寸又峡紅葉2017の見ごろ時期!渋滞や混雑・アクセス方法について

日本各地で秋を感じさせる紅葉が見られていますね。

今年の紅葉はどうなんだろう?紅葉が見られる時期は?どこがいい?などなど、悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はこれから見頃を迎える静岡県、例年人気の寸又峡(すまたきょう)の紅葉について、見頃やお祭り、アクセス方法から、渋滞・混雑予想まで、しっかりとお伝えしていきます!

スポンサーリンク

 

2017年、寸又峡の見ごろは?

例年11月中旬~11月下旬に見頃を迎える寸又峡、本年もその時期に大きく変わりはないようです。

個人の好みにもよるのですが、11月上旬から色付きはじめ、美しい景色を眺められますし、散り際では12月初旬まで、ひらひらと舞う色づいた葉を楽しめます。

紅葉する木々はカエデのほか、ブナ、ナラなど。

ダイナミックに、山全体が色づく紅葉を楽しみたい方はやはり11月中旬以降がおすすめですが、実は寸又峡の場合は少し早めの時期のお出かけもおすすめできるのです。

寸又峡、早い紅葉狩りのススメ~渋滞にご注意~

先ほど早めの紅葉狩りをおすすめしましたが、これには理由があります。

まず、何よりも混雑を避けられる!ということ。

毎年人気のスポットである寸又峡は、見ごろ時期には交通規制がかかるほど多くの人が紅葉狩りに訪れます。

県道が片側通行となるくらいですから、結構な時間の渋滞は覚悟しておかなければなりませんし、待つ時間が長いとお子さん連れのお出かけでは、突然おトイレに行きたい…などなど大変な思いをすることも多々ありますよね。

さらには、11月上旬から12月は駐車場も有料になるため、おトクに出かけるならば10月下旬がおすすめです。

ただし、肝心の紅葉に関しては、山はところどころ色づく程度かもしれません…これは行ってみてのお楽しみ、でしょうか。(ちょっとした冒険心も楽しいですヨ)

スポンサーリンク

見所いっぱい、人気は「夢の吊り橋」…?

寸又峡はとても綺麗な渓谷で有名ですが、特に絶景となるコバルトブルーの川の上を渡る「夢の吊り橋」は非常に人気のスポット。

この橋の真ん中で恋愛祈願をすると、叶うという言い伝え(?)も…。

吊り橋の上から眺める、渓谷を挟んで左右に広がる雄大な紅葉の生み出す色合いは、何とも言えぬ、圧巻です。

 

引用元:翠紅苑公式HP

ただ、吊り橋ですので一度に渡ることのできる人数は10名までという制限があり、混雑する時期には行列を作って待たなければ渡ることができないのです。

こちらも、混雑を避けて行くと良いかもしれませんね。

また、寸又峡では紅葉祭りも開催されるそうです。

時期は以下のとおり。
寸又峡もみじ祭り:2017年10月28日(土)~10月31日(火)
(お問い合わせ先:川根本町まちづくり観光協会 0547-59-2746)

期間としてはごく短いですが、祭囃子が聞こえ、天狗様が街中を歩く、歴史ある日本の祭りを体感できることと思います。(筆者の地元も似たようなお祭りがありますが、厳かな雰囲気、大変おすすめです)

早めに紅葉狩りに出かけるメリットも、たくさんですね。

スポンサーリンク

どうやって行こう?アクセス情報

それでは肝心の、アクセス情報です。

【住所】静岡県榛原郡川根本町千頭

【電車】
(寸又峡温泉)大井川鉄道大井川本線千頭駅から寸又峡行きバスで約40分、寸又峡温泉すぐ

【車】
東名高速道路静岡I.Cから国道362号線経由で約120分、新東名高速道路島田金谷I.Cから国道473号線経由で約100分

近くに温泉があるというのも魅力的なポイントですね。

関連⇒カップルでも家族でもOK!寸又峡のおすすめ温泉宿4選

寸又峡紅葉、まとめ

さて、今回はコバルトブルーと紅葉の美しい、寸又峡の紅葉についてお伝えしました。

例年非常に人気高い紅葉狩りスポットですので、混雑を避けたい方には早めの観光、または早朝からの出発がおすすめです。

また、吊り橋を逃したくない方も、是非混雑前にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

綺麗な紅葉が楽しめるのも、日本ならではの風情ですね。

天気の良い日は紅葉をゆっくりと眺めて、心穏やかな秋を過ごしたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.