節分の由来とは?豆まきやいわしの意味を子供でも分かるように解説

毎年2月3日に行われる行事の節分。

「鬼は外!福は内!」と言って鬼に向かって豆をぶつけるという、昔からある日本の風習ですよね!

我が家でも節分には毎年子供たちが先頭に立って、鬼を退治するために豆まきを行っています。

でも、どうして節分に豆まきをするようになったのか、ちゃんとわかっていない人の方が多いのではないでしょうか。

「家の中の鬼を追い出して服を呼び込むためでしょ?」ということはわかっていても、その由来についてしっかりと説明できる人は少ないかもしれませんね。

節分の由来は一体何なのでしょうか。豆まきやいわしの意味について、小さいお子さんでも分かりやすいように解説します!

スポンサーリンク

 

節分の由来は何?

2月3日は節分です。

実は節分は2月だけではなく、「立春(春)・立夏(夏)・立秋(秋)・立冬(冬)」の4つの季節にあるものなのです。

この季節の節目の前の日のことを「節分」といいます。

でも豆まきをするのは立春の前の日だけで、他の節分の時には豆まきをしません。

昔、立春は一年の始まりの日といわれていました。

このために立春の前の日の節分にだけ豆まきをして、新しくやってくる1年を福でいっぱいにして迎えることが出来るように、2月の節分に豆まきをして鬼を退治するという習慣が出来たのです。

昔は「病気や悪い出来事が起きるのは鬼の仕業だ」と考えられていて、季節の節目には家の中に悪いものが入りやすいと思われていたため、鬼を追い払って家の中に「福」を呼び込むために豆をまくようになりました。

元々は中国から伝わったもので、中国で悪い病気や鬼を退治する意味で行われていた儀式が日本で疫病が流行したときに行われ、室町時代に今のようなスタイルの節分になりました。

スポンサーリンク

節分に豆まきをするのはどうして?

豆には悪いものを退治できる力があると言われていたため、節分に豆まきをして鬼を退治し、家の中に福を呼び込むように豆まきをするようになりました。

他にも「豆」のことを魔物の目の「魔目」に投げてやっつける「魔(ま)を滅(め)する」という意味で豆が使われるようになったとも言われています。

豆には強い力が宿っていると考えられていたため、節分に豆まきをして悪いものを退治するようになったのですね!

歳の数だけ豆を食べるのはどうして?

節分には、「歳の数だけ豆を食べる」という習慣もあります。

これはどうしてかというと、「豆を食べることで福を呼び込む」という意味があるからです。

豆には福を呼び込むパワーがあると考えられているため、このパワーを分けてもらって福を呼び込もうという意味で豆を食べます。

自分の歳の数だけ豆を食べるようになりますが、これは自分の年齢と同じ数の豆を食べて体に福を呼び込むという意味があります。

地域によっては歳の数よりも1つ多く豆を食べるところもありますが、これには来年の分の福も願うという意味があります。

スポンサーリンク

鬼は「いわし」が嫌いなの?

鬼は煙が苦手だと言われています。

このため、鬼を追い払うために煙をたくさん出す必要があり、たくさん脂がのっているいわしを焼くことで煙を出して鬼を追い払うことが出来ると考えられています

脂がのっている魚なら何でもいいのでは?と思う人もいるでしょうが、いわしはどの地方でも1年中獲れる魚で、さらに値段も安いためにいわしを焼いて鬼を追い払うようになりました。

だから鬼はいわしが嫌いだと言われているのですね!

鬼は柊も嫌い!

いわしと同じように、鬼が嫌いなものに「柊」があります。

柊の葉っぱはとっても硬くて棘があるため、鬼の目を刺すので柊が嫌いだと言われています。

いわしと柊を使って「柊いわし」というものを作って、玄関や門に飾ると鬼を退治出来るという言い伝えもありますよ!

「柊いわし」は、焼いたいわしの頭を柊の枝に刺したもので、これを飾ることで鬼を家の中に寄せ付けないようにすることが出来ます。

いわしの身体の部分は美味しく食べることが出来るので、節分にいわしを食べるという習慣が出来ました。

スポンサーリンク

恵方巻を食べると願い事が叶うの?

節分には恵方巻を食べるという風習もあります。

恵方巻は、節分に縁起の良い方向の「恵方」の方角を向いて食べる太巻きのお寿司になり、もともとは大阪を中心に食べられていました。

毎年の干支によって恵方は違いますが、良いと言われる方角を向いて無言のままお願い事をしながら太巻きを食べることで願い事が叶うと言われています。

恵方巻を切らずに1本食べきる理由は「縁を切らないため」で、無言で食べる理由は「口から福が逃げてしまわないように」という意味があります。

まとめ

  • 昔は立春が1年の始まりと考えられていたため、2月3日の節分に豆まきをして福を呼び込むようになった
  • 豆には悪いものを退治出来る力があると考えられているため、豆まきをして鬼や病気を退治するという意味がある
  • 歳の数(歳の数プラス1つ)だけ豆を食べることで体にも福を呼び込むことが出来る
  • いわしを焼くことで煙をたくさん出すことが出来るため、煙が嫌いな鬼を退治することが出来る
  • 鬼は柊の葉っぱも嫌いなので、いわしの頭と柊をつかった「柊いわし」を作って玄関の飾ると鬼を寄せ付けない
  • その年の恵方を向き、願い事をしながら太巻きを1本食べきることで願いが叶うと言われている

節分は季節の節目のことを言い、昔は立春が1年の始まりと考えられていました。

このため、1年が始まる前の日の節分に、悪いものを追い払う力がある豆をまくことで、1年の幸せや健康を祈っていました。

1年が始まるときに豆をまいて鬼や悪いものをやっつけることで、1年を幸せに過ごせるように願うために出来た風習です。

家族の健康や幸せを願って、2月3日は豆まきをしましょう。そして、自分の歳の数だけ豆を食べて、1年を元気で幸せに過ごせると良いですね!

お子さんと一緒に豆まきをしながら、昔からある日本の風習について話してあげてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください