年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド

ブロッコリーの日持ち期間!冷蔵/冷凍/茹で後でどのくらい?

みなさん、こんにちは!

付け合わせにしたり、サラダやお弁当にも入れやすいブロッコリー。

栄養価も高く、お子さんでも食べやすい野菜の一つですよね!

我が家でも、頻繁に登場する食材の一つです。

そんなブロッコリーは、冷蔵、冷凍、また茹でたあとで、それぞれどれくらい日持ちをするのでしょうか?

今回は気になるブロッコリーの日持ち、長持ちする保存方法について、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

 

ブロッコリーの日持ちはどれくらい?

冷蔵保存の場合(生)

ブロッコリーの保存に適した温度は0℃~5℃と言われており、常温保存は適していません。

生のまま冷蔵庫に入れて保存する場合には、日持ちは約3~4日ほどです。

野菜の多くは濡れることで痛みが進んでしまいますので、ブロッコリーを保存する際には洗わずにビニール袋に入れ密封し、野菜室に入れましょう。

その際、立てるようにして置くとより鮮度が保てます。

冷蔵保存の場合(茹でた後)

冷蔵庫に用意してあれば、すぐに食べられて便利な茹でブロッコリー。

ただし、冷蔵保存ではあまり日持ちがしないのが残念なところ。

茹でたブロッコリーを冷蔵庫で保存したい場合は、約1~2日以内に消費するのがおすすめです。

時間がたつと独特の匂いがしてくるので、なるべく早くおいしいうちに食べきりましょう。

冷蔵保存の場合

ブロッコリーはあまり日持ちする野菜ではないため、すぐに使い切れない場合には冷凍保存がおすすめです。

買ったばかりのブロッコリーを冷蔵保存すれば、約1か月ほど日持ちします。

なお冷凍前には、固ゆでしておくと調理の際にすぐ使うことができ便利です。

私がいつも行っている手順は、下記の通りです。

  1. ブロッコリーを洗い小分けにした後、塩を入れた熱湯で30秒ほど湯がく(レンジで30秒ほどチンし、塩を振りかけるのも簡単です☆)
  2. 荒熱をしっかりとり、水気をよく切ってからフリーザーバックに入れる

解凍する際は、自然解凍かレンジで20秒ほど温めると良いでしょう。

あまり長く解凍してしまうと、ブロッコリーから水分が出て食感が悪くなるので注意です。

スポンサーリンク

ブロッコリーを長持ちさせるには?

冷蔵庫の中のブロッコリーの鮮度を少しでも保つために、ちょっとしたコツをご紹介します!

先ほども少しお話しましたが、ブロッコリーの天敵は水分。

冷蔵庫の中で霜が下りてしまうと、痛みの原因となってしまいます。

そこで、ブロッコリーを購入したらキッチンペーパーや新聞紙に包みましょう。

さらにそれをフリーザーバックに入れ、野菜室にて収納します。

購入後にすぐこのひと手間をすれば、ブロッコリーの鮮度がかなり保てて長持ちするようになりますよ☆

おいしいブロッコリーの見分け方は?

おいしいブロッコリーを食べるためには、鮮度の良いものの特徴を知っておきたいところ。

スーパーで買い物をするときなど、ちょっと覚えておくと便利ですよ!

  1. 緑色が濃いもの
  2. つぼみが小さく引き締まっており、ぎっしりと密集しているもの
  3. 中央部分が盛り上がっているもの
  4. 茎の部分の切り口が、みずみずしいもの

ぜひこれらのポイントを見てみてください♪

スポンサーリンク

まとめ

今回はブロッコリーの日持ちと保存方法、鮮度のよいブロッコリーの特徴についてご紹介しました。

ポイントは3つ。

  1. 冷蔵庫で保存する場合は、生なら3~4日、茹でたあとなら1~2日以内の消費がおすすめ
  2. 冷凍する場合には茹でたあと、フリーザーバックに入れ約1か月間の日持ち
  3. 購入時には鮮度の高いブロッコリーを選び、購入後はすぐに適切な処置をすると長持ちする

以上です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください