水分を摂りたいけどたくさん飲めない…そんなアナタにおすすめの水分補給方法!

健康や美容のために水をたくさん飲んだ方がいいのは分かっているものの、実際それを実行しようとすると結構きつかったりします。

ただ水を飲むだけなのに、それができない。

どうにかして、一日に飲んだ方がいい量の水を飲みたいわけですが、なにかいい方法ってあるものなのでしょうか?

ということで今回は、

・一日に必要となる水の量ってどれくらいなの?
・水をたくさん飲めるようになる方法ってあるの?

ということについてご紹介していきたいと思います。

そもそも一日に必要な水分量ってどのくらい?

水をたくさん飲んだ方が健康や美容に良いということは多くの人が知っていることだと思うのですが、具体的にどれくらいの量の水を飲んだ方がいいのかということをご存知の方は少ないと思います。

性別や身長体重によって必要となる水分量は多少異なるものの、大体2.5L必要だとされています。

これは、人間が一日に排出する水分量に相当する量です。

つまり、からだの外に出た水の量の分だけしっかり水分を摂らなければならないということになります。

人間がからだの外に水分を排出すると聞くと、排尿という形でのみ排出するのかと考えてしまいがちですがそれだけではありません。

まず排尿という形で出ていく水分は約1.5L、排便という形で出ていく水分は約100mlです。

その他に呼吸や汗という形でも常に水分がからだの外へ出ていっているわけなのですが、呼吸という形で出ていく水分は約300ml、汗という形で出ていく水分は500mlとなります。

これらを合計すると、私たち人間が一日に失っている水分の総量は約2.4Lにもなるのです。

呼吸や汗のように意識せず排出している水分量が1L近くもあるとは驚きです。

意図せずこれだけの水分を一日に失っているわけですから、当然最低でもこれだけの水分量は摂取しなければならないのです。

スポンサーリンク

一度にたくさん飲めない人におすすめの飲み方

一日に必要となる水分量は分かりましたが、2.4Lも水分を摂るというのはなかなか厳しいものがあります。

ちなみに、2.4Lの量を丸々飲料水で摂らなければならないというわけではありません。

普段の食事のなかで無意識的に1L近くの水分は摂取しており、その他にも食べ物を分解する過程のなかで0.3Lの水分を摂取しているのです。

ですから、残りの1.3Lを飲料水で水分摂取しなければならないということになります。

とは言うものの、それでも相当な量ですよね。

この量の水を一日に摂取するために、ちょっと工夫してみてはどうでしょう。

小まめに水分補給をする

この量の水を一度に飲みきろうとするから難しいのであって、小まめに水分補給をするように意識してみてはどうでしょう。そうすれば無理なく水分を摂取することができますよ。

マイタンブラーに飲み物を入れて持ち歩くのがおすすめですよ。

フレーバーウォーターを作ってみる

また、水にレモンなどの柑橘類を浮かべてフレーバーウォーターを作ってみるというのも手です。

こうすることで「ただの水」を飲み続けるよりも楽しく水分補給をすることができるようになるはずです!

味に変化をつけてみるというのは案外効果的だったりします。

ちなみに私はタンブラーに水を入れてそこにポッカレモンを少し入れて味をつけていますよ。

果物を食べる

水分を多く含む果物を意識的に食べるようにするなどしてみるのも気分転換になって効果的です。

果物は特に柑橘類やイチゴ、スイカなどが特に水分量が多いですよ!

清涼飲料水に頼るのは禁物!

そしてここでひとつ注意してもらいたいのが、水分の摂取を清涼飲料水に頼らないということです。

これらはご存知の通り砂糖がたくさん使われているので、毎日1L近くも飲んでいれば糖分の摂りすぎになってしまいからだに良くありません。

なるべく飲料水でそのほとんどを摂取するようにしてくださいね。

【まとめ】一日に必要となる水分量は2.5L、飲むべき水分量は1.3L!

私たちが毎日2L以上の水分を失っているとは知りませんでした。

・一日に失っている水分量は約2.4L、必要となる水分量は約2.5L
・毎日小まめに、フレーバーウォーターを作るなどすれば無理なくたくさんの水分を摂取することができる

色々工夫すれば、これまで水をたくさん飲む習慣がなかったという人でも無理なく続けられそうですよね!