生チョコが固まらない…考えられる原因と対処法!失敗作を無駄にしないリメイク方法も

生チョコが、固まらな~い!どうすればいいの?

かなこ

せっかくチャレンジした手作りチョコで、思うようにいかない時って焦りますよね!

「レシピ通りにやったから、固まるはずなのに⁉」と思い込んでいませんか?

もう一度基本にかえって、生チョコが固まらない原因と対処法を考えてみましたので、ぜひ参考にして、もう一度「手作りチョコ」にチャレンジして下さいね!

スポンサーリンク

 

生チョコが固まらない原因

手作りチョコは、簡単そうにみえて以外とデリケートなので、生チョコが固まらない原因はいくつもありますが、よくありがちな3つの原因をご紹介します!

チョコレートと生クリームの割合は合っていますか?

チョコレートと生クリームの基本的な割合は、「2:1」です!

それより生クリームが多いと固まりません!

ただし、チョコレートの素材によって、チョコレートの主成分である「カカオ」の量が違うので、割合を変えなくてはいけません。生チョコを作る時は、カカオ分が少ないチョコレートを使うと固まりにくくなります。

目安として…
・ミルクチョコレートを使う場合➤「2:1」
・ホワイトチョコレートを使う場合➤「3:1」
・ビターチョコレートを使う場合➤「1.8:1」

失敗せずに美味しい生チョコを作るためには、製菓用の「クーベルチュール・チョコ」をおすすめします▼▼▼

プティパ クーベルチュールチョコレート スイート 200g

↑厳しい国際規格をクリアしていて、製菓用チョコレートの代名詞的な存在です!

生クリームの素材に注意!

生クリームには、「動物性」と「植物性」がありますが、どちらを使っていますか?

成分表示を見ると、どちらかすぐに確認できますが、もし「植物性」を使っていたら、脂肪分が含まれていないので固まりません

「動物性」の方は、牛乳の脂肪分で作られていて、「生乳」「生乳のみ」などの表示がされています。生チョコを作る場合は「動物性」の生クリームで、できるだけ脂肪分が高いものの方が固まりやすいです!

チョコレートを溶かす温度と生クリームの温度に注意!

チョコレートは、20℃以上で溶け60℃を超えると成分が分離して固まりませんし、生クリームは、冷たいままだとチョコと混ざらず温度が高すぎると分離するので、50℃くらいに温めた状態でチョコレートと混ぜましょう!

チョコレートを溶かす時と生クリームを温める時は、電子レンジでは温度が上がり過ぎてしまう場合があるので、ゆっくり温度を上げながら湯煎で溶かしましょう。

製菓用のクーベルチュールチョコレートを使ったり、前もってチョコレートを細かく刻んでおくと早く溶けます。

綺麗に溶けますよ▼

生チョコが固まらなかった時の対処法  

1)チョコレートを足す

割合を間違えて生クリームが多かった場合は、もう一度チョコレートを溶かして、チョコレートを足してあげる事で固まりやすくなります。その際は、慌てずに固まり具合を見ながら、ゆっくり溶かしながら足していって下さいね!

温めの温度が高すぎて固まらない時も、チョコレートを足しますが、その場合は別に生クリームを50℃の目安で温めて少しずつチョコレートを足していきます。

2)冷凍庫で固める

チョコレートは油分が多いので、冷凍しても凍らず硬くなるだけなので、ある程度の柔らかさを保ちながら固めることができます。

どちらの方法も「チョコレートの風味」を考えると、あまりおすすめではありません。生チョコは固まらなかった時点で、ほぼ失敗と思って作り直した方が良さそうですね!

ただ、せっかく溶かしたチョコレートなので、アレンジして別の美味しい物に変身させてみては、いかがでしょうか?

スポンサーリンク

固まらない生チョコをリメイク

ホットチョコレート

牛乳を入れて溶かすだけで、寒い冬にピッタリの飲み物に変身します。

チョコフォンデュ

果物やクッキー・ポテトチップスなどをお好みで用意してつけて食べるだけですが、果物の酸味とマッチして美味しいので、おすすめです。

チョコクッキー

【材料】

  • 生チョコ170g
  • ホットケーキミックス 200g
  • 小麦粉70g
  • 砂糖20g
  • バター(無塩)20g
  • 卵M1個

1)溶けた生チョコ、ホットケーキミックス、小麦粉を袋に入れ揉むようにして混ぜる。(粉が茶色く染まればOK。纏まりません)

2)バター、砂糖、卵をすり混ぜる。

3)①と②を合わせてゴムベラで練らないように混ぜる。

4)纏まってきたらラップで包んで棒状に整える。(直径3センチぐらい)冷凍庫で20分固める。

5)オーブン予熱スタート。170度16分。

6)5ミリの厚さに切って間隔を空けて並べ、オーブンへ

<引用元:クックパッド

その他にも…チョコブラウニに変身させる、チョコソースとしてトーストに塗る、アイスクリームにかけるなど…アイデア次第で美味しく食べられます!
失敗して良かった(笑)な~んて、めちゃウマなものに出会えるかも?ですよ☆

スポンサーリンク

まとめ

さて、参考になりましたでしょうか?

生チョコが固まらない原因は…
・チョコレートと生クリームの割合が間違っている。
・植物性の生クリームを使っている。
・チョコレートを溶かす時の温度や生クリームの温度が高すぎた。

他にも、材料を混ぜている時に空気が入りすぎないようにとか、水分が入らないように、など中々にデリケートな生チョコ作りです。

チョコと生クリームを混ぜて固めるだけ!と思っていたら、大間違いでした。

失敗した時は、チョコレートを足したり冷凍庫に入れても良いようですが、風味が損なわれそうなので、それよりアレンジして美味しく頂いた方がベストです!

簡単にリメイクできるので、失敗を恐れずに「生チョコ」手作りにチャレンジしてみて下さいね!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.