子供が嘔吐!処理と消毒の手順を分かりやすく解説

子供が嘔吐してしまったとき、場合によっては菌やウイルスが身体の中で悪さをして感染性の胃腸炎になってしまった可能性があります。

ロタウイルスやノロウイルス、アデノウイルスなどが原因になる事が多いですが、とても激しい嘔吐や下痢の症状が見られるのが特徴で、発熱も伴います。

嘔吐物に含まれたウイルスで家族や周囲の人が感染することがありますので、しっかりと処理をして消毒をすることが大切になります。

私も以前子供の感染性胃腸炎がうつってしまい、かなり辛い思いをしました。もう2度とあんな思いをしたくないですし、他の人にも感染してほしくないと思っています。

そこで今回は、子供が嘔吐をしたときの嘔吐物の処理の方法と、正しい消毒方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

子供が嘔吐したときの処理方法

子供が嘔吐してしまった場合、嘔吐物の中に菌やウイルスが含まれている可能性があります。

正しい処理の方法を知って、二次感染を予防しましょう。

正しい嘔吐物の処理方法

 

1)使い捨てのゴム手袋2枚重ねて装着し、マスクも必ず着用する。靴カバーがあればそれを装着し、ない場合はスリッパなどを履く。

 

2)菌やウイルスが空気中に飛散してしまうのを防ぐために、嘔吐物を素早く新聞やペーパータオルなどで覆う。

 

3)嘔吐物と同じ分量の0.1%の塩素系漂白剤を静かに上からかける。

 

4)嘔吐物が広がるのを防ぐために、新しいペーパータオルで外側から嘔吐物を除去していく。

 

5)ビニール袋に0.1%に薄めた塩素系漂白剤を入れて置き、その中に拭き取ったペーパータオルや新聞紙を入れる。同様に上に装着していたゴム手袋も入れる。

 

上記の手順で嘔吐物を除去していきましょう。続いて消毒方法をご紹介します。


スポンサーリンク

嘔吐物を除去した後の消毒方法は?

嘔吐物を綺麗にした後は、その場所をしっかりと消毒することも大切になります。

正しい手順を知ってきちんと消毒を行いましょう。

嘔吐物を除去した後の消毒方法

 

1)嘔吐物があった部分の床に綺麗なペーパータオルを引いて、その上から0.1%に薄めた塩素系漂白剤をかけ、10分程度浸しておく。

 

2)床の汚れを広げないようにペーパータオルで拭き取る。この時、スリッパの裏側もしっかりと消毒しましょう。

 

3)拭き取った後は綺麗に水拭きをする。

 

4)嘔吐物が入っているビニール袋の中に、処理で出た全てのゴミを入れ、使い終わったゴム手袋も入れる。さらにそれをもう一枚のビニール袋に入れてしっかりと袋の口を閉じる。

 

5)手を綺麗に洗い、窓を開けて部屋の換気を行って空気中に浮遊している菌やウイルスを外に出す。

 

上記の手順できちんと消毒をして二次感染を予防しましょう。

スポンサーリンク

処理を行う時に必要な道具は?

嘔吐物の処理を行う時は、使い捨ての道具を使って行うと良いです。

菌やウイルスがほかの場所についてしまうと、それが原因で誰かに感染してしまう可能性があるため、使う道具は捨てることが出来るものにしましょう。

洗って繰り返し使えるモップなどを使用する場合は、洗ったとの道具は必ず外に干すようにしてください。

ウイルスが室内に飛散するのを防ぐためにも、外に干すことが大切です。

処理に必要な道具

 

  • 使い捨てのゴム手袋2~3双
  • 新聞紙 ・ペーパータオル20枚~30枚程度
  • 大きめのゴミ袋2枚
  • マスク ・エプロン(ビニール製の物なら尚良い)
  • 0.1%に薄めた塩素系漂白剤

 

《塩素系漂白剤の作り方》

市販の塩素系漂白剤を水500mlが入ったペットボトルの中にペットボトルのキャップ1杯(5cc)入れます。これで0.1%に薄めた塩素系漂白剤の出来上がりです。

作り置きはせず、使い終わったらすぐに捨てましょう。誤飲しないように注意して下さい。

 

衣服やカーペットに嘔吐物が付着した場合の処理・消毒方法

衣服やカーペットに嘔吐物が付着してしまったときは、上記でご紹介した手順で処理を行い、0.02%に薄めた塩素系漂白剤を使って消毒をしてください。

消毒液に浸せるものは1時間程度付浸け置きしておくと良いです。

その後にお洗濯をしましょう。

お洗濯ができないものは、85度以上の熱湯やスチームアイロンなどで熱消毒をしてください。

この時、85度を1分以上保つことが重要になります。

スポンサーリンク

まとめ

  • 嘔吐物の中には菌やウイルスが含まれている可能性があるので正しい方法で処理を行う
  • 嘔吐物の処理を行った後はしっかりと消毒をして部屋の換気を行う
  • 処理した嘔吐物や消毒に使ったペーパータオルなどはビニール袋に入れて密閉して捨てる
  • 処理をした後は手を綺麗に洗って二次感染を予防する
  • 衣類やカーペットに嘔吐物が付着した場合は塩素系漂白剤で消毒をして85度以上の温度で熱処理を行う

子供が嘔吐してしまったときは正しい手順できちんと嘔吐物を処理しましょう。

嘔吐物には菌やウイルスが含まれている可能性があり、そこから二次感染を引き起こしてしまうこともあります。

処理をするときはゴム手袋やマスクなどを着用し、自分も感染しないように気を付けてください。

薄めた塩素系漂白剤を使って消毒を行うことが効果的です。

自宅でも簡単に作ることが出来ますので、嘔吐物の処理の時に役立てましょう。

くれぐれも直接触ることはせず、処理した後のゴミの始末にも細心の注意を払いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です