太陽風が人体に及ぼす影響!電子機器や飛行機への被害はあるのか?

たまに聞くけどよく分からない太陽風。

目に見えないだけに、人体や電子機器への影響が気になる人も多いでしょう。

また、飛行機への被害もあるなんて噂もありますが本当なのでしょうか?

今回はそんな太陽風の疑問について詳しく見ていきましょう!

明日友達と話すネタになるかもしれませんよ^^

スポンサーリンク

 

太陽風とは?

そもそも太陽風とは何なのか、みなさんはご存知でしょうか?(著者はいまいち理解していませんでした…)

太陽風とは、少し前に話題となった太陽フレアとは別のもので、1秒間に数百kmというものすごいスピードで今この瞬間にも放出されている、太陽から吹き出した粒子(プラズマ)のこと。

太陽が非常に高温のため、その高温によって電離した粒子(荷電粒子)が太陽系の様々な星の磁場に影響を与えています。

もちろん地球もその影響を受けている惑星のひとつ。

地球はそれ自体が大きな磁石とも言われるくらいの、大きな磁場の流れをもっており、目で見ることはできませんが、この磁場によって地球が包まれているような形に流れているために太陽風から守られているのです。

時には地球の磁場の流れにのって一部の太陽風の粒子が大気圏に入ってくることがありますが、入ってきた粒子と地球の大気がぶつかると、そこで粒子は消えてしまうので大丈夫なのです。

その衝突の時にできるものが実はオーロラでもあります。

綺麗なオーロラに太陽風が影響していたとは、驚きですね。

(綺麗ですね…すばらしい)


スポンサーリンク

太陽風が人体に及ぼす影響は…?

このように聞いていると、なんだか磁場を狂わせる等、地球に対する影響が大きそうに感じられる太陽風。

実際にそこに住んでいる私たちの人体に影響はないのでしょうか?

答えは、なし、です。

日頃常に太陽から放出されているレベルの太陽風は、先にも述べた通り地球の磁場に流されて極へと向かい、オーロラを発生させるレベルのものです。

オーロラができる=太陽風の粒子が地球の大気とぶつかってエネルギーを放出している、という事になるため、それ以上にプラズマが地球内部へと侵入してくることはないのです。

ただし、専門家の中では、数百年に一度、大規模な太陽風の吹付けによって地球の磁場が崩され、太陽風が地球に降り注ぐ、という説も言われています。

そのときには人体にも何らかの影響が出るかもしれないのだとか。

宇宙のあらゆる動きには予測通りにいかないものもまだまだたくさんありますね。(夜空を眺めていると不思議な気持ちになります)

電子機器や飛行機への影響は

さて、磁気を使ったデータ管理やシステムがたくさん溢れている今の世の中、これらの影響も太陽風によって引き起こされるのでは、と懸念されるものの一つ。

このハイテク時代にとても強力な磁場の狂いが起きたら一体どうなってしまうのか…?!と気になるところではありますが、これも人体同様、よほど強力な太陽風が発生しない限り影響はないとされています。

また、飛行機に関しても同様のことが言えますので、フライト中にメーターが狂ってしまう…!なんてことにはならないようですので安心してくださいね。

日頃発生しているレベルの太陽風であれば、オーロラを発生させるのみということです。

ではオーロラが妙にたくさん見られるようになったら…なんて考えてしまうのはSF世界への入口でしょうか。

科学と非科学の違いは簡単なようで難しい、背中合わせなのかもしれません。

スポンサーリンク

太陽風をまとめると…

今回はちょっと気になる太陽風についての記事でした。

まとめると以下のような感じです。

  • 太陽風は日々地球に降りかかっている
  • <li地球の磁場とぶつかりオーロラになる

  • 日常レベルの太陽風では人体に影響はない
  • 電子機器や飛行機なども同様
  • とても強力な太陽風が降り注いだ時には影響が出る(多分)

まとまったような、まとまらないような…腑に落ちない結果ではありましたが、SF的に捉えてみると面白い話に見えてくるのかもしれません。

以上、宇宙について語る太陽風伝説でした!

宇宙はどこまでも不思議で綺麗で面白いですね。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です