ナンマドルとは?名前の意味や由来が面白い!

「我こそは…ナンマドル!!」

まるでドラクエに出てくる魔王のような言葉ですよね。

たまに耳にするけどナンマドルって一体どういう意味なのでしょうか?

調べてみると、なかなか面白いことが分かりました。

今回は、そんなナンマドルについて詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

ナンマドルって何?

まずはナンマドルとは?ですが、トップの写真で分かってしまったでしょうか、実は2017年に起きた台風3号に付けられた名前なのです。

アメリカで台風に女性の名前がつけられるのは有名で、ご存知の方も多いと思うのですが、日本ではいつもは台風1号、2号と数字で呼ばれていますよね。

この数字は毎年1月1日でリセットされて、一年間に何個の台風が観測されたかを知る目安にもなっています。

ではなぜナンマドルという名前がいきなり有名になったのか?というと、実は平成12年に始まったある決まりに沿った名前だったのです。(筆者は恥ずかしいことに存じておりませんでした…)

謎の組織、台風委員会と140個の名前

平成12年(2000年)から、この台風に名前をつける計画が始められて今日に至るのですが、これらのきっかけとなったのが、台風委員会です。

台風委員会は北西太平洋、南シナ海で発生する台風の防災に関する14カ国(日本含む)が加盟している政府間組織で、同じ台風を同じく共用するためのコードのような役割を果たすために台風の名前付けがおこなわれることとなりました。

その時に決められたのが、合計140個の名前たち。

加盟国が順々につけた140の名前を、1番目から順に台風につけていくというシステムです。(140個終えたら1番に戻ります)

例を挙げてみると以下のような感じ【】内は言葉の意味、()内は命名国。

1.ダムレイ【象】(カンボジア)
2.ハイクイ【イソギンチャク】(中国)
3.キロギー【雁】(北朝鮮)
4.カイタク【啓徳】(香港)
5.テンビン【てんびん座】(日本)
6.ボラヴェン【高原の名前】(ラオス)
7.サンバ【マカオの名所】(マカオ)
8.ジェラワット【淡水魚の名前】(マレーシア)
9.イーウィニャ【嵐の神】(ミクロネシア)
10.マリクシ【速い】(フィリピン)
11.ケーミー【蟻】(韓国)
12.プラピルーン【雨の神】(タイ)
13.マリア【女性の名前】(米国)
14.ソンティン【ベトナム神話の山の神】(ベトナム)

…というふうに140番まですでに決められています。

国柄が出るというか、不思議で面白いですね。

ちなみに日本が名づけた台風名はテンビン、ヤギ、ウサギ、カジキ、カンムリ、クジラ、コグマ、コンパス、トカゲ、ハト、と全部で10個、全て星座の名前で決めてあります。

スポンサーリンク

ナンマドルは何番目?名付け国は…

上記のように140まである名前たち。

この中で今回日本に甚大な被害を及ぼした台風3号、ナンマドルは実に、121番目の名前でした!

命名したのはミクロネシアで、その意味は有名な遺跡の名前から名づけたとのこと。

実在するナンマドル遺跡、実際にあるのはミクロネシア連邦のポンペイ島です。

長いあいだ無人島として退廃しているため、簡単に訪れることはできないのですが、神秘的な遺跡として、自然の中に埋もれている貴重な遺跡だそうです。

ナンマドルという言葉自体の意味は、「あいだの空間」だそうですよ。

陸と海のあいだ、天と地のあいだ、うーむ、奥深くミステリアスな雰囲気漂うネーミングを頂いた台風ですね。

スポンサーリンク

台風ナンマトルまとめ

今回は台風のネーミングについて、由来や名付けの決まりをご紹介しました。

台風委員会という14カ国の関わる組織も出てきましたね。

2017年は雨風、台風による被害も甚大で、災害続きの夏でした。

強力な台風の通過とともに有名になった台風の名前、今後あまりお目にかかりたくないものでもありますね。

少しずつ空気が秋に変わっていくこのごろ、自然災害に見舞われず安全に過ごせるお天気が続くよう祈るばかりです。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です