【お歳暮】自分か相手が喪中の時はどうする?のしの書き方やマナーについて

一年の感謝を伝える贈り物といえば、お歳暮ですよね。

ですが、自分や相手の方が喪中であった場合、お歳暮って贈っていいの?と悩まれる方も少なくないと思います。

年賀状は出せないけれど、お歳暮はどうなんだろう…?

そこで今回は気になる喪中のお歳暮マナーについて、のしの書き方、気をつけるべきポイントをご紹介します。

お歳暮マナーをしっかり押さえて、本年の感謝をお伝えしましょう!

スポンサーリンク

 

自分が喪中の時はどうする?

まず押さえておきたいポイント、自身が喪中である時にはどのように対応したらよいのでしょうか?

一切の祝い事を控えるべき喪中。

しかし、お歳暮に関しては祝い事ではなく感謝の気持ちを伝えるものなので、基本的には贈るのも頂くのも問題ないとされています。

ただし、注意ポイントがふたつあります。

①四十九日を迎える前は贈らないこと

②自分が喪中の場合で贈る時には、「のし」に気をつける

1番は、喪が明けていないのに贈りものを貰うことに良い印象を持たない方もいらっしゃるので、相手方を思っての配慮となります。

2番は、通常であれば紅白の水引を用いるところですが、喪中ですとふさわしくないため、無地の短冊や無地の奉書紙を使用すること(表書きはお歳暮と書いて問題ないです)がマナーとなります

自分は喪中、お歳暮が送られてきたら?

自身が喪中であるときにお歳暮が届いてしまった!と、この場合は受け取って問題ありません

基本的に、お歳暮は感謝の気持ちを表すものですから、相手方からの感謝の気持ちとしてそのまま受け取りましょう。

受け取った際には通常の時期と同じく、できるだけ早めにお礼状で感謝の気持ちをお伝えします

また、親しい親戚等であれば近況報告も兼ねて電話で感謝を伝えるのもいいですね。

お歳暮にお返しは不要とされていますが、お返ししたい場合は、贈ってかまいません。ただし先ほど述べたとおり、ここでものしには気をつけましょう。

スポンサーリンク

先方が喪中、お歳暮は送ってもいい?

続いて逆パターン、先方が喪中であった場合はどのように対応したらよいのでしょうか?

こちらも、お歳暮は感謝の気持ちを表すものなので、送ること自体は問題ありません

ですが、先ほどの自身が喪中の場合と同じく、のしに気をつけなければいけませんので、やはり紅白の水引は使わず、無地の短冊や無地の奉書紙に「お歳暮」と書いて贈ります

また、四十九日を過ぎていない間は、贈りものを控えることがマナーとなりますので、気をつけましょう。

過ぎてしまったら寒中見舞い

四十九日とお歳暮の時期がかぶってしまった場合には、年が明けてから「寒中お見舞い」として贈るのが良いでしょう。

寒中見舞いは1月7日(関西では1月15日)の松の内が明けてから、2月3日頃の立春までに先方に届くように贈るのがベストです。

相手を労わる気持ちも込めて、一筆お手紙を添えて贈られると喜ばれると思います。

この場合ののしも、無地の短冊または無地の奉書紙に「寒中お見舞い」または「寒中お伺い」としたためて贈りましょう。

お歳暮のシーズンに間に合わなかった!という時も、この寒中お見舞いで挨拶するのがマナーとして重要です。

くれぐれも年越し後に「お歳暮」が届くことのないよう、早めの検討をおすすめします。

参考→お歳暮を送る時期はいつからいつまで?相手別の金額相場とおすすめ商品は?

スポンサーリンク

喪中のお歳暮マナーまとめ

お祝いごとではなく、日頃の感謝を伝えるお歳暮。

年賀状と混同してしまいがちですが、基本的には四十九日を過ぎていれば贈ることに問題はありませんでしたね。

また、のしの書き方には注意が必要でした。

難しく考えなくとも、上記の基本的なマナーを押さえ、あとは贈る先方の姿を思い浮かべ、何が喜んでもらえるだろうかと考えて贈り物をする心が大切だと思います。

また、故人宛の贈り物は身内の方々に悲しい思いをさせてしまうこともあるので、控えた方が良いでしょう。

一年の感謝の気持ちを伝えるお歳暮という風習、少しのマナーをしっかり押さえて、これからも大切にしていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください