洗濯物のたたみ方のコツ!誰でもきれいにたためる裏ワザを紹介

家族の衣類を毎日洗濯する主婦にとって、大量の衣類をたたむのは時間もかかるしめんどくさいことの一つです。

衣類の種類によっては、たたみ方が良くなくて、いざ着るときになってしわになっていたことはありませんか?

洋服屋さんの衣類はいつも整然とされています。

自宅でもお店で買うときみたいなたたみ方であれば、いざ、着ていくときもしわになっていないし、気持ちよく収納できます。

そこで今回は、項目ごとに洗濯物のたたみ方についてくわしく説明していきます。

項目は全部で6項目です。

  • Tシャツ
  • 薄手の長袖(制服などのブラウス含む)
  • 厚手の長袖
  • 帽子のついたパーカー
  • ズボン
  • 下着や靴下

よくあるたたみ方なのが、衣類の前側を表にしてたたむという方法です。実はこの方法は一番難しい方法なのです。

デパートや路面店の洋服屋さんの陳列棚に並ぶ衣類を思い出してみてもわかることですが、どの衣類も、背中側に袖の部分や胴回りの余分なところがおられていることがわかります。

衣類にも特徴があり、どのように折ることで気持ちよく折ることができるかで収納の良しあしも決まるとされています。

それでは、衣類の基本的なたたみ方についてお話します。

スポンサーリンク

 

衣類のたたみ方について

基本的なたたみ方さえマスターすればあとは応用を聞かせれば大丈夫です。

Tシャツのたたみ方

Tシャツのたたみ方で基本的なたたみ方をマスターしましょう。

Tシャツの表側です。

① 背中側を表にして広げます。

この時によくしわを伸ばしておきましょう。

裾を揃えます。

② 肩の真ん中ぐらいのところで折ります。

③ 反対側も同じように折ります。

④ 裾のほうから半分に折ります。

⑤ 表に返して完成です。

では、この要領を踏まえて、薄手の長袖をどのようにたためばよいか解説します。

スポンサーリンク

薄手の長袖のたたみ方

① 背中を表にして広げる。
ボタンがついている場合は一番上と一番下。一番上から一段飛ばしでボタンを留めておくとよいでしょう。
② 肩の真ん中ぐらいのところで折り、袖と脇が平行になるように折ります。
③ 反対側の袖も同じように折ります。
④ 裾のほうを持って半分に折ります。
⑤ 表にし返して完成です。

厚手の長袖のたたみ方

① 背中側を表にします。
② 袖は脇と垂直にして左から右へ脇のところから折ります。はみ出た袖口はさらに、反対側へと折ります。
③ 反対側も折ります。
④ 裾のほうから半分に折ります。両手で左右箸をつまむようにしておるときれいに折れます。

帽子のついたパーカー

帽子のついたパーカーはどうして、帽子部分がくしゃくしゃとなりがちですし、たたみ終えた後も何かと違和感があります。どうすれば、買ったときのようなきれいな形に仕上がるかをお伝えします。

※ ファスナーがついている場合は、ファスナーをあげておきます。

① 背中側を表にします。
② 肩の半分ぐらいで縦半分に折ります。袖を脇と平行になるように下に折ります。
③ 反対側の袖も同じように折ります。
④ パーカーの帽子部分を背中側に折ります。
⑤ 裾のほうを持って半分に折ります。
⑥ 表に返して完成です。

ズボンのたたみ方

① ズボンは縦半分に折ります。
② ウエストから3分の1くらいまでで一度折ります。
③ 裾の方から重ねたウエスト部分を開いて、中に挟み込むようにして裾を入れたら完成です。

靴下のたたみ方

① 二枚を重ねて半分に折ります。
② さらに半分に折り丸めて収納します。
ロールケーキのような感じになります。

下着のたたみ方

① 左側を3分の1折ります。
② 右側を左に重ねる手順で折ります。
③ ウエストのゴムの中へ下から半分のところまで入れ込みます。

以外に簡単な方法だと思います。ご自宅でぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

バスタオルとフェイスタオルのたたみ方

ホテルでの宿泊の時、タオルのたたみ方に感動したことはありませんか?

わたしはあります。どうやってたためばこんなに整然と美しく思うのだろうかと思い、一枚手に取ってゆっくりとたたみ方をほどいていったことがあります。

衣類と違ってたたみやすさといえばダントツ一位です。バスタオルの収納やフェイスタオルの収納は、衣類とはまた違って他人の目につきやすいですし、自宅で収納するときもなるべくなら使いやすさにこだわってみたいものです。

特にバスタオルはサイズも大きいのでできるだけ取り出しやすいようにコンパクトに仕上げるのがコツです。では、そのたたみ方についてお伝えします。

バスタオル

まずは、バスタオルからお伝えします。

① タオルを広げます。

②  下から上へ向かって3分の1まで折ります。

③ 上の部分を②に重ねます。

④ 一度半分に折って中心に折り目を付け、左右交互に中心に向かって折ります。

⓹ さらに半分に折って出来上がりです。

フェイスタオル

続いて、フェイスタオルのたたみ方についてお伝えします。

①  タオルを広げます。

② 下から半分に折ります。

③ 中心に向かって左右交互に折ります。

④ さらに半分に折って出来上がりです。

まとめ

洗濯物をたたむコツは見栄えをよくするばかりではなくて、収納にもやさしいのです。

コンパクトにすることで収納スペースにもゆとりができますし、誰かがそれを見ても整然とされるので取り出しやすいはずです。

是非今日から、あなたも、いつもとは少し違ったたたみ方で、家事度を上げてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です