靴の正しい捨て方は?分別方法とゴミの出し方について

皆さんは靴を捨てる際の分別方法を知っていますか?

いざ聞かれてみると、「あれ、どうだったっけな」と悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

実は私もその一人。

そこで今回は、靴の正しい捨て方について調べてみました。

スポンサーリンク

 

靴は燃えるゴミ?燃えないゴミ?

ゴミを分別する際にまず考えるのが、”可燃ごみ”か”不燃ごみ”かという点。

靴は一体、どちらに属すのでしょうか?

実はこの答えは…「地区ごとに異なる」です。

靴はすべて可燃ごみとして扱う地区もあれば、逆に不燃ごみとして扱う地区も。

そして、金属の部分のみを不燃ごみとし、分解して捨てる必要がある地区まで多岐にわたります。

靴の種類は問わないの?

靴と言っても、種類は様々。

スニーカーに革靴、ハイヒールにサンダル。

それらは皆、異なる素材から出来ていますよね。

その全てを「靴」として、ひとまとめにして考えていいのでしょうか。

地域による多少の違いはありますが、基本的にはほとんどの靴は同じ扱いになるようです。

素材に関わらずまとめて捨てることが出来ると、断捨離もはかどりそうですね。

ただし先ほど少し触れた通り、地域によっては金属部分を不燃ごみとして取り外す必要があることも。

なお、作業用靴やスノーボード用シューズなどといった特殊な靴は、捨て方が異なることがあります。

ご注意ください。

スポンサーリンク

靴が「燃えないゴミ」に分類される場合…出し方は?

例えば横須賀市では、靴は「不燃ごみ」として出すように指定されています。

では、出し方はどのようにすればよいのでしょうか?

横須賀市の場合を見ていきましょう。

不燃ごみの出し方ですが、一般的な運動物などは無色透明な袋に入れ、そのまま出します。

ただし、ゴルフシューズなどのピンスパイクシューズは、靴底の金属(メタル)スパイクをはずすように注意してください。

その場合、金属部分は、「集団資源回収の『缶以外の金属』」に出す必要があります。

つまり、シューズと金属部分を分解する必要がある、ということです。

このように、市区町村・自治体によって様々な方法がありますので、間違えないように確認をすることが大切です。

靴の正しい捨て方を知るには?

さて靴のゴミ出しには、地域ごとに異なるルールがあることがわかりました。

でも、今自分が住んでいる町がどのような方法をとっているかは、どうやってわかるのでしょうか。

実はこうした情報は、お住まいの市区町村ホームページで簡単に確認ができます。

「〇〇町 ごみの捨て方」と検索をしてみてくださいね。

なお、わからない点があれば自治体に電話して確認をすることも可能です。

私も、捨て方がわからないものがあるときは気軽に問い合わせをしていますよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、靴の捨て方についてまとめてみました。

今回のポイントは4つ。

  1. 捨て方は市区町村・自治体ごとに異なる
  2. 基本的に、ほぼすべての靴は同じ扱いである
  3. 特殊な靴を捨てる際には、別途確認が必要
  4. 捨て方についての情報は、市区町村・自治体のホームページで確認できる

新しい季節が始まる前の心機一転に、靴箱の中の整理をしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【永久保存版】分かりづらいゴミの分別方法・ルールまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください