キットカットの賞味期限は何カ月?1年以上経ってても大丈夫?

「キットカットって食べるとなかなか止まんないんだよね」
「すぐ食べちゃうけど、キットカットの賞味期限ってどのくらいなんだろう」

多くの人に愛されるキットカット、女子社員のおしゃべりにこんな会話出てきそうですが、
子どもだけでなく大人でも大好きなキットカット、ウエハースとチョコの絶妙なコンビが人気ですね。

キットカットにも賞味期限はあるのですが、あまり気にしてみている方って少ないのではないでしょうか?

今回はキットカットの賞味期限や過ぎてどのくらいまで大丈夫か、ご紹介したいと思います。

キットカットの賞味期限は何カ月?

小箱売りや大袋のお徳用など、キットカットは売れ筋商品のひとつで、気軽に食べられるところも売れている理由なのかもしれませんね。

そのキットカット、賞味期限はパッケージに印字されています。

商品をみると、小箱も大袋も未開封で1年というのがほとんどですが、一度封を切ってしまうと溶けたりウエハースが湿気を帯びたりするので、封を切ったら早めに食べた方がよさそうです。

1年以上経ってても大丈夫?

賞味期限から1年以上経っても、見た目はさほど変わっていません。
チョコレートは水分をほとんど含んでおらず、糖度も高いためにそのものが傷むという原因があまりないのです。

そのため、賞味期限切れから1年経っても問題はなさそうですが、保存していた場所などの状況によって傷んでいる可能性も否定できません。

賞味期限は「おいしく食べられる期間」という定義ですから、なるべく早めの期限内に食べた方がいいですね。

1回溶けたものでも大丈夫?

キットカットなどのチョコレートはいったん溶けると食感が変わるだけでなく、表面も白くなって見た目まで悪くなります。

これはチョコレート内の乳成分が分離して起こる「ファットブルーム現象」で、食べても問題はありません。しかし味は間違いなく落ちてしまいます

キットカットにはウエハースも入っているので、溶けたときにはサクッとした食感はあまり感じられなくなるので涼しいところに置いて早めに食べきりましょう。

スポンサーリンク

キットカットの保存方法

キットカットだけではなく、チョコレートはアルミで包装されていることが多いですね。

これは、虫から守るためや湿気防止などの効果があるからなんです。

未開封のキットカットであれば、箱や大袋から出してジッパー付きの袋に入れ、夏であれば冷蔵庫の野菜室へ入れておくと溶けるのも防げます。

開封後または食べかけのキットカットは、アルミホイルに包んでジッパー付きの袋に入れて保存しましょう。(暑いときは冷蔵庫)

冷蔵庫の保存は溶けるのを防げますが、チョコレート本来のおいしさと食感が多少失われますので、できるだけ常温で保存して食べるのがベストです。

また、冷凍庫でも保存はできます。

冷凍のキットカットって、真夏に食べるチョコアイスのような感覚で意外とおいしいですよ。

スポンサーリンク

キットカットは賞味期限切れでも食べられる

今はさまざまな種類が発売され大人気のキットカットですが、あっという間に食べるときもあれば、ストックしたのを忘れてうっかり1年の賞味期限が切れたというときもあるでしょう。

キットカットの賞味期限や期限切れのときについてまとめてみました。

※キットカットの賞味期限はだいたい1年
スタンダードなミルクチョコのキットカットや抹茶などは、賞味期限が約1年に設定されています。でもフルーツが入って入るものは傷みやすいので賞味期限が短めです。
もし切れていても、すぐ食べられないわけではありませんので安心してください。
保存状態が良ければ、期限切れでもおいしく食べられます。でも1年以上経過したものは風味もかなり落ちていることが多いので、おすすめはできませんが食べられないことはないです。

※キットカットは保存次第でおいしさアップ
キットカットだけでなく、本来チョコレートはアルミで包装されています。湿気や虫からデリケートなチョコレートを守るのがアルミ箔なのです。ですから、できるだけ長くおいしさを保つなら未開封ならそのままで、開封後なら必ずアルミホイルに包んでおくのがおいしさを保つコツ。
また、食べきれない分などもアルミホイルに包んでさらにジッパー付きの袋に入れておけば大丈夫です。冷蔵庫に入れる場合も、におい移り防止にジッパー付きの袋に入れると未開封のキットカットもおいしく食べられますよ。

みんな大好き「キットカット」、これで一年中おいしく食べられますね!