履歴書の学歴はどこから書く?新卒・転職・パート・バイト別に解説

履歴書を書く時に、「学歴ってどこから書くんだろう?」と戸惑った事がありませんか?

履歴書といっても使う場面によって、少し書く内容が変わってきたりするので迷いますよね

そこで今回は、新卒・転職・パート・バイト別に学歴の書き方を解説したいと思います。

あなたの顔とも言える「履歴書」の、どこに出しても恥ずかしくない書き方を詳しくお伝えしますので、ぜひ最後までお読み下さいね!

スポンサーリンク

 

履歴書の学歴の書き方!どこから書くのか?

まずは、状況別による目安をザッとまとめます。

読む時間がない方はこちらを参考にしてください。

状況 学歴の書き始め
新卒 中学校の卒業時から記入
転職 高校の卒業時から記入
パート 中学校の卒業時から記入
バイト(高校生) 小学校卒業時から記入
バイト(大学生) 中学校卒業時から記入
バイト(社会人)  最終学歴のひとつ手前から記入(例:高卒の場合は中学校卒業時から)

 

学歴の書き方の具体例

具体的な書き方は以下の画像を参考にしてみましょう。

引用元:マイナビ転職

 

まず、一行目の中央に「学歴」と記載します。
『学』と『歴』の間に1文字分スペースを空けておくとバランスよく見えます。 
二行目から実際の学歴を記入します。

学歴の年号は、履歴書の記入日・生年月日・学歴と合わせれば、西暦でも元号でもどちらでも大丈夫です。高校以降の学歴には入学年月も記入します。

高校は、省略せず「高等学校」と記入し、私立の場合は「私立」の文字も記入します。 
最後は「以上」で締めることを忘れないように!

学歴の記載事項がわかった所で、次は基本的な記載事項を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

履歴書の基本記載事項と注意する点

日付
郵送の場合は投函日、面接で手渡しする場合は当日の日付を記入します。
履歴書全体で、元号又は西暦で統一します。

氏名
「ふりがな」は、ひらがなで、「フリガナ」は、カタカナで書きます。
氏名の横などに押印箇所がある場合は押印が必要です(ない場合は不要です)。押印忘れがないように注意しましょう。

生年月日
満年齢を間違えないように記入して下さい。

現住所
都道府県から記入し、マンション名も略さずに記入します。「丁目、番、号」を用いて記入します。

写真
サイズは履歴書に記載されているサイズに合わせます。大きすぎたり小さすぎるのはNGです。
はがれた場合に備えて、写真の裏に氏名・学校名を記入します。
履歴書を書き損じることもあるので、写真は最後に貼る方が良いです。
貼るときは両面テープがおすすめです。水のりだと用紙がふやけてしまい、スティックのりは粘着力が弱いことがあります。

電話
必ず連絡の取れる電話番号を記入します。
自宅の電話もある場合は、携帯電話と両方記入しておく方が良いです。

メールアドレス
メールアドレスを記入する欄がある場合は、企業から書類などの添付ファイルが送付されることも考え、携帯電話のアドレスではなく、PCのアドレスを記入します。
社会人としてふさわしいメールアドレスを記入する方が好印象です。氏名と数字の組み合わせなどが無難です。

これは、どの履歴書にも共通する常識的な事なので覚えておくと、ずっと役に立ちます。
続いて、それぞれの履歴書でPRすべき大切なポイントと注意点をお伝えします!

スポンサーリンク

新卒の場合の履歴書PRポイントと注意点

新卒採用の場合、アルバイトは職歴には含まれないため、一般的な大学生(正社員での就職経験がない)の場合、職歴は「なし」と記入します。

Point1)趣味・特技・資格・免許

資格は正式名称で記入します。

【例】「FP」→「ファイナンシャル・プランニング技能士」「英検」→「実用英語技能検定」など…取得年月も記入します。

学力や語学のPRにならない資格、仕事と全く関連しない資格は記入しない方がよいです。また、資格のレベルにも注意が必要です。「英検3級」(中学レベル)など評価されないレベルの資格は書かない方がよいです。
現在勉強中のものを記入するのもOKです。

「趣味・特技」は、一見さほど重要でない項目のように思いますが、これも立派な自己PR要素です。
一つのことに集中し継続して行う力をアピールできる、仕事に活かせる特技をアピールできる、面接官に会話のきっかけを提供することでコミュニケーションを図れる…など意外性や多面性をアピールでき、採用担当者に大きく印象づける事ができます。

Point2)学業以外の取り組み(部活・サークルなど)

部活、サークル、アルバイト、ボランティア活動などを記入します。
どのような努力をしたか、どのように苦労を乗り越えたか、何を学んだかを書きます。
過大に自分を誇示しないように気をつけましょう。遊びやレジャーの要素が強い内容での取り組みを誇示しても高評価にはつながりません。

Point3)自己PR

履歴書では、どの項目も自己PRの要素を入れて書く必要がありますが、自己PR欄がある場合は、最もPRをしたいことをこの項目に記入します。
必ず、どのように仕事に生かせるかを関連付けて書くことが大切です。

Point4)志望動機

志望動機の欄に何を書くかで、企業研究をどこまでしっかりと行ったかがわかります。
企業のホームページや説明会で感じたことだけでなく、新聞・ニュースで調べたことや、企業の商品・サービスを利用して感じたこと、OB・OG訪問のエピソードなどを用いて、なおかつ自分自身とのつながりを語れると説得力が増します。
「企業理念に共感した」「御社に魅力を感じた」など通り一遍の志望動機では採用担当者の心を動かすことはできません。自分自身と企業のつながりを語り、自分ならではの志望動機を述べることが大事です。

まず、自己分析と企業リサーチをしっかりして「企業の中で生かせる自分」をアピールする事が大切ですね!

スポンサーリンク

転職の場合の履歴書PRポイントと注意点

Point1)職歴

転職では職歴が最も重要なポイントです。
採用担当者にとって、即戦力となり得る人材かどうかを判断する最初の材料が職歴です。会社名、業種、従業員数などを記入した上で、自身の職務内容を詳しく記入して下さい。
応募者のキャリアがイメージできる内容であることが望ましいです。

・退職理由は「一身上の都合により~」と書くのが一般的です。

・未経験職種に応募する場合には、経験職種と応募職種との関連性を見つけ、応募職種でも過去の経験が生かせることをアピールできるようにした方が好印象です。

・転職回数が多いと印象はあまり良くありません。しかし、途中の会社を省略して後から判明すれば、経歴詐称とみなされて解雇の原因になりますので、短期間であっても正社員として勤めた会社は記入して下さい。職務内容に継続性があることや、会社の規模などを書いて転職がステップアップにつながっていることをアピールしましょう。

Point2)免許・資格

免許や資格が多くても有利ではありませんので、企業が求めている職種(スキル)に合った免許や資格を記入します。

Point3)志望動機

事業内容・職種内容を理解した上で応募しているかが重要です。
履歴書では、職歴と同じくらい志望動機は重要ですので、志望企業の事業内容や職務内容を十分に理解した上で、「自分の職務経験を生かし、どんな仕事をしたいのか」といった内容を伝える事が大切です。
文章はスペースの9割は埋まるように、熱意を伝えて下さい。

やはり、転職の場合も企業リサーチが大切で、その中で「職務経験をどれだけ生かせるか」をアピールする事が大切ですね!

スポンサーリンク

パート・アルバイトの場合の履歴書PRポイントと注意点

Point1)職歴

パート・アルバイトの場合も転職の場合と同様に、職歴が重要なポイントになります。

高校在学中の場合などは、バイトデビューという事もありますが、これまで経験した職歴は全て記入しましょう。社会経験が多い方が、好印象になります。(極端に短期で辞めて勤めてを繰り返すのは、長続きしない!と、悪い印象にとられます。)

専業主婦の期間が長かった場合、職歴の数が少なくなりますが、学歴・職歴欄があまりにもスカスカよりも、ある程度の文字数で書いた方がしっかりと作成された履歴書だと受け取られます。

職歴の内容を具体的に記入したり、履歴書を購入する時に職歴欄の行数が少ないものを選んでみるなど、工夫して余白行を減らしましょう。

Point2)志望動機

パート・バイトの場合の志望動機は、正社員と違ってどこまで熱意を持つのか難しい所ですが、会社側から好まれる志望動機ランキングは次のようになっています。

1位:自分の経験を活かせる。経験者です。
2位:未経験だけど前からやってみたかった。興味がある。好き。
3位:近い。シフトが自分にあう。仕事が簡単。
4位:時給が高い。勤務時間も長い。だからお金が稼げる!

パートで、専業主婦の期間が長かった場合、空白期間は専業主婦をしていたことを必ず志望動機欄に記入しましょう。

パート・バイトの場合は、仕事に対するスキルよりも人柄を重視する会社が多いと聞きますので、「この人なら…」「この子なら…」と思えるような人柄が伺えるエピソードを盛り込んでおくとアピールになります!

履歴書の解説まとめ

さて、参考になりましたでしょうか?

どのような場面の履歴書でも、まず履歴書で第一印象が決められてしまうと言っても過言ではないので、企業リサーチをしっかりした上で好印象な履歴書を作成して、採用へ向かってスタートして下さいね!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください