赤城の桜開花情報2018!見頃・ライトアップ・桜まつり・名所について

花と新緑の名所、赤城山とその裾野周辺は、春になると桜や芝桜で見るものに感動を与えてくれます。

前橋市苗ヶ島町の「赤城南面千本桜」は、関東一円から多くの人が訪れる桜の名所です

今回は、赤城南面千本桜の見頃・桜まつりについて、そして赤城周辺の名所についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

赤城南面千本桜の見頃や桜まつりについて

赤城南面千本桜は、日本さくらの名所100選に選ばれた前橋を代表する桜の名所です。

樹齢60年ほどのソメイヨシノが、約1.3キロにわたって1000本ほど咲き誇ります。

満開期間中は見事な桜のトンネルとなります。

山麓側の標高が430m、山頂側の標高が550mと、120mの標高差があるため、桜は開花の時期をずらします。

そのため、2週間ほど桜を楽しむことができるのです。

また、隣接する「みやぎ千本桜の森」では、河津桜、寒緋桜、紅山桜など、37種の桜が植えられ、目線を下げると足元には芝桜も咲き乱れ、贅沢な春の美を楽しむことができます。

赤城南面千本桜とみやぎ千本桜の森の二か所を同時に楽しむことができ、標高差と多品種のおかげで3週間ほど桜を楽しむことができます。

赤城南面千本桜まつり

例年の見頃は4月上旬から下旬で、満開は4月10日前後の可能性が高いです。

2017年は、4月1日から4月16日の開催予定でしたが、桜が長く咲いたため、4月22日まで延長されました。

桜まつり期間中は、郷土芸能や地元のグルメや特産品などの物産市、大道芸など、様々なイベントが行われます。

開催場所: 前橋市苗ヶ島町2511-2

お問い合わせ先: (公財)前橋観光コンベンション協会
          027-235-2211

夜間ライトアップ: 日没から22:00まで

桜まつり期間中、全日程でライトアップが実施されるわけではないので、事前に開催を確認するといいでしょう。2017年は4月5日からでした。

アクセス: 周遊バス「赤城南麓 花めぐり号」
      JR前橋駅または東武鉄道赤城駅から乗車、赤城クローネンベルクで下車、徒歩5分

運賃: 一日乗降フリー乗車券
    大人 1500円
    小人 750円

駐車場: 910台

駐車料金: 500円/普通車
      100円/バイク
      1500円/小型・マイクロバス
      3000円/大型バス

土日は、周辺道路の混雑が予想されます。

お昼前後が、一番混み合うので、早めの時間に行くと、渋滞にあまり巻き込まれずに済みそうです。

赤城周辺の名所

群馬県内は、温泉や史跡、寺社仏閣、テーマパーク、名産品など、魅力満載です。

赤城は群馬県の南部に位置しています。

赤城神社

前橋市富士見町赤城山4-2

027-287-8202

赤城南面千本桜まつり会場から、車で6分

榛名山、妙義山と並んで上毛三山の1つです。

赤城には「赤城姫の伝説」という言い伝えがあります。

そのため、赤城神社の神様にお願いした女性の願い事は必ず叶えられ、この神様にお願いすると美人な娘が授かると言われています。

女性のための最強のパワースポットと言われ、近年人気のスポットです。

春の花の季節や新緑も気持ちいいですが、紅葉や雪、霧がかかっていても赤の美しい神社です。

伊香保温泉

渋川伊香保温泉観光協会

渋川市伊香保町541-4

0279-72-3151

赤城南面千本桜まつり会場から、車で約40分

2017年 楽天トラベル 人気温泉地ランキングで、全国12位でした。

シンボルは365段の石段です。

この石段を中心に、両側に温泉旅館、お土産屋さん、射的などがあります。

伊香保温泉の源泉は、「黄金の湯」と「白銀の湯」があります。

黄金の湯は、茶褐色の湯で、白銀の湯は透明の湯です。

おすすめの宿

一番湯の宿 ホテル小暮

詳細伊香保温泉 ホテル木暮

渋川市伊香保町伊香保135番地

0279-72-2701

源泉「黄金の湯」の総湧出量の1/4を引き込み、圧倒的な湯量の源泉かけ流しが、旅の疲れを癒し、至福のひとときを送ることができます。

情緒あふれる広い客室、美しさとおいしさが奏でる和食が、特別な時間を彩ります。

お宿玉樹

詳細→伊香保温泉 お宿玉樹

渋川市伊香保町伊香保87-2

0279-72-2232

伊香保のシンボル石段の麓にある宿です。

館内はほぼ全館畳敷で、靴を脱ぐと気持ちよさが全身をめぐります。

表玄関も旅館へのワクワク感を増しますが、お宿玉樹は裏玄関が旅情を盛り上げます。

裏玄関から、日本庭園を通り、館内に入るのもとても良いです。

黄金の湯と白銀の湯、二つの源泉が楽しめる旅館です。

ホスピタリティにあふれ、女将さんのこだわりをとても感じるお宿です。

赤城南面千本桜まつりとその周辺のまとめ

今回は、赤城南面千本桜まつりについてご紹介しました。

都内から、2時間ほどで行くことができるので気軽に訪れることができる、桜の名所です。

標高も高く、桜の品種も豊富なので長い期間桜を楽しむことができます。

群馬の名所を回りながら、感動する桜を見に出かけませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください