ネギの栄養成分を効率よく摂取する食べ方!白と緑の部分に違いはある?

ねぎ

毎日の料理に欠かせないネギ。

色んな用途に使えてとても便利ですよね。

子供の頃に「ネギは体に良いからきちんと食べなさい」とよく言われたことを思い出します。

でも、実際にどういったところが体に良いのでしょうか?

栄養を少しでも効果的に摂取するための料理の仕方など調べたいと思います。

スポンサーリンク

 

ネギの栄養成分とは

ネギには、ビタミンA・ビタミンC・βカロテン・カルシウムなどの栄養が含まれています。

また、臭いの素となるアリシンという物質は、ビタミンB1の吸収を助ける役割があります。

これらの成分の働きのおかげで、ネギを食べると疲労回復や肩こりに効果があります

糖質の代謝を促す効果もあり、新陳代謝がアップすることからダイエットにも良いと言われています

白と緑の部分で栄養の違いはあるのか

ネギには、白い部分と緑の部分がありますよね?

その部位によって栄養に違いはあるのでしょうか?

ネギの緑の部分の栄養

ネギの緑の部分は、βカロテンが豊富です。

他にも、カルシウム・葉酸・ビタミンK・カルウムなどが含まれています。

ネギの白い部分の栄養

ネギの白い部分は、アリシンが豊富でカルシウムやカリウムが含まれています。

栄養成分は緑の方が多く含まれています。

白い部分に多く含まれるアリシンは、辛み成分でもあります。

そのため薬味として使われることが多いです。

このアリシンは殺菌効果が強いので、昔から「風邪に効く」と言われていたのはこれが理由のようです。

しかしこのアリシン、胃粘膜を荒らしてしまうことも・・・そのため、一度に沢山食べるないようにしましょう。

スポンサーリンク

ネギの栄養を効率よく摂取する食べ方

先にご紹介したように、ネギの緑の部分と白の部分では含まれる栄養が違います。

より効果的に栄養を摂取したい場合は、部位によって料理の仕方を変えた方が良いでしょう

ネギの緑の部分に多く含まれるβカロテンは、脂溶性物質のため過熱によるロスが少ないです。

香りも良く、炒めものなどにすると最適です!

ただ、ビタミンなどは水溶性物質であるため、加熱すると失われてしまいます。

そのため、グツグツと煮込むのはオススメできません。

一番お勧めの組み合わせとしては、薬味として納豆と一緒に食べることです。

ネギの白い部分に多く含まれるアリシンは、納豆に含まれるビタミンの吸収を助けてくれます。

生で食べるので栄養が損なわれる心配もなく、納豆自体も栄養がとても豊富です。

スポンサーリンク

まとめ

ネギは栄養成分が豊富で、とても体に良いとわかりました。

ネギの緑の部分と白い部分とでは多く含まれる栄養素が違います。

加熱しても栄養素が失われないもの、加熱すると栄養素が失わるものなどの違いもあるため、料理によって使い分けるとより効果的に栄養素を摂取できるのではないでしょうか?

普段何気なく食べていたネギ。

とても体良いものなので、より美味しくより効果的に食べていきたいと思います。

生玉ねぎは美肌に効果絶大!加熱した場合の栄養の違いについても!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です