大切なぬいぐるみを洗濯してふわふわに戻す方法!一番痛まない洗い方は?

皆さんはぬいぐるみ、好きですか?

筆者は幼少期から非常にぬいぐるみLoveな子だったのですが、そのまま成長して今に至ります。(大事にしています!)

心を癒してくれるふわふわ柔らかで優しいぬいぐるみ達、本当に可愛くて大切にしたい存在ですよね。

さて、今回はそんな大切な友達、家族、ぬいぐるみたちをいつまでもふわふわで綺麗にしてあげられるお洗濯方法を伝授いたします!

よだれという名の愛に塗れたお子さんのお気に入りのぬいぐるみや、ホコリを被ってしまったご自身の思い出のぬいぐるみなど、ふわふわに戻してあげましょう!

スポンサーリンク

 

このぬいぐるみ、洗ってあげてもいいのかな?

洗ってあげよう!と思い立ったらまずするのは、タグの確認

タグには様々なマークが並んでいますが、水で濡らしてはいけないという表示があったら、迷わずクリーニング屋さんにお願いしましょう

お洗濯のプロですから、安心してお任せできますよ。

他にも、使っている素材によってはご自身で洗濯するよりもクリーニングに出したほうがよいものもあるので、しっかり確認してくださいね。


スポンサーリンク

ふわふわへの道のり

では、ここからは実践編です!洗い方を見ていきましょう!

①ぬいぐるみをブラッシングする

まずは、ぬいぐるみをブラッシングしてあげます。

大まかな汚れを落として、毛を絡みにくくする効果もあります。

つい忘れがちになってしまう行程ですが、これをやるのとやらないのとでは仕上がりのふわふわ感が全然違いますヨ!

②洗面器等に水を張り、洗剤を溶かす

次はいよいよお風呂タイム。

ここでは入浴剤のように、あらかじめ洗剤を溶かしておいてあげます。

まんべんなく溶かしきったら、ぬいぐるみをいれてあげましょう。

③優しくもみ洗い

ぬいぐるみを洗う時の基本は優しく、綿が偏らないように押し洗いをすること。

とくに汚れの気になるところなどは念入りに、指の腹などを使って綺麗にしてあげましょう。

シミなどの汚れには、未使用の歯ブラシも効果的ですよ。

ここで思った以上に汚れが出てきて、ぬいぐるみ達のお風呂の大切さを思い知ったりします…。(筆者だけでしょうか…)

④すすぎ、柔軟剤を投入

押し洗いが十分にできたら、汚れた水を捨てて、貯めた真水ですすぎます。

一度すすいだ水を捨てたら、次は真水に柔軟剤をいれてよく溶かします。

この柔軟剤こそ、ふわふわのポイント!

柔軟剤を溶かしたら、ぬいぐるみを5分ほど浸してあげます。

ひっくり返してさらに5分ほど、浸してあげます。

そのあとは、水を何度か換えながら、ぬるつきがなくなるまで押し洗いを繰り返します。

⑤脱水

しっかりすすぎができたら、ぬいぐるみを押して水を抜いていきます。(雑巾みたいに絞らないでネ…)

だいたいの水気が取れたところで、洗濯機の脱水コースにかけて十分に脱水させます。

⑥乾かす

機械での脱水を終えたら、ぬいぐるみさんも一休み。

次は手作業、ドライヤーで乾かしてあげましょう。

まるで美容師さんになったみたいで、筆者も子どもの頃はこの作業、ウキウキでした。

⑦仕上げ

ぬいぐるみさんが乾いたら、あとは仕上げです。

ここでまた大事な作業が、ブラッシング。

濡れたまま自然乾燥した繊維はごわごわしてしまいますので、しっかりブラッシングして、ふわふわに仕上げてあげましょう。

あとは真ん中まで乾くように、一日ほど陰干しをしてあげたら完成です。

スポンサーリンク

大事なポイントまとめ!

さて、今回は大事なぬいぐるみをふわふわにする方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ポイントをまとめると、こんな感じでしたね↓

  • はじめと最後にブラッシングしてあげる
  • 押し洗いで丁寧に汚れを出してあげる
  • すすぎで柔軟剤を入れる(しっかり浸す)

この他にも、おしゃれ着用の洗剤を使うのも、ふわふわに仕上げるのに有効ですよ☆

そして柔軟剤の使用が大切なポイントでしたが、くれぐれも洗剤と一緒に入れないように気をつけましょう。

お互いの成分が結合してしまい、洗濯効果も柔軟効果も弱まってしまいます。

洗い方に気をつけて、いつまでもふわふわのぬいぐるみさんを大事にしてあげたいものですね。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.