弘前ねぷた祭り2018まとめ!日程・運行順番・おすすめ観覧場所をチェック!

青森ねぷた祭り

弘前さきたら、ねぷたばみねばまねよ!!(津軽弁)

青森の夏は短く、ぎゅっとエネルギーが凝縮された祭りの1週間が訪れます。

青森には、青森ねぶた、五所川原立佞武多、弘前ねぷたがあるのをご存知ですか??

動の青森ねぶた・五所川原立佞武多に対して、静の弘前ねぷたというイメージがあるのですが皆さんはどうですか?

どれもとても魅力的なお祭りで、できることならすべて見てほしいです!

その中から今回は弘前ねぷたをご紹介していきたいと思います。

弘前にきたら、ねぷたをみないとだめだよ!(標準語)

スポンサーリンク

 

弘前ねぷた祭り2018の基本情報

日程
  • 2018年8月1日(水)~8月7日(火)
  • 1日~6日 19:00~
  • 7日 10:00~
運行ルート

・1日~4日 土手町コース
中央交番前→桜大通り→中三→弘前パークホテル

・5・6日 駅前コース
みちのく銀行前→イトーヨーカドー→弘前駅→ヒロロ→松森町ふれあい広場

・7日 なぬかびコース
中三→土手町→松森町ふれあい広場

弘前ねぷたの見所!

三国志や水滸伝などの武者絵を題材とした大小約80台の雄大で荘厳なねぷたが、「ヤーヤドー」の掛け声とともに、弘前城下町を練り歩きます。

由来は諸説ありますが、「眠り流し」という農民行事から生まれたという説や、「眠り流し」がなまり「ねぷた」になったという説があります。

確かに、津軽弁では「眠い」ことを「ねぷてぇ」というので、なまったという説がとてもしっくり来てしまいます。

鏡絵(表)の雄姿と、見送り(裏)の幽玄さが対照的な「扇ねぷた」と伝統ある豪華な「組ねぷた」があります。

現在では、ほとんどの団体が扇ねぷたですが、本来は組ねぷたが中心でした。

組ねぷたにも見送りがあります。

私は、弘前ねぷたの見所はこの鏡絵と見送りの対照的な姿だと思います。

近づいてくるときは、迫力があり雄大なのに、見送りは見返り美人や西王母、楽女などが描かれ、趣があり、上品さを感じます。

一つのねぷたでも見る場所によって、感じ方が違うというのはほかではなかなかない魅力だと思います。

「ヤーヤードー」の掛け声とお囃子が、弘前の夏を盛り上げます。

スポンサーリンク

おすすめの観覧場所と有料席情報

有料観覧席の近くや、大きな交差点のあたりでは、ねぷたを大きく回したり、傾けたりと観客にパフォーマンスをしてくれます。

もちろん、雄大な姿を見送るのもいいのですが、動きが加わるとより魅力的です。

有料観覧席は、弘前市立観光館・弘前市まちなか情報センターの窓口販売か、チケットぴあで購入することができます。

有料観覧席は、7月1日より販売開始で、売り切れ次第終了です。

土手町コース・駅前コースどちらも2000円で、お土産として青森県産リンゴジュースとねぷたうちわが付きます。

それぞれのコースのおすすめ観覧場所と有料観覧席をご紹介します。

土手町コース

*おすすめ観覧場所

  • 弘前市民中央広場 交差点
  • 菊池薬店本店前
  • めがねの山田前交差点

*有料観覧席

  • 椅子席または桟敷席

桟敷席は団体席と一緒になります。

場所は、桜大通り弘前市民中央広場付近になります。

駅前コース

*おすすめ観覧場所

  • イトーヨーカドー前交差点
  • 駅前りんご広場付近
  • 弘前駅前交番前
  • 弘前駅前郵便局前
  • ヒロロ前交差点

*有料観覧席

  • 弘前駅前タクシープール側と、アートホテル弘前シティ前

椅子席のみになります。

アクセス情報

JR弘前駅から

  • 土手町コースは、徒歩20分
  • 駅前コースは、徒歩すぐ

弘前までは・・・・

東京から

飛行機

  • 羽田空港 から 青森空港
  • 青森空港から、弘前バスターミナル行き 約1時間
  • 弘前バスターミナルから土手町コースまでは徒歩15分、駅前コースは徒歩すぐ

新幹線

  • 東京駅より東北新幹線で新青森
  • 新青森から弘前 JR奥羽本線で約40分
スポンサーリンク

駐車場情報&交通規制

祭り期間中会場周辺は交通規制があります。

詳細は、弘前観光コンベンション協会(http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/index.html)にて、ご確認ください。

この交通規制により、周辺の駐車場は使うことができません。

臨時駐車場なども設けられません。

コインパーキングなどを利用することになりますが、周辺道路は混雑し、コインパーキングも早い時間に満車となるので、時間に余裕をもってくるか、公共交通機関を利用するといいでしょう。

少し離れたところに停めて、タクシーやバス、徒歩で移動するのも考えてみるといいかもしれませんね。

混雑状況

毎年約160万人もの人出があります。

弘前市の人口が17万人(2017年)ですので、一気に街が活気づくのが想像できますね。

この時期は、青森県内、五所川原市や青森市でも祭りが行われ、県内ホテルをとるのが難しくなります。

早めの予約が吉です!

スポンサーリンク

弘前ねぷたまとめ

激しい祭り!ということではありませんが、力強さと繊細さを併せ持つ、ねぷたが雄大に練り歩くお祭りです。

このねぷた祭りにかける弘前市民の情熱はすさまじく、祭りは大いに盛り上がります。

弘前は、春の桜、夏のねぷた、秋の菊と紅葉、冬の雪と見所がたくさんあるすてきな街です。

今回は夏のねぷたをご紹介してきました。

是非、今年の夏は東北夏祭りめぐりなんていかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください