最強のダニ対策グッズまとめ!ダニアレルギーから開放されよう

冒頭の絵、強烈ですね…。

さて、今回のテーマはダニ対策グッズ!

増えると気持ち悪いだけではなく、アレルギーの原因になったり、刺されてしまったりと厄介なダニ。

そんなダニに効果的なグッズを調べてまいりました!お悩みの方はお見逃しなく!

スポンサーリンク

 

ダニの嫌いな環境って?

まずはダニの嫌がる環境について、簡単にまとめましょう。

  • 50度以上の熱
  • 乾燥

この二つが大きなポイントです。

特に温度は、60度以上であれば即退治できてしまうという…熱い温度が効果ありというのは朗報ですね。

今回は取り上げていませんが、ダニに効果的な布団等への対策として、ドライヤーの熱やアイロンの熱が効果的、という記事もありますのでこちらもご参考になさってください。

関連記事⇒ダニはドライヤーの熱で退治できる?おすすめの対策方法を一挙紹介

今回は商品に絞ってご紹介させていただきますね。

スポンサーリンク

ダニ対策グッズはどんなもの?

現在商品として発売中のグッズには、おおまかに以下の種類が販売されていました。

  • ダニがいなくなるスプレー
  • 置くタイプのダニ忌避剤
  • ダニ捕りシート
  • 超音波式虫除け機

馴染みのあるものから、初めて知った(!)というものまで、いろいろあると思いますが、ひとつずつ確認していきましょう。

ダニがいなくなるスプレー

スプレータイプの、ダニ忌避剤(きひざい)。

布団や畳などにも、直接シュッシュとふりかけることで、ダニの嫌いなハーブの香りと成分によってダニが住み着くのを防ぐスプレーです。

また、同じスプレータイプでもより強力な、殺虫に近い威力をもつスプレーもあります。

こちらは防除用医薬部外品となっており、筆者も使ったことがあるのですが、効果はあるように感じました。(ただ、匂いがキツめなのと、成分が強いからか、なんとなく寝具に使うのは躊躇ってしまいます…)

畳などにはこちらの方が向いているのかもしれませんね。

置くタイプのダニ忌避剤

こちらもよくドラッグストアなどで見かけますね。

液体が入っていて置いておくだけで消臭効果とダニ忌避作用が得られるすぐれものです。

こちらは、あくまでダニ忌避剤なので、殺虫成分は入っていませんが、ハーブ等の成分がメインなので、安心して使用できると思います。

口コミの評価も高く、効果を実感されている方が多いのは重要なポイントですね。

匂いが苦手な方には辛いかもしれませんので、匂いに敏感な方は事前にどのくらい強いのか確かめてからの購入がおすすめです。

ダニ捕りシート

こちらもすっかり有名になりましたね、ダニ捕りシート。

布団の下や枕の下にいれておくとダニが集まってきて、出られなくなってまとめてポイ、と捨てられる便利グッズです。

こちらの成分は何かというと、ダニを引き寄せる誘引物質と、乾燥剤なのだそう。

出ました!乾燥!!カラカラにしてダニを退治するというなんとも考えられたグッズです。

そして何より、口コミがとても高評価。

置いて数日~一週間以内には「今まで刺されていたけど大丈夫になった!」という声が多数見られました。

効果があるという口コミがあると安心ですね。

超音波式虫除け機

これは筆者も初めて知りました。

使い方は簡単、コンセントに挿すだけで、虫の嫌がる超音波を出し、それによってダニやアリ、ゴキブリ等の虫が家から出ていき、近づかなくなるという…なんと素晴らしい!

しかしこちら、やはりすべての家庭のすべての虫さんに効果があるわけではなさそうでした。

また、商品によっては全く効果無しとの声もちらほら…。

超音波なので、壁が多い家など超音波が遮られる環境ではあまりうまく作用してくれないようですが、逆にワンルームのお部屋では結構効果ありの声が多かったです。

個人的には気になる商品でした。

ダニ対策グッズまとめ

さて、今回はダニ対策グッズについてご紹介させていただきました。

みなさんの心にヒットするものはあったでしょうか?

いろいろなグッズがありましたが、基本的には殺虫→掃除機→予防のステップで対策をしていくと良いのではないかと思います

具体的には、

1)アイロンや布団乾燥機、ドライヤー、布団乾燥機、ダニ取りシート、殺虫スプレーで退治

2)死骸を除去するため掃除機かけ

3)予防グッズ(置くタイプやスプレータイプ、超音波)を使用

という3ステップがダニ対策に有効だと感じました。

また、少し話がそれますがダニが入れないくらい密に作られた布団カバーなども売っているので、布団カバーを変えてしまうこともダニ対策になると思います。

目には見えないけれど厄介なダニ。

スッキリ退治して、毎日ゆっくり眠れるお布団をキープしたいですね。

それではまた。

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください