しめじの白いふわふわはカビ?これって食べたら危険なの?

「しめじって、冷蔵庫に入れてても白いカビみたいのでるよね、何で?」
「そうそう、日が経つとしめじの傘につくあれでしょ、カビだと思って捨ててたよ。」

珍しくない主婦の会話です。

私も冷蔵庫にしばらく放置していたしめじにつく白いふわふわ、カビだと思って捨てていた記憶があります。

でも洗えば取れるので、もったいない精神が働き、料理に使ったこともあるんです…。

今回は、しめじに付く白いふわふわの正体に迫ってみましょう!

長年の疑問が解決することを期待して。

しめじの白いふわふわはカビ?

結論からいうと、カビではありません!

見た目がカビに似ているため、思い込みで捨ててしまう人が多いと思います。

実はこれ、キノコの一部の「気中菌糸(きちゅうきんし)」というもので、体に害はありません。

カビの形状とよく似ているので、勘違いしてしまうこともあるでしょう。

カビはしめじにもつくことがありますが、たいてい緑色をしていて気中菌糸の形状で茎や根元に出ることが多いようです。

緑色のカビは、食べると嘔吐や下痢を引き起こすことがあるので、それらしきものを見つけたら株ごと処分しましょう。

また、まれに生育過程で藻が付着することがあり、そのまま出荷され、消費者に勘違いされることもよくあると報告があるほどです。

購入して間もないときは、購入店舗に持って行って聞いてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

白いふわふわは食べたら危険?

白いふわふわって、結局キノコなので食べる分に問題はありません。

危険か安全かでいえば、同じキノコなので安全に食べられます。

気中菌糸は本来なら土や木材や落ち葉などから栄養を摂るのですが、子実体(しめじ本体)の栄養をもとにして菌糸が成長することもあります。

そして成長した菌糸が子孫を残そうと胞子を蒔くために生やすのが、子実体(しめじ本体)。

でもせっかく胞子をまくためにしめじが伸びても、何らかの原因でまくのを止めたときにしめじの傘や茎にとどまり、栄養を摂りながら群生するのが気中菌糸なのです。

気中菌糸って、意外と自分勝手なんですね。

しめじのパックは穴が開いているものもありますが、できれば密閉されたものを買うと気中菌糸も生えずらいのです。

冷蔵庫の温度の変化でも生えやすくなるので、しめじを入れたり出したりするのを避け、買って来たら小分けにして保存しておくのもいいでしょう。

スポンサーリンク

白いふわふわの取り方

危険もないので食べてもいいとはいえ、なんか抵抗ありますよね。

そんなときは気中菌糸を取り除いて食べましょう。

取り除かなくても調理することで消えますが、気になる場合は湿らせたキッチンペーパーで気中菌糸をやさしく拭くと簡単に取ることができます。

または調理の直前にさっと水で流してもきれいになるので、気にしないで調理ができます。

中には、気になりだしたら徹底的に落とすというケースもあるかと思いますが、しめじに限らず菌類(えのきだけやエリンギなど)には付きものの気中菌糸です。

決して強く擦ったり、水に浸けたままにしないことがキノコを傷めないコツです。

水に浸けても落ちるのですが、あまり時間が長すぎるとしんなりして風味が落ちてしまいますので本当にこれでいいの?というくらいサッと流すか、拭く程度で構いません。

スポンサーリンク

しめじの白いふわふわは、実はキノコだった!

衝撃の事実でした!

てっきりカビだろうと思っていた白いふわふわの正体が、同じキノコだったとは…。

しかも安全に食べられる、しめじにつく白いふわふわの気中菌糸についてまとめました。

※ふわふわが白の時は気中菌糸で緑の時がカビ
ちゃんと名前がありました。
白いふわふわは「気中菌糸」といわれるキノコの仲間です。菌類である以上は避けられない、生育上必要な現象で現れるという不思議なキノコの一部ですね。
一方、カビは緑色をしています。その色が濃いほど、毒性も高く下痢などの症状が出るので、見つけたらその部分を取るだけでなく全部を処分したほうがいいです。

※心配なら取り除いて食べる
しめじに限らず、えのきだけやエリンギにも同じように白いふわふわが付く場合もあります。
カビではないので安心して食べられますが、見た目あまりよくないので、気になるときは濡らしたキッチンペーパーでやさしく拭き取れば落ちます。
温度差で出現することが多いので、冷蔵庫から出したりしまったりするよりは1回で使う量ごとに小分けして早めに使い切った方がいいですね。