年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド

夏キャンプの必需品「蚊取り線香」実は置き方にポイントがあった!

夏キャンプで心配なことといえば、蚊!

自然の場所を借りているので、蚊がいることは仕方のないことです。

でも、率先して刺されたくはないですよね!?

そこで多くの人が、「蚊取り線香」や「虫よけスプレー」を持って行くと思います。

蚊取り線香、実は置き方によって効果が違うこと、知っていましたか?

今回は蚊取り線香の効果的な置き方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

効果を最大限に生かす置き方

室内で蚊取り線香を使う場合は、壁や天井などに煙がぶつかって循環するので、どこに置いても一定の効果があります。

でも、キャンプの場合、使用状況は屋外ですよね?

天井や壁がないので、循環ができません!

そこで、置き方のポイント!

  1. なるべく下に、足元や地面に近いところに置く
  2. 風上に置く
  3. サイトの四隅に置く

このポイントを押さえて、使うと効果がグッとあがります。

では、詳しく見ていきましょう。

1.なるべく下に、足元や地面に近いところに置く

煙は、下から上に上がっていきます。

蚊は足元から忍び寄ってくるんですよね。

ふくらはぎとか、よく刺されませんか?

足元や地面に置くとき、間違って踏んだりつまずかないように気を付けましょう。

2.風上に置く

風上に置くことで、効率よく煙が流れていきます。

ただ、風向きは常に変わるのでそのたびに位置を変えるのはとても大変!

そこで・・・

3.サイトの四隅に置く

風向きを気にする必要がありません!

蚊取り線香の有効範囲は、屋外だと大体半径2m程度。

そこで、テントやタープの周辺を囲むように置いてしまいます。

そうすることで、効果が上がります。

我が家では、2ルームテントを使っているので、リビングスペースに1つ、リビングの外に1つ、
テントの入り口近くに1つの、3つ使いを基本に、調整しながら使っています。

スポンサーリンク

蚊取り線香入れはどんなものを使う?

昔ながらの蚊取り線香ケースでも、もちろんOKですが、最近とてもかわいいデザイン性の高いケースがあるので、ご紹介!

かわいいものは、気分を上げてくれますからね。

カラーが変わるだけで、いつもの蚊取り線香ケースがとってもおしゃれに!

置くつかいかたと、かける使い方ができるので便利です。

雨風の影響を受けずに使えるというのがポイントです。

蚊取り線香のストックが、一緒に入れて置けるので使いやすいですね。

蓋を回して自動消火できるのも、安心です。

こちらはダイソーの商品で、かわいい蚊取り線香立てを自作しています。

手作りは、作る時から使う時を想像して楽しくなりますね!

完全オリジナルは、満足度が高いです。

鋳造ペグを使うという、なんともキャンプ上級者の方法があります。

この方法を使うと、ケースがなくても蚊取り線香の数を増やせます。

ただし、小さなお子さんがいる場合などは、蚊取り線香に触れてしまわないよう注意しましょう。

スポンサーリンク

山仕事の人も使う「森林香」

我が家はいつも、一般的な蚊取り線香を持って行きます。

しかし!蚊取り線香の超強力版があるのをご存知ですか?

それが、「パワー森林香」です。

香りに少し癖がありますが、その分効果があるようです。

スポンサーリンク

夏キャンプの必需品「蚊取り線香」まとめ

蚊取り線香を効果的に使用する置き方のポイントは、

  1. なるべく下に、足元や地面に近いところに置く
  2. 風上に置く
  3. サイトの四隅に置く

蚊取り線香ケースは、おしゃれなものや自作のものを用意して、キャンプに向かいましょう。

鋳造ペグがあれば増設も可能です。

一般的な蚊取り線香でも使えますが、屋外専用のパワー森林香を用意するとより一層効果がありそうです!

蚊に刺されて辛かった!という、苦い思い出のキャンプにならないよう、蚊取り線香を上手に使って楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください