年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

七味唐辛子に大麻の種が入ってる?七味の中身を確かめてみた!

お味噌汁や牛丼、その他様々な和食に掛けて味のアクセントを楽しめる七味唐辛子。

七種の薬味や香辛料が入っており、ただ辛いだけでなく味に深みがあるのが七味唐辛子の魅力・特徴ではないでしょうか。

そんな七味唐辛子の材料のなかには、なんと大麻の種が入っているということらしいのです。

大麻と言えば、日本では違法薬物です。

そんなものが七味唐辛子に…!?

少々信じがたい話なのですが、事実なのでしょうか。

ということで今回は、

・七味唐辛子の材料には大麻の種が含まれているって本当なの?
・そもそも七味唐辛子の材料にはなにが使われているの?
・大麻の種が入っていない七味唐辛子も存在するのか?

ということについてごしょうかいしていきたいと思います。

七味唐辛子には大麻の種「麻の実」が入っていた!

「大麻」と聞けば、多くの人が禁止薬物・違法薬物といったネガティブなイメージを想像すると思います。

その大麻の種が、なんと七味唐辛子の材料のなかに含まれているというから驚きです。

大麻の種の正式名称を、「麻の実」と言います。

この麻の実は昔から食用として扱われてきていました。

また、麻の実は油分を多く含んでいるので、麻の実油としても料理に使われることがあります。

この麻の実油は食用以外には、ペンキや石鹸の原料にも含まれているのです。

麻の実ってなんにでも使える、結構万能な種なのですね!

生の状態で食べても香味は感じられないのですが、火を加えると砕いた途端に温和な芳香を発するのです。

スポンサーリンク

そもそも七味の中身には何が入ってる?

大麻の種と聞いて驚きましたが、七味唐辛子の材料として使われている麻の実は昔から食べられていたと聞いて安心しました。

七味唐辛子はその字面からも分かるように、材料には七つの薬味や香辛料が使われているわけですが、では麻の実以外にはどのようなものが使われているのでしょうか。

麻の実以外の材料は以下の通りになります。

○唐辛子
○山椒
○黒ごま

 

▽けしの実
▽青のり
▽生姜

基本的にはどの材料も、私たちにとって馴染みのあるものばかりです。

上記で挙げた材料は一般的な七味唐辛子に含まれる薬味や香辛料になるのですが、その内容はお店や作り手によって一部異なることもあります。

“○”で表記した材料に関してはほとんど異なることはないのですが、“▽”で表記した材料に関しては他の材料で代用されることもあります。

上記に挙げた材料以外だと、

▽陳皮
▽紫蘇

があります。

陳皮は、ミカンの皮のことを言います。

スポンサーリンク

麻の実なしの七味も売ってる?

では、麻の実が入っていない七味唐辛子というのは存在するのでしょうか。

先ほど、唐辛子・山椒・黒ごまは基本的にはどの七味唐辛子にも共通して使われている材料であるとご説明しました。

実は麻の実もそのなかに含まれているのです。

ですからほとんどの七味唐辛子には麻の実は含まれており、逆に麻の実が含まれていない七味唐辛子を探し出すのはなかなか難しいと思われます。

それほど、麻の実は七味唐辛子で重要な役割を果たしているということなのです。

【まとめ】七味唐辛子に含まれる麻の実は重要な存在だった!

大麻は私たちにとって危険なものではありますが、その種である麻の実はまったく害はないので安心してくださいね。

・七味唐辛子の材料として含まれている大麻の種のことを「麻の実」と言う
・七味唐辛子には唐辛子、山椒、黒ごま、けしの実、青のり、生姜が使われているのが基本で、場合によっては陳皮や紫蘇が入っているものもある
・麻の実が入っていない七味唐辛子はほぼ存在しないと思われる

お店によって七味唐辛子に使われる材料が違うということなので、いろんなお店の七味唐辛子を集めてみるのも面白いかもしれませんね!