年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド
   

窓を閉めても虫が入ってくる3つの原因!対策もバッチリ解説

春が終わる頃から暑さが日に日に増して、特に夜になると網戸をしていても本当に小さい虫が入ってきますね。

「せっかく新しい部屋を作ったのに、毎晩虫が入ってきちゃ困るよ」
「暑くてエアコンかけて、窓しめてるのに何で虫入ってるの?」

我が家では最近リフォームが6月に終わり、安心していたのもつかの間、子ども達からこんな苦情が…。

どこの家でも、窓を閉めてエアコンをかけるのに、どうして虫っていつのまにか家にいるんでしょう!

今回はその原因と対策をバッチリ解説していきましょう。

窓を閉めても虫が入ってくる3つの原因

主な原因は下記ご紹介する3つです。

①窓を閉めてもわずかな隙間ができる

夏に窓の代わりに使う網戸では、網の目より小さい虫が意外に多くいるんです。ということは、知らないうちに隙間から入ってしまうのですが、窓は見た目しっかり締まっているので大丈夫と思いがちですよね。

この油断が、ほんの小さい虫を呼ぶことになっています。鍵をかけてしっかり閉めても、窓はほんの少し左右に動けば隙間がほんの1ミリ程度できてしまうんです。閉まったかを確認する意味で窓を動かすと特に隙間が出るので、確認は目で行いましょう!

②換気口や排水口からの侵入

浴室や台所、トイレにある換気扇が付いた換気口からも虫は入ることがあります。
一度換気口を通れば、距離があって途中から通路が狭まっても小さな虫は排水口からでも気にせず家の中まで入ってくるのです。

③蛍光灯の光

外の電柱にある光は実は蛍光灯なんです。家にも蛍光灯がある場所がありますよね。
この光には、実は紫外線が含まれ、これに虫が引き寄せられる性質があります。なので虫対策には、紫外線が漏れないように覆いをしたりすれば室内に入る虫が減らせるでしょう。

スポンサーリンク

虫が侵入してこなくするための3つの対策

小さい虫の種類や数を把握するのは、まず無理です。
虫はどこまでも入ってくるので、侵入を防ぐ方法を考えて実行するしかありません。

①虫の経路を断つ

換気口や排水口は断つわけにはいきませんから、まずは窓の隙間をなくすために「隙間テープ」を使いましょう。
ホームセンターで簡単に手に入るので、予備に購入しておくのもいいですね。
幅を調整してテープを貼ってみると、虫が1匹も入らないという訳ではありませんが、かなり数は減りました。
効果を高めるためにも、塞げる経路はできるだけガムテープなどで塞いでしまいましょう。

②網戸を正しく設置

夏には欠かせない網戸ですが、エアコンを付ければ不用ですね。使わなくても網戸の位置が正しくないと窓との間に隙間ができるのに気が付いている人は意外に少ないのです。
網戸は室内から見て右側にしないと左側の窓との間に隙間ができるので、両窓全開よりは隙間を減らせます。網戸の位置も大事ですが、破れたらすぐ取り替えましょう。

③窓にも使える防虫スプレー

虫が通る道に防虫スプレーを使うことはとても効果あります。でも、スプレーの効き目をよくするために窓全体ではなく窓枠に何度か吹きかけましょう。
通気口が原因の場合も、スプレーを吹きかけておくと虫は通れなくなるので効き目があります。
虫が集まりやすい場所に「換気扇」もあります。ここにも虫よけスプレーを吹きましょう。一番効くのは動いている時に吹くことです。でも止めた後にも吹いておくと効果がアップしますよ。

スポンサーリンク

侵入してきた虫を撃退するおすすめグッズ

既に室内に侵入してきた虫は、ハエタタキのようなものではなかなかやっつけられません。

小さい虫って、すばしっこいし撃退するには難しいんです…。

そんな時に役に立つ「撃退グッズ」が今話題です。

①昔ながらの蚊取り線香

おばあちゃんが点けてくれるうずまきの蚊取り線香。これは昔から虫対策には万能です。
8畳の部屋なら30分もすれば、効き目が現れ、上から蚊が落ちてくることも…。
欠点は蚊にしか効果がないことですが、蚊だけでも撃退できればあの猛烈なかゆみから解放されるでしょう。

②おしゃれな芳香剤

虫対策で有名なアース製薬から、おしゃれな香りが部屋に広がって虫を撃退する芳香剤が出ています。虫が嫌がるハーブ成分を含んでいるので、人にはいい香り、虫には最悪というもの。ユスリカやチョウバエなどの小さい虫によくききます。玄関やリビング、寝室などどこにも置けるのでおすすめです。

窓を閉めたつもりでも虫が入る隙間がある

窓をきちんと閉めても、安心できない虫の侵入は隙間が原因だったんですね。

これからは安心して過ごせるよう、虫の侵入について原因と対策をまとめてみました。

※窓を閉めても隙間に注意
網戸も、ちょっとした隙間から虫は入ります。網の目が虫より大きいなら簡単に部屋に入ってくるし、隙間はピタっと閉めた窓にもあるんです。こういう隙間には「隙間テープ」を使うといいですよ。太さもいろいろあって自分で切ったりして使えますので便利。
あとは虫よけですね。今は網戸だけでなく窓にも使えるスプレーも出ていますので、窓に直接吹きかけたり、虫の経路になっている通気口や換気扇にも直接スプレーすると、効果が出てきます。

※虫を寄せ付けない便利なグッズを活用
ほとんどの虫は、ハーブやハッカの成分が苦手。これを利用して、芳香剤や先程のスプレーが発売されています。邪魔しない香りなので、芳香剤タイプは家中のどこにも置いて頂けますので、虫よけには最適ですよ!