家族みんなで健康的な生活を送るためにも、手洗いうがいは毎日の習慣にしたいですね。

熱なしの発疹の場合に考えられる病気についても知っておくといざという時に対応しやすくなります↓↓

子供の発疹!熱なしの時に考えられる病気と対処法は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です