【2018】七草粥っていつ食べるの?由来や作り方も紹介!

お正月を迎えると、何だか春を迎える行事が順番にやってきて、まだ寒いのに~!寒さの本番は2月なのにもう春⁉ってちょっとピンときませんね!

「春の七草」もその一つですが、七草の名前全部言えますか?
友達や家族と言い合いっこすると、必ず一つ二つ思い出せない名前があったものです。

そんな七草を使った「七草粥」も春にちなだ風習の一つですが、いつ食べるんだろう?

わが家では、そもそも(笑)子ども達がお粥というものを嫌いなので、七草粥も当然食べません!(笑)でも、スーパーなどに毎年「春の七草」のコーナーが結構なスペースで設けられているので、気になってきて調べてみました。

2018年の七草粥は、いつ食べるのか?由来や作り方レシピもご紹介しますので、ぜひ、参考にして「七草粥」にチャレンジして下さいね!

スポンサーリンク

 

【2018年】七草粥はいつ食べるの?

2018年の七草粥は…2018年1月7日(日曜日)です!

というか、毎年1月7日なんです。

なぜなのか?は、由来の方でお伝えしますが、何やら食べるタイミングも決まっているようで、「朝食」の時に食べるのが正しいとされています。

七草粥の由来をわかりやすく!

七草粥とは、人日の節句(1月7日)の朝に食べられている日本の行事食(料理)である。七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って1月7日に食べられる。正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物の原型ともされている。
<引用元 Wikipedia>

七草粥を食べる1月7日は、「人日(じんじつ)」で、陰暦の1月7日にあたり、「人の日」を指します。

古来、中国では1月7日の「人日」には、「人を殺めない」とされ犯罪者に刑罰が行われない日でした。
唐の時代、「人日」に七種類の野菜を入れた「とろみのある汁物」を食べて「無病息災」を祈るようになったと言われています。

この習慣が日本に伝わり日本古来からあった風習「若菜摘み」と合わせられ「七草粥」になったと考えられています。

※「若菜摘み」とは、年の初めに雪の間から芽を出した草を摘むこと。新春に若菜を食べると「邪気を払って病気が退散する」と考えられていました。

七草は最初は草ではなく、七種類の穀物…
米・粟(あわ)・黍(きび)・稗(ひえ)・蓑米(みの)・胡麻(ごま)・小豆(あずき)だったとされています!その後、旧暦のお正月ごろに採れる野菜を入れるようになりました。

現在の七草は…
芹(せり)・薺(なずな)・御行(ごぎょう)・繁縷(はこべら)・仏の座(ほとけのざ)・菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ) です!

スポンサーリンク

七草粥は何のために食べるの?

七草の効能

<セリ>
解熱、食欲増進、リウマチ、貧血症などに良いといわれている。
解説:寒気に強い草でセリ科の多年草。日本全国に分布して、野菜として栽培もされています。湿地や湿原など水辺に多く自生しています。

<ナズナ>
胃腸を整える、目にも良いといわれている。

解説:アブラナ科の2年草で全国に分布。三味線のバチに似ていることから三味線草、ペンペン草とも呼ばれています。空き地や川の土手、道端などに生えています。

<ゴギョウ>

咳止め、痰を切る、利尿作用などに良いとされている。

解説:キク科の2年草で、ハハコグサとも呼ばれています。秋に目を出し、翌年の早春に田のあぜ道などに黄色い花をつけます。煎じて飲めば、喘息の咳を止め、痰も切り、風邪の予防薬として利用されてきました。

<ホトケノザ>

アトピー改善に良いとされている。

解説:キク科の2年草で、タビラコともいいます。円座をなして地面にへばりつくように、草むらや田のあぜ道などに自生しています。煎じて飲むとアトピー性皮膚炎によいとされています。

<ハコベラ>
切り傷、歯槽膿漏、痛み止めに良いといわれている。

解説: ナデシコ科の2年草で、ハコベともいいます。全国に分布しており、茎は蔓状に地をはって広がります。江戸時代にはハコベラをすりつぶして塩を加え歯に塗ると、虫歯の痛みに効くとして流行したそうです。

<スズナ>
利尿、便秘、鎮静作用などに良いといわれている。

解説:アブラナ科の1年草で、カブのこと。カブの根の部分が鈴がついたように見えることから、この名で呼ばれています。

<スズシロ>
消化促進、風邪の特効薬といわれている。

解説:アブラナ科の1年草で、ダイコンのこと。七草粥には大きく成長したダイコンではなく、小型のものを使います。風邪の諸症状や、胃のもたれ、胸やけに最適です。

<引用元 http://y-nanakusa.com/kounou.html

スポンサーリンク

七草を食べる理由

「無病息災」「長寿健康」を願うためです!

お正月のご馳走で疲れた胃腸を休め、青菜が不足しがちな時期に栄養を摂るためもあります。

「無病息災、長寿健康」には、栄養を摂ることは大切なので、利にかなってますね!やっぱり、先人の知恵は凄い‼

七草に込められた意味

  • 芹(セリ)→競り勝つ
  • 薺(ナズナ)→撫でて汚れを除く
  • 御行(ゴギョウ)→仏体
  • 繁縷(ハコベラ)→繁栄がはこびる
  • 仏の座(ホトケノザ)→仏の安座
  • 菘(スズナ)→神を呼ぶ鈴
  • 蘿蔔(スズシロ)→汚れのない清白
スポンサーリンク

七草粥お家レシピ

・七草粥基本の作り方
参考⇒ https://youtu.be/ddVCNHnFLa0

・離乳食後期から赤ちゃんの七草粥
参考⇒ https://youtu.be/D3TA1CrLkqI

・アレンジ七草粥 七草リゾット
参考⇒ https://youtu.be/WtWTb2FDsy0

美味しい七草粥を作れるのはこちら▼▼

→炊飯鍋 ごはん鍋 ご飯鍋 土鍋 炊飯土鍋 3合炊き”ごはんや讃”

↑とにかくコスパが最高!

この値段で本格的な土鍋ごはんが食べれるのは嬉しいですね。
「おこげ」も自由に作れます☆

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

七草粥を食べるのは、毎年1月7日に決まっているんですね!
七草粥の由来には深い意味があり、まとめてみると「今年一年の健康を願う!」という事がわかりました。

七草を食べる事で、冬に不足しがちな栄養が摂れる!なんて利にかなっていて、先人に拍手‼です。
色々な事を調べる機会がありますが、いつも先人の知恵の素晴らしさを実感するので、風習や昔からの言い伝えは子ども達にも伝えていきたいものです!

早速、わが家でも2018年の1月7日には、「七草粥」を無理やりでも(笑)食べさせまぁす☆

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です