キヌアの食べ過ぎは太る?カロリーとダイエット向けの食べ方

スーパーフードブームにのって、キヌアを習慣的に取り入れているという人も多いと思うのですが、食べ過ぎると太るとも言われていることをご存知でしたか?

キヌアはスーパーフードと言われるだけあって、五大栄養素をバランスよく含んでおり健康に良いだけでなく、ダイエットや美容効果抜群なんです。

だからこそたくさん食べたくなってしまうのですが、食べ過ぎたことで逆効果となってしまうのならダメですよね。

キヌアを効果的に取り入れるには、どうすればいいのでしょうか。

ということで今回は、

・キヌアは食べ過ぎると太ってしまうの?
・キヌアを食べることによって得られる効果や効能とは?
・キヌアを食べてダイエットするならどうやって食べればいいの?

ということについてご紹介していきたいと思います。

キヌアの食べ過ぎは太る?カロリーや糖質から考察

キヌアはダイエットに効果的と言われていることもあり、ダイエット中の方の多くが食事に取り入れていたりします。

ですが、食べ過ぎると逆効果となって太るとも言われているんです。

それってつまり、キヌアのカロリーや糖質が高いということなのでしょうか?

キヌアと、その他の穀物類のカロリーや糖質と見比べてみましょう。

《カロリー(100gあたり)》
・キヌア…368kcal
・白米…356kcal
・玄米…350kcal

 

《糖質(100gあたり)》
・キヌア…63.5g
・白米…77.1g
・玄米…73.8g

糖質に関してはキヌアが一番低い数値となっていますが、カロリーはキヌアが一番高い数値です。

ですが、何故キヌアがダイエットに適していると言われているかというと、ただカロリーが高いだけでなく含まれている栄養素のバランスが非常に良いからです。

キヌアを食べ過ぎると太ると考えている人の多くは、キヌアのカロリーが他の穀物類よりも高いということからそのようなことを思われているようなんです。

キヌアがダイエットに適しているもうひとつの理由は、腹持ちが良いということです。

白米は炊くと2倍の量に膨らみますが、キヌアはなんと5倍の量に膨らむのです。

なので、お腹いっぱいまで食べても摂取カロリー的にはキヌアの方が少なくて済むんですよ!

スポンサーリンク

スーパーフード「キアヌ」の効果効能が凄かった!

キヌアがダイエットに効果的であることは広く知られているわけなのですが、その他にはどのような効果や効能があるのでしょうか。

まずキヌアにはカルシウムが非常に豊富に含まれています。

そのことから骨粗しょう症の予防に効果的であるとも言われています。

またキヌアに豊富に含まれているもうひとつの成分として、食物繊維が挙げられます。

キヌアに含まれる食物繊維の量は、他の穀物と比べるとなんと10倍近くもあるんです!

ですから便秘に悩まれている方は、キヌアを食べると便秘が解消されますよ。

そして女性に嬉しいもうひとつの効果として、美容効果が挙げられます。

ビタミンEが含まれていることで抗酸化作用があるのでアンチエイジングの効果が得られます。

それだけではなく女性ホルモンに似たはたらきをしてくれるフェイトエストロゲンという成分も含まれていることで髪の毛を再生するサイクルを調えてくれるのです。

ですから、髪が傷んでいる人はキヌアを食べることで美しい髪を手に入れることができます!

スポンサーリンク

ダイエット向けの食べ方!食べる時間と量の最適解は?

キヌアを食べてダイエットの効果を出したい場合、どのようにして食べるのがいいのでしょうか。

まず最初に言っておきたいことは、いくら栄養素をたくさん含んでいるからといってキヌアだけ食べていてはいけません。

それでもやはり不足する栄養素などは出てきますから、普段食べているバランスの取れた食事にキヌアをプラスするというような形で取り入れるのがいいです。

そして、キヌアにはいくつかの食べ方があります。

キヌアそのもの、若しくは茹でた状態のものを他の料理と混ぜるか、白米と混ぜて炊くかの二通りです。

これだけで栄養素も十分に摂れ、更に満腹感を得られ腹持ちが良くなるので、普段食べている量よりも少なくても満足感を得ることができます。

キヌアの一日の目安摂取量は、乾燥した状態のものであれば30g、茹でた状態のものであれば100gとなっています。

これを三食のうちのどこかで食べれば大丈夫です。

食べる時間帯については基本的にはどこでも問題ないのですが、キヌアの腹持ちの良さを最大限に活かしたいならついつい間食してしまう前の食事(昼食や夕食)に取り入れるといいでしょう!

【まとめ】キヌアはカロリーは高いがたくさん食べても太りにくい!

キヌアは栄養価が高いので、普段から偏った食事になりがちな人も簡単に取り入れられるという点が嬉しいですよね。

・キヌアはカロリーは高いが栄養素のバランスが取れている分太りにくい
・キヌアには便秘の解消やアンチエイジング、骨粗しょう症の予防まで幅広い効果や効能が期待できる
・キヌアの一日の目安摂取量は、乾燥した状態であれば30g、茹でた状態のものであれば100gとされている

こんなにもたくさんの効果が得られるとは驚きましたし、私も早速取り入れてみたいなと思いました!