富岡八幡宮の御朱印とご利益!受付時間・限定の種類・各種値段も紹介!

近頃、御朱印長を片手に寺社仏閣をめぐる方が増えていますよね。

私も大好きなお寺があって、そこの御朱印を頂いてから、ほかのところではどんな御朱印がいただけるのかとても気になってしまいます。

御朱印をせっかくいただくなら、集めるだけではなく、その場所のご利益なども知りたくなりますよね。

そうするとお参りの楽しさが増しますよ。

今回は富岡八幡宮(とみおかはちまんぐう)の御朱印・ご利益についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

富岡八幡宮の御朱印は?

こちらが富岡八幡宮の御朱印です。

左下にお神輿の御朱印があるのが特徴的ですね。

富岡八幡宮では、深川七福神の恵比寿神も祀っているので、こちらの御朱印もいただけます。

富岡八幡宮だけの限定御朱印はありませんが、1月1日~15日の期間のみ、深川七福神めぐりの専用色紙で、御朱印を頂くことができます。

1年のうち、たった2週間しかいただけないので、貴重ですね!

ちえこ

色紙の値段が1000円で、御朱印はそれぞれ100円です。

御朱印の受付時間や受付場所・値段は?

【御朱印の初穂料(値段)】

500円

 

【受付場所】

社殿向かって右側の授与所→地図画像

 

【受付時間】

9:00~17:00

御朱印は、いただくまで時間がかかることがあるので、受付時間ギリギリは避けたほうがいいかもしれません。

富岡八幡宮のご利益は?

御朱印のいただき方や値段などがわかったので、富岡八幡宮のご利益についても知ってから参拝したいですね。

御祭神は、「誉田別命(ほんだわけのみこと)で、別名応神天皇です。

誉田別命は武運の神様として昔から信仰されてきました。

気になる御利益はこちら。

ご利益
  • 国家鎮護(国を守る)
  • 殖産産業(産業の発展)
  • 家運隆昌(家族の幸せ)
  • 成功勝利
  • 教育
  • 交通安全
  • 悪病災難除け
  • 子孫繁栄

ご利益を見ると、私たちの生活に密接したものばかりですね。

そのため、寛永4年(1627年)に創建されて以降、江戸最大の八幡様として、多くの信仰を集めています。

縁結びや合格祈願など、何かひとつに特化して御利益があるわけではありませんが、生活全般オールマイティに御利益がもらえるといった感じですね。

ピンポイントで祈願したいものがない人にとってはまんべんなく御利益がもらえて良さそうです♪

スポンサーリンク

富岡八幡宮基本情報

基本情報

住所: 江東区富岡1-20-3

電話番号: 03-3642-1315

アクセス

電車

東京メトロ東西線 門前仲町駅 徒歩3分

都営地下大江戸線 門前仲町駅 徒歩6分

JR京葉線 越中島駅 徒歩15分

バス

東京丸の内北口より 東22・東20系統 錦糸町駅前行き

→錦糸町駅前より 都07系統 門前仲町行き

→富岡一丁目 下車 徒歩2分

毎月1日・15日・28日は月次祭が執り行われ、門前仲町駅周辺には約200軒の縁日が立ち並びます。

スポンサーリンク

富岡八幡宮の御朱印とご利益まとめ

富岡八幡宮では、2種類の御朱印を頂くことができます。

恵比寿神の御朱印は、年始のみ深川七福神巡りの色紙でいただくことができます。

ご利益は幅広く、私たちの生活によりそったものが多いです。

「深川の八幡様」として、今も昔も地元の方をはじめ多くの人の信仰を集めています。

今は、様々なデザインの御朱印帳を買うことができます。

お気に入りの一冊をもって、参拝しに行きませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください