白湯はレンジで作っても意味ない?ウォーターサーバーは?

健康のために飲んでいるという人も多いであろう白湯ですが、レンジで作ったら意味がないのでしょうか?

白湯って水を沸かしただけのただのお湯ですが、寝起きなどに飲むと健康的な効果が得られるということで習慣的に飲んでいるという人も多いです。

ですが、毎朝水を沸かすのは手間が掛かるので手を抜きたくなるところ。

ですがやり方を変えて効果が無くなってしまうのであれば意味がありませんよね。

ということで今回は、

・レンジを使って作った白湯は意味がないの?
・ウォーターサーバーで作られたお湯を飲んだ場合どんな効果があるの?
・白湯を効果的に飲むにはどうすればいいの?

ということについてご紹介していきたいと思います。

白湯はレンジで作っても意味ない?

毎朝寝起きに健康のために白湯を飲むことを習慣としているという人は多いと思います。

ですが、朝の忙しいときにいちいちやかんでお湯を沸かすというのは結構な手間ではありませんか?

できればレンジで簡単に白湯を作りたいところですが、この方法だとなんとなく効果が無さそうな気がしてやったことないという人も多いかもしれません。

ですが、大丈夫です!

白湯はレンジで作ってもその効果はちゃんと得られるんです。

白湯についてネットで調べてみても、「白湯を簡単に作る方法」としてレンジを用いた方法がたくさん紹介されていることからも、レンジで白湯を作っても効果が無くなるということはないということが分かります。

レンジでの白湯の作り方は、

①マグカップに水を入れ、500wで1分半くらい温める
②時間をかけてゆっくり飲む

たったこれだけです。

500wで1分半とご紹介していますがこれはあくまでも目安であって、あなたが飲みやすいと感じる温度に微調整すればいいです。

また、白湯を飲んでいる途中で冷めきってしまったとしても再度温めるということはしてはいけません。

白湯を温め直すという行為を繰り返すことで、白湯としての効果が薄れていくとされているからです。

レンジでも白湯が作れると分かれば、これまで忙しさを理由に諦めていた人でも白湯を飲む習慣を今後積極的に取り入れられるようになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ウォーターサーバーのお湯で作った場合の効果は?

白湯を作るとき、普通は水道水をポットで沸かすという方法を取っている人の方が多いのではないかと思います。

ですが、自宅にウォーターサーバーを設置している人からすれば、そこから出せるお湯を使った方が手間も時間も掛からずに白湯を飲むことができるのでいいですよね。

結論から申せば、ウォーターサーバーのお湯を白湯として飲んでも構いません。

むしろ、ウォーターサーバーのお湯の方がおすすめできます。

水道水をポットで沸かす意味としては、暖めるという目的以外に殺菌するということと含まれています。

ですが、ウォーターサーバーの水自体は水道水と違って安心安全な水質が保たれています。

また、水道水特有のカルキや塩素が気になるという人も多いと思うのですが、ウォーターサーバーのお湯ならそれを心配する必要もありません。

ですから、ご自宅にウォーターサーバーがあるのであれば、そのお湯を是非ともどんどん活用してもらいたいです。

もちろん、浄水器から出てきた水を使うのも問題ありませんし、こちらも水道水と比べれば白湯として使う水にはおすすめです。

状態にから出した水をレンジで温めれば、簡単に安心できる白湯が作れますよね。

スポンサーリンク

白湯の効果的な飲み方

白湯はただ飲めばいいというわけではなく、ちゃんと効果的な飲み方というのがあります。

飲むタイミングについても注目していきましょう。

《朝
白湯を寝起きに飲むという人は多いと思うのですが、朝に飲めばそれでいいというわけではありません。

コップ一杯の白湯は10~20分ほどかけて飲むのがベストとされています。

また、朝食を食べ始める30分前くらいまでに飲み終えるようにすると朝食を食べる頃には消化機能が活発になっているので、栄養素をしっかり消化してくれるようになるのです。

《夜》
夜寝る前に白湯を飲むのもおすすめできます。

50度くらいに温めた白湯を時間をかけて寝る前に飲むことでリラックス効果を得ることができ、寝付きもよくなるんです。

【まとめ】白湯はウォーターサーバーのお湯を使うのがおすすめ!

白湯って、べつに水道水をポットで一から沸かして作るということにこだわらなくてもいいんですね!

・レンジで作った白湯でもちゃんと効果は得られる!
・ウォーターサーバーのお湯で作った白湯は安心安全なので、むしろ水道水よりもおすすめできる
・白湯は朝食を食べ始める30分前までに飲むと効果的!

レンジで作っても問題ないのであれば、毎朝忙しい人でもハードルが高くなく始められそうですよね。