簡単おいしい!野菜炒めの味付け人気ランキングTOP7☆

皆さん、こんにちは!

野菜炒めは、簡単に作れて栄養価も高いので、よく作るという方もいるのではないでしょうか。

でも、味付けがパターン化してきていませんか?

野菜炒めを頻繁に出していたら、家族からのクレームが…なんてことも。

そこで今日は、野菜炒めの味付けについてランキング形式でご紹介していきます!

いつもと同じような食材でも、味付けを変えるだけでガラっとイメージが違うものになりますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね☆

スポンサーリンク

 

野菜炒めの味付け人気ランキング

■第7位 即席イタリアン!バーニャカウダ風の野菜炒め

いつもの野菜炒めも、今日は一工夫でイタリアン風にしてみませんか?

熱したオリーブオイルでニンニクを炒め、アンチョビをプラス。

そこにズッキーニやトマトといった野菜を絡めて、最後に少量の豆乳で煮込むだけ!

まるでレストランのようなおしゃれな一品が、手軽に出来上がります!

こちらを使うとより簡単です↓↓

【信州自然王国】バーニャカウダ 160g 無添加

■第6位 子供も大好き!カレー味の野菜炒め

野菜嫌いな子どもも、大好きなカレー味なら食べてくれるから不思議!

キャベツやもやしといった野菜と、ウインナーなどがよく合います。

子供たちが好きなコーンも入れると、彩りも良くなりますよ。

こんな商品もありますよ↓↓

カレーの壺 / マイルド 220g 

■第5位 シンプル・イズ・ザ・ベスト!さっぱり塩コショウの野菜炒め

冷蔵庫にある野菜、なんでもOK!

玉ねぎ、キャベツ、ニンジン、ピーマン、もやし…などなど、なんでも合うのが塩コショウの野菜炒めの良いところ。

ただし味付けがシンプルなだけに、ポイントになるのが塩を振るタイミング。

野菜を炒めるときにすぐ、塩コショウをふるのは実はNGなんです。

これは浸透圧で、野菜から水分が出てきてしまうからです。

味付けのタイミングは、野菜に8割ほど火が通ってから。

「仕上げに塩コショウ」と覚えておきましょう!

塩コショウならやっぱりコレ↓↓

S&B 味付塩こしょう 化学調味料無添加 200g

■第4位 おつまみにも最高!豆板醤でピリ辛野菜炒め

暑い夏には、食欲の出るピリ辛の味付けがおすすめ。

そんな豆板醤によく合う野菜は、独特の風味がおいしいニラ!

鶏むね肉や厚揚げ豆腐などとともに、ごま油でサッと炒めましょう!

キンキンに冷えたビールとも相性抜群な、大人の味に仕上がりますよ。

S&B 李錦記 豆板醤 化学調味料無添加 90g

■第3位こっくり美味しい!みそ味の野菜炒め

味噌の原料である大豆は、健康や美容に良いとされるイソフラボン成分が豊富。

塩分が高いので、味付けが濃くなりすぎるのには注意が必要ですが、積極的に使いたい調味料の一つです。

そんな味噌と相性がいいのは、豚肉×キャベツの野菜炒め。

ごはんにも合う味付けなので、育ち盛りの男の子がいるご家庭にもぴったりです!

味噌系は元を使うと簡単に美味しくなります↓↓

ダイショー 豚肉がうまい肉野菜炒めのたれ(80g×10袋)

■第2位 夏野菜で彩りもきれい!ガーリックバター醤油の野菜炒め

にんにくの香りが食欲をそそる、ガーリックバター醤油は誰もが大好きな味!

ズッキーニやアスパラガスなどの夏野菜と、味の沁み込むじゃがいもがおすすめ。

バターは最後の仕上げに入れて、風味を残すようにしてくださいね。

レモンをしぼってかけても、さっぱり美味しくいただけますよ☆

手軽に作るならこちら↓↓

盛田 ガーリックバター 醤油だれ(175g)【盛田(MORITA)】

■第1位 やっぱり定番!中華風オイスターソースの野菜炒め

オイスターソースは、その名の通り”カキ”のうまみ成分が凝縮されたもの。

コクのある、中華レストランのような味わいを家で簡単に再現できますよ!

中華風の野菜炒めには、チンゲン菜を使うのがおすすめ!

チンゲン菜は他の野菜と別に炒めて、独特の食感を損なわないようにしましょう。

また千切り生姜を入れると、風味がアップ。

食欲も出て、体もポカポカ温まります!

オイスターソースの定番はこちら↓↓

ヒカリ オイスターソース 115g

野菜炒めは味付け次第で飽きずに美味しい!

いかがでしたか?

今回は、野菜炒めの人気味付けを7選ランキング形式でご紹介しました!

第7位 バーニャカウダ風

第6位 カレー味

第5位 塩コショウ

第4位 豆板醤

第3位 味噌

第2位 ガーリックバター醤油

第1位 オイスターソース

すぐにでも試したくなるような、新しいアイディアは見つかりましたでしょうか。

いつも定番の味になりがちな野菜炒めも、工夫次第で全くの別物に!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください